イギリス国鉄クラス312電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラス312電車

イギリス国鉄クラス312電車(British Rail Class 312)は1975年から1978年にかけて製造された鉄道車両である。マーク2客車に準じた車体で製造された。また、最後のスラムドアを車両であった。この車両により、旧型車の置き換えが進んだ。例えば既に引退したファースト・グレート・イースタン英語版)、後のナショナル・エクスプレス・イースト・アングリア英語版)では2003年から2004年にかけて、他の鉄道でも2005年までに後継車種が開発された。

解説[編集]

編成数と編成番号、使用地域は以下の通り

番台 製造年 編成番号 1号車

BDTSOL

2号車

MBSO

3号車

TSO

4号車

DTCOL

使用地域
製造時 改番後
312/0 1976-78 312001-312026 312701-312726 76949-76974 62484-62509 71168-71193 78000-78025 グレート・ノーザン
312/1 1975-76 312101-312119 312781-312799 76975-76993 62510-62528 71194-71212 78026-78044 グレート・イースタン
312/2 1976 312201-312204 312727-312730 76994-76997 62657-62660 71277-71280 78045-78048 ウェスト・ミッドランズ

クラス312は先に登場したクラス310電車を基にしている。ロンドン、ユーストン近郊で使用された。なおクラス312/1番台は交流6.25kV対応の機器を搭載しているためグレート・イースタン本線ロンドン・ティルブリー・アンド・サウスエンド鉄道(英語版) で使用された

国鉄時代[編集]

民営化後[編集]

民営化後は、以下の3社に引き継がれた。

その他[編集]

各社の編成数[編集]

使用会社 編成数 編成番号 引退年 備考
セントラル・トレイン 4 312725-728 1996年 c2cへ譲渡
c2c 25 312725-730

312781-799

2003年3月 -
ファースト・グレート・イースタン 24 312701-724 2004年6月 312707は2003年に事故廃車

312728と312784は2003年にc2cから移譲