アントワーヌ・ボーメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Antoine Baumé
アントワーヌ・ボーメ
Antoine Baumé
人物情報
生誕 1728年2月26日
フランスサンリス
死没 1804年10月15日(76歳)
フランス・パリ
国籍 フランス
学問
研究分野 化学薬学
主な業績 ボーメ度
テンプレートを表示

アントワーヌ・ボーメ: Antoine Baumé1728年2月26日1804年10月15日)はフランス化学者

1728年、フランス北部のサンリスに生まれ、化学者クロード・ ジョゼフ・ジョフロア (Claude Joseph Geoffroyのもとに弟子入りした。1752年、薬科学校に入り、同年に化学教授となる。その後パリで化学製品を扱う事業を起すが、1780年に、応用化学の研究に専念するため引退した。しかし、フランス革命のため再び事業に戻らざるを得なくなった。

ボーメは絹の漂白染色めっき硝石製錬などで功績を残したが、特に液体の密度の測定の研究で知られ、ボーメ度にその名が残っている。

ボーメは多数の文献を著したが、主なものにÉléments de pharmacie théorique et pratique(9版、1762年–1818年)がある。 1772年フランス科学アカデミー1796年フランス学士院に入り研究を行った。

1804年10月15日、パリで亡くなる。76歳没。

脚注[編集]