アンドレアス・バーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンドレアス・バーダー(Andreas Baader、1943年5月6日 - 1977年10月18日)は、西ドイツのテロリスト。ドイツ赤軍の創設者、指導者の一人。

プロフィール[編集]

ミュンヘン出身。大学在学中に過激派となり、1968年にウルリケ・マインホフグドルン・エンスリンらと極左地下組織「バーダー・マインホフ・グルッペ」(後にドイツ赤軍と改称)を結成し銀行強盗、爆破、誘拐、窃盗などあらゆる犯罪に手を染めた。

冷戦下の1970年に、レバノンPFLP訓練施設で数人の仲間とともに戦闘訓練を受け、1972年5月には西ドイツ各地で連続15件の爆破事件を起こした。

少年時代から父親のいない家庭で育ち、知的でカリスマ性を持つと同時に奇行や不良行為の常習者で、自らを哲学者の家系であると自称したり、自動車泥棒をしたり、同性愛者を誘惑して相手が釣られたところを激しく侮辱するという行為を繰り返していた。革命のためのテロ行為に強い興味を示していても、革命のための理想にはあまり関心がなかったと言われる。また女性蔑視の強い人物だったと言われ、グドルンとウリルケを含む全ての女性メンバー達を女性器の蔑称で呼んだり、自らが脱獄しようとした時に計画の主導権を握っていた女性メンバー達を褒めずに、付いてきただけだが抵抗してきた看守を射殺した男性メンバーのみを褒めるといった行為にそれが顕著だった。

1972年6月1日フランクフルトで銃乱射をして逮捕され、シュトゥットガルトのシュタムハイム刑務所に収監された。

アンドレアス・バーダーの墓

ドイツ赤軍は彼を釈放させるために1977年10月にパレスチナ・ゲリラに依頼してルフトハンザ航空181便ハイジャック事件を起こすが、失敗。その直後、2人の仲間と共に獄中でピストル自殺した。厳重な警備が敷かれていた筈の刑務所の獄中で、なぜ自決用のピストルが入手できたのかは謎である。公式見解では彼の弁護士が持ち込んだとされるが、国家権力による「法的手続きのない処刑だったのではないか」とする陰謀論も存在する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]