アーバイン (スコットランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯56度24分43秒 西経5度28分19秒 / 北緯56.412度 西経5.472度 / 56.412; -5.472

アーバイン (スコットランド)
英語: Irvine
スコットランド・ゲール語: Irbhinn
スコットランド語: Irvin
High Street, Irvine - geograph.org.uk - 557416.jpg
アーバイン (スコットランド)の位置
アーバイン (スコットランド)

 スコットランドにおけるアーバイン (スコットランド)の位置
人口 39,527人 
英式座標 NS325395
カウンシル
エリア
ノース・エアシャー
レフテナンシー
エリア
エアシャー・アンド・アラン
構成国 スコットランドの旗 スコットランド
イギリスの旗 イギリス
郵便地域 OBAN
市外局番 01294
警察
消防
救急医療 スコットランド
欧州議会 スコットランド
イギリス議会 Central Ayrshire
スコットランド議会 Cunninghame South
都市一覧: イギリス • スコットランド •

アーバイン(Irvine)は、スコットランドノース・エアシャイアの町。グレートブリテン島の西海岸、クライド湾の沿岸に位置する。

地理・地勢[編集]

アーバインは、クライド湾内に存在するアーバイン湾英語版(Irvine Bay)を見渡せる場所に位置していて、この場所は平坦な低地である。ここには2本の小さな川が流れていて、一方がアーバイン川英語版、もう一方は釣り場としてよく知られているアニック川英語版である。

アーバインの町の西には鉄道が通っている。他にも周囲には幾つかの幹線道路が通っており、周辺の町とはバス路線でも結ばれている。

なお、アーバインの2007年現在の人口は3万9527人であり、ノース・エアシャイアにおいては最も人口の多い町であった [1]。 そして、付近にある大きな都市としては、ここから南西に約40kmの位置に存在するグラスゴーがよく知られている。

気候[編集]

グレートブリテン島は、その全てが温帯西岸海洋性気候に属しており、アーバイン周辺もまた同様である。したがって、年中平均して降水が見られる。この島は、夏季は西海岸側よりも東海岸側の方が高温で、冬季は東海岸側よりも西海岸側の方が高温であることで知られている [2]。 したがって、この島の西海岸側に位置するアーバイン付近は、夏季と冬季の温度差が小さいことを意味している。このようなことになるのは、暖流の北大西洋海流偏西風の影響によって、大西洋の方向から湿った空気が、この辺りに流れ込み続けているからだ。この場所が高緯度に位置しているため太陽から受け取る熱の量が限られており、この大西洋の方向から来る湿った空気の影響を強く受けるのである。しかし、それでもアーバイン付近の気候は冷涼であり、夏は降水があって冷涼(wet summers and cold)と評されており、冬にも降水があるもののとなることも珍しくない。アーバインに限らず、スコットランドのこの付近は、冬に雪が珍しくないことで知られている。

交通機関詳細[編集]

英語版の「Transport」の節、「Irvine New Town Trail」の節を参照してください。)

歴史・祝日・統治機関[編集]

英語版の「冒頭文」「History」の節、「Notable visitors」の節、「Further interest」の節、「Present day」の節、「Governance」の節を参照してください。)

出身人物[編集]

出典[編集]

  1. ^ "Population figures in main settlements of North Ayrshire."(ノース・エアシャイアの主な入植地の人口の表) North Ayrshire Council.
  2. ^ 二宮 健二 編集 『Data Book of the World - 世界各国要覧と最新統計 - (2010年版)』 p.329 二宮書店 ISBN 978-4-8176-0340-1

参考文献[編集]

  • Johnston, J. B. (1903). "Place-names of Scotland."(スコットランドの地名) Edinburgh : David Douglas.
  • Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Irvine"(「アーバイン」の項目) Encyclopadia Britannica (ブリタニカ百科事典、第11版より) Cambridge University Press.
  • Simpson, Anne Turner & Stevenson, Sylvia (1980). "Historic Irvine. the archaeological implications of development."(考古学の分野から見たアーバインの歴史) Scottish Burgh Survey. Glasgow University.
  • Cowling, D (1997) "An Essay for Today: the Scottish New Towns. 1947-1997"(スコットランドの新しい町に関する1947年から1997年までの随筆) (Rutland Press, Edinburgh)
  • McJannet, A (1938) "The Royal Burgh of Irvine."(アーバインの自治都市)
  • Pettigrew, D (1997) "Old Irvine."(いにしえのアーバイン)
  • Stirrat, N (1998) "Irvine."(アーバイン)
  • Strawhorn, J (1985) "The History of Irvine: From Royal Burgh to New Town."(アーバインの歴史、自治都市から新しい町へ)
  • M, A.J. (2008) "Secret History of Irvine."(アーバインの知られざる歴史) Irvine Times

外部リンク[編集]