アンドレアポリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯56度39分 東経32度16分 / 北緯56.650度 東経32.267度 / 56.650; 32.267

アンドレアポリの紋章

アンドレアポリ(アンドレアーポリ、ロシア語: Андреа́поль, Andreapol)は、ロシアトヴェリ州西部にある都市。ヴァルダイ丘陵のただなかにあり、バルト海へ流れる西ドヴィナ川上流に位置する。州都トヴェリからの距離は西へ280 km、モスクワからは西へ550km。モスクワ上空を守るロシア空軍の迎撃戦闘機基地・アンドレアポリ空軍基地の所在地。人口は2002年全ロシア国勢調査で 9,317人(1968年にはおよそ12,000人)。

西ドヴィナ川左岸のアンドレアポリからは対岸にあたるドゥブナの村は、年代記の1489年の条に初出する。アンドレアポリの位置には17世紀から集落があり1783年にアンドレヤノ・ポーレ(アンドレイの原)と改名し、その後何度か改名した。1907年、この地にボロゴエヴェリーキエ・ルーキを結びベラルーシへ伸びる鉄道が開通し駅ができて以来アンドレアポリは大きくなり1928年にはドゥブナも併合した。第二次世界大戦では駅と集落は1941年秋から1942年冬までドイツ軍に占領されていた。1967年にアンドレアポリは市となった。

アンドレアポリを中心とするアンドレアポリスキー地区は70%が森林に覆われている。このため林業と製材が町の主な収入源となっており、大きな製材工場がある。その他の産業は農業とその関連産業、窯業である。

外部リンク[編集]