ヴァルダイ丘陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァルダイ丘陵
Valday.jpg
丘陵の風景。テレホヴォの町から見たウチン湖。
標高 346.9m
位置 北緯57度00分 東経33度30分 / 北緯57.000度 東経33.500度 / 57.000; 33.500座標: 北緯57度00分 東経33度30分 / 北緯57.000度 東経33.500度 / 57.000; 33.500
所在地 ロシア
テンプレートを表示

ヴァルダイ丘陵ロシア語Валда́йская возвы́шенностьВалда́й)、ラトビア語:Valdaja augstiene、ドイツ語:Waldaihöhen、ラテン文字表記の例:Valdai)は、ロシア丘陵地帯。ヨーロッパ・ロシア北西部の、モスクワサンクトペテルブルクの間付近を南北に走る、長さ370km、幅89kmにわたる丘陵の連なりであり、ノヴゴロド州トヴェリ州プスコフ州スモレンスク州にまたがる。地形はなだらかで森が多い。

ヴァルダイ丘陵は、ウクライナからロシア南部にかけて広がる中央ロシア高地の北の延長上にあり、砂岩石灰岩粘土が多く、地表はターミナルモレーン(端堆石)やデトリタスなど、最終氷期にこの付近を覆っていた氷河の残した堆積物で覆われている。標高が最も高い部分は、ヴイシニー・ヴォロチョーク付近で海抜は346.9m[1][2][3]。中部では標高は90mほどにとどまる。ヴォルガ川ダウガヴァ川(西ドヴィナ川)、ロヴァチ川ムスタ川ドニエプル川などがこの丘陵地帯に発している。またセリゲル湖、ヴォルゴ湖、ペノ湖、ブロスノ湖、ヴァルダイ湖など多数の湖沼が散在する。

バルト海黒海カスピ海などさまざまな方向へ流れる河川の水源であるヴァルダイ丘陵は、これらの河川交通の交わる地としても重要であった。標高が最も高いヴイシニー・ヴォロチョークの町は、バルト海に流れるツナ川ロシア語版英語版(ムスタ川の支流)と、ヴォルガ川支流のトヴェルツァ川の間にある。かつてスカンジナビアやバルト海と、ヴォルガ流域やビザンチン帝国との間を交易する人々は、舟や貨物を持って二つの川の間の丘を越えていた。

現在のヴァルダイ丘陵は、湖水や歴史ある街が多く釣りなどを楽しめるリゾート地として人気がある。セリゲル湖畔のオスタシコフやノヴゴロド州南部のヴァルダイの町は、修道院などのある歴史都市として知られる。

脚注[編集]

関連項目[編集]