ウィルフレド・ベニテス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィルフレド・ベニテス
基本情報
本名 Wilfred Benitez
階級 ジュニアウェルター級
ウェルター級
ジュニアミドル級
身長 178cm
リーチ 178cm
国籍 プエルトリコの旗 プエルトリコ
誕生日 1958年9月12日(56歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク市ブロンクス区
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 62
勝ち 53
KO勝ち 31
敗け 8
引き分け 1
テンプレートを表示

ウィルフレド・ベニテスWilfred Benitez、男性、1958年9月12日 - )は、プエルトリコの元プロボクサーアメリカ合衆国ニューヨーク州生まれ。史上最年少(17歳6か月)で世界王座を獲得した、早熟の天才として知られる。ジュニアウェルター級ウェルター級ジュニアミドル級で3階級制覇を成し遂げた。

来歴[編集]

1973年11月22日、プロデビュー。

1976年3月6日、WBA世界ジュニアウェルター級タイトルマッチでアントニオ・セルバンテスに15R判定勝ち(2-1)を収め、同王座を獲得し、17歳6か月で史上最年少世界王者となった。同王座は2回の防衛成功の後、同年12月に返上した。

1979年1月14日、WBC世界ウェルター級タイトルマッチでカルロス・パロミノに15R判定勝ち(2-1)を収め、同王座を獲得し、2階級制覇に成功した。

1979年11月30日、2度目の防衛戦でシュガー・レイ・レナードに15RTKO負けを喫し、王座から陥落した。

1981年5月23日、WBC世界ジュニアミドル級タイトルマッチでモーリス・ホープと対戦し、12RKO勝ちを収め、同王座を獲得し、3階級制覇に成功した。

1982年1月30日、ロベルト・デュランに15R判定勝ち(3-0)を収め、2度目の防衛に成功した。

1982年12月3日、ルイジアナ・スーパードームで2階級制覇を目論むトーマス・ハーンズと3度目の防衛戦で対戦し、15R判定負け(0-2)で王座から陥落した。

1990年9月29日、スコット・パパサドラとの試合を最後に引退した。

幼少期に父から厳しい練習を課された反動からプロ入りの時点ではすっかり練習嫌いとなったことでも知られ、1979年のレナード戦は試合前1週間の練習だけで調整したという。それが祟り被弾しKO負けすることが多くなったキャリア晩年に差し掛かってから重度のパンチドランカーの症状に悩まされた。引退した今でも時折メディアに姿を現すものの廃人同然の彼は一人でまともに生活できないどころか自分を認識できない心神喪失状態にあり、姉の介護を受けながら静かに仲良く暮らす姿が伝えられている。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
アントニオ・セルバンテス
第22代WBA世界ジュニアウェルター級王者

1976年3月6日 - 1976年12月(返上)

空位
次タイトル獲得者
アントニオ・セルバンテス
前王者
カルロス・パロミノ
第10代WBC世界ウェルター級王者

1979年1月14日 - 1979年11月30日

次王者
シュガー・レイ・レナード
前王者
モーリス・ホープ
第17代WBC世界ジュニアミドル級王者

1981年5月23日 - 1982年12月3日

次王者
トーマス・ハーンズ