アルペジョーネソナタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルペジョーネとピアノのためのソナタ イ短調 D821は、フランツ・シューベルト1824年11月にウィーンで作曲した室内楽曲である。

解説[編集]

このソナタは、アルペジョーネのための作品では、こんにち現存する唯一の作品である。本作は、弦楽四重奏曲「死と乙女」と同時期の作品であり、当時シューベルトは梅毒の進亢に苛まれ、度々の抑鬱症の発作に見舞われてもいた。おそらくそのためか、楽曲は全般的に暗澹たる表情に支配されている。

本作はアルペジョーネが発明された翌年に作曲された。おそらくは、アルペジョーネの演奏に通じていた知人ヴィンチェンツ・シュースターから、委嘱を受けてのことと考えられている。作品がシューベルトの死後1871年に出版されるまでに、アルペジョーネじたいが愛好されなくなり姿を消していた。こんにちこの作品はもっぱらチェロ・ソナタないしはヴィオラ・ソナタに編曲して演奏されている。また時折りコントラバスギターがアルペジョーネの代役を果たすこともある。

次の3つの楽章から成る。演奏時間は30分弱。

  • 第1楽章:Allegro moderato
  • 第2楽章:Adagio
  • 第3楽章:Allegretto

現代の演奏[編集]

アルペジョーネは復元されているが、奏者が乏しくほとんど実演は行われていない。そのため、編曲が多く行われている。

編曲に際し苦慮される点は、チェロギターがアルペジョーネに比べて音域が狭いことである。6弦のアルペジョーネに対して上記の楽器のほとんどは4弦であり、そのためアーティキュレーションを手直ししなければならない。また、アルペジョーネはフレットがつけられているため、高音域の演奏が容易であり、これも現代の奏者を悩ませている。5弦のピッコロチェロは音域は同一になるが、フレットはない。

シューベルトの原稿には6弦全部をピッチカートする指示が提示部末尾(第一括弧)にあり、この箇所のおかげでアルペジョーネの「代用」品では一切実現が出来なくなっている。現在代用される最も多い選択肢はチェロだが、高音域はかなり苦しい。コントラバスでは1オクターブ下がってしまい、シューベルトの意図とはかけ離れる。現在ヴィオラを5弦にし、その5弦目をEに調弦することで、原作に近づける試み[1]が行われている。

ギターマンドロンチェロで演奏を行うことは可能だが、やはり原曲は「弓奏」であり、シューベルトの意図とは異なる。ほかの楽器で代用しても原作の触感には敵わないので、この楽曲のためだけにアルペジョーネを復元し、チェロ奏者が担当することも現代では行われている。

著名な編曲[編集]

外部リンク[編集]