アローン・イン・ザ・ダーク (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アローン・イン・ザ・ダーク
Alone in the Dark
監督 ウーヴェ・ボル
脚本 エラン・マスタイ
マイケル・ローシュ
ピーター・シェーラー
製作 ショーン・ウィリアムソン
製作総指揮 ウーヴェ・ボル
ウォルフガング・ヘロルド
音楽 ラインハルト・ベッサー
主題歌 ウィッシュ・アイ・ハド・アン・エンジェル
ナイトウィッシュ
撮影 マティアス・ニューマン
編集 リチャード・シュワデル
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 日活
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年1月28日
日本の旗 2006年5月20日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
製作費 2000万ドル[1]
興行収入 $10,442,808[1]
次作 アローン・イン・ザ・ダークII
テンプレートを表示

アローン・イン・ザ・ダーク』(Alone in the Dark)は、2005年に公開されたアメリカのホラー映画。ドイツの資本およびカナダで撮影されている。監督はウーヴェ・ボル。フランスのゲーム『アローン・イン・ザ・ダーク』を原作としている。2008年には続編の『アローン・イン・ザ・ダークII』が制作された。

あらすじ[編集]

太古の昔に栄華を極め強大な文明を築きながらも、『闇の力』に触れた為に1万年前に突如として地上から姿を消したと言われる謎の部族・アビカニ族。フリーの超常現象の調査員であるエドワードは、ある日、彼らの文明の装飾品と思われる遺物を手に入れるが、その直後に銃で撃っても死なないという『謎の人物』の襲撃を受ける。

なんとか賊を撃退したエドワードだったが、その頃同時に『自分と同じ孤児院で育った20人の仲間たちが次々と失踪する』という奇妙な事件に遭遇。

過去に自分が所属していた軍の超常現象対策チームである『713部隊』の同僚に、事件の調査を依頼する彼だったが、その頃、『713部隊』は都市部に異形の怪物が大量に出現するという異常事態の対応に追われていた。

これらの一連の奇妙な事件につながりを感じた彼らは、協力しあう事で事件の真の原因を究明しようとする。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エドワード・カンビー クリスチャン・スレイター 高橋広司
アリーン・セドラック タラ・リード 魏涼子
リチャード・バーク スティーヴン・ドーフ 落合弘治
サム・フィッシャー フランク・C・ターナー 千田光男
ライオネル・ヒュージェンス マシュー・ウォーカー 佐々木敏

ノミネート[編集]

部門 候補 結果
ゴールデンラズベリー賞[2] 最低主演女優賞 タラ・リード ノミネート
最低監督賞 ウーヴェ・ボル ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ a b Alone in the Dark”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年7月24日閲覧。
  2. ^ 2005 RAZZIE® Nominees & "Winners"”. ゴールデンラズベリー賞. 2011年2月2日閲覧。

外部リンク[編集]