アントニオ・セルバンテス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントニオ・セルバンテス
基本情報
本名 Antonio Cervantes Reyes
通称 Kid Pambelé
階級 ジュニアウェルター級
国籍 コロンビアの旗 コロンビア
誕生日 1945年12月23日(68歳)
出身地 コロンビアの旗 コロンビア
San Basilio de Palenque
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 106
勝ち 91
KO勝ち 44
敗け 12
引き分け 3
テンプレートを表示

アントニオ・セルバンテスAntonio Cervantes、男性、1945年12月23日 - )は、コロンビアプロボクサー。身長175cm。元WBA世界ジュニアウェルター級(現スーパーライト級)王者。恵まれた体躯を生かした強打で1970年代の中南米ボクシングをリードした名王者。全盛期の強さは圧倒的で、同時期に活躍した石の拳ロベルト・デュランにも匹敵すると評された。

来歴[編集]

1964年11月19日、18歳でプロデビュー。

1971年12月11日、66戦目にして世界王座に初挑戦。WBA世界ジュニアウェルター級王者ニコリノ・ローチェアルゼンチン)に挑戦し、0-3の判定負けで王座獲得ならず。

1972年10月29日、WBA世界ジュニアウェルター級王者アルフォンソ・フレーザーパナマ)に挑戦し、10回KO勝ちで王座を獲得した。

1973年3月17日、挑戦者ニコリノ・ローチェと再戦し、9回TKO勝ちで2度目の防衛に成功した。

1973年5月19日、挑戦者アルフォンソ・フレーザーと再戦し、5回KO勝ちで3度目の防衛に成功した。

1973年12月5日、挑戦者ライオン古山日本)と対戦し、3-0の判定勝ちで5度目の防衛に成功した。

1974年3月2日、挑戦者李昌吉大韓民国)と対戦し、6回KO勝ちで6度目の防衛に成功した。

1974年10月26日、日本大学講堂で行われた唯一の来日試合で挑戦者門田恭明(日本)と対戦し、8回KO勝ちで8度目の防衛に成功した。

1975年5月17日、挑戦者エステバン・デ・ヘススプエルトリコ)と対戦し、3-0の大差判定勝ちで9度目の防衛に成功した。

1975年9月20日、ノンタイトルマッチでバトルホーク風間(日本)と対戦し、6回TKO勝ちを収めた。

1975年11月15日、挑戦者ヘクター・トンプソン(オーストリア)と対戦し、8回TKO勝ちで10度目の防衛に成功した。

1976年3月6日、敵地プエルトリコで行われた11度目の防衛戦でウィルフレド・ベニテス(プエルトリコ)と対戦し、1-2の判定負けで王座から陥落した。

1977年6月25日、WBA世界ジュニアウェルター級王座決定戦でカルロス・ヒメネス(アルゼンチン)と対戦し、5回TKO勝ちで王座に返り咲いた。以後、6度の防衛に成功。

1980年8月2日、7度目の防衛戦でアーロン・プライヤー(アメリカ)と対戦し、4回KO負けで王座から陥落した。

1983年12月9日の試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
アルフォンソ・フレイザー
第21代WBA世界ジュニアウェルター級王者

1972年10月29日 - 1976年3月6日

次王者
ウィルフレド・ベニテス
空位
前タイトル保持者
ウィルフレド・ベニテス
第23代WBA世界ジュニアウェルター級王者

1977年6月25日 - 1980年8月2日

次王者
アーロン・プライヤー