アルフレート・デルプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルフレート・デルプAlfred Delp, 1907年9月15日 - 1945年2月2日)は、イエズス会神父

彼は1907年9月15日にドイツマンハイムで生まれた。彼はプロテスタント神学を学んだが、その後カトリックに改宗、1926年にイエズス会士になった。

デルプは1942年に反ナチス勢力によるクーデター後の新政権へ協力するためクライザウ・サークル(de)に加わった。1944年7月20日ヒトラー暗殺計画が失敗した後、デルプは逮捕され、人民法廷によって死刑が宣告され、1945年2月2日ベルリンプレッツェンゼー刑務所で処刑された。

執筆の途中です この項目「アルフレート・デルプ」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。