アルバニア鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hekurudha Shqiptare
企業形態 国営
業種 陸運業
設立 1945
本拠所在地 アルバニア
ティラナ
サービス 鉄道, 鉄道に関連する建設, サービス業
ウェブサイト 公式ウェブサイト

アルバニア鉄道アルバニア語: Hekurudha Shqiptare)はアルバニアの国営鉄道事業者で、アルバニア国内の鉄道網の運営管理を行っている。路線網のメインとなるターミナルは港湾都市ドゥラスである。アルバニア鉄道の路線網は東はポグラデツ、南はヴィオル、北はシュコドラに達している。また、首都ティラナへの支線もある。1980年代に路線はシュコドラを越えてアルバニアの国境の町ハーニ・ホーティットを経由してモンテネグロとつながった。しかし、この路線は貨物のみの運用であった。近隣国のマケドニアやギリシャとの鉄道の接続は現在無い。アルバニアの鉄道は非電化でチェコスロバキア製の T-669形ディーゼル機関車が使われている。基本的に全線単線で、多くの交換駅が設定されそこを列車は通過する。ドイツ鉄道トレニタリアオーストリア鉄道ポーランド国鉄など他の欧州諸国の事業者から導入した中古車両が利用されている。車両は投石や落書きなどヴァンダリズムにより車体内外は荒廃している。また、レールが鉄のスクラップとして盗まれたりするためフルスケジュールで運行されていない路線も多くある。ドゥラス、ティラナ間の改良は2013年には開始される予定だが、似たような以前の計画はアルバニア政府により中止されている。

外部リンク[編集]