アルバレス・キンテーロ兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
兄セラフィン(右)と弟ホアキン(左)

アルバレス・キンテーロ兄弟(アルバレス・キンテーロきょうだい、スペイン語:Hermanos Álvarez Quintero)は、スペインセビリア県ウトレーラスペイン語版出身の劇作家。同国の劇作家であるハシント・ベナベンテと並んで20世紀前半のスペイン演劇界の代表者として名高い[1]

セラフィン・アルバレス・キンテーロSerafín Álvarez Quintero1871年3月26日 - 1938年4月12日)で、ホアキン・アルバレス・キンテーロJoaquín Álvarez Quintero1873年1月20日 - 1944年6月14日)である。

若い頃よりセラフィンらの故郷であるアンダルシア州主題アンダルシア方言を混ぜた喜劇的な作品を著し[2][3]、20世紀の初めから終始二人で約200作もの戯曲合作発表した[1][2][3]

両者ともマドリードで没した[3]

作品[編集]

邦題があるもののみ記述する。

脚注[編集]

  1. ^ a b 世界大百科事典 1972, p. 509.
  2. ^ a b 万有百科大事典 1973, p. 30.
  3. ^ a b c 菅愛子『アルバレス・キンテーロ(兄弟)[リンク切れ] - Yahoo!百科事典

参考文献[編集]

関連項目[編集]