アラシャサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラシャサウルス
Alxasaurus YWRA 400.JPG
復元想像図
地質時代
白亜紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
階級なし : テタヌラ類 Tetanurae
階級なし : コエルロサウルス類 Coelurosauria
上科 : テリジノサウルス上科 Therizinosauroidea
: アラシャサウルス科 Alxasauridae
: アラシャサウルス属 Alxasaurus
学名
Alxasaurus
Russell & Dong1993

アラシャサウルスAlxasaurusアルクササウルスと表記される事もある)は中生代白亜紀前期に現在の中国内モンゴル)に生息していたテリジノサウルス類の草食恐竜の属の一つである。体長は3~4メートル。ロシアのクルザーノフ、董枝明デイル・ラッセルによって記載された。記載者は草食性に移行したオルニトミモサウルス類に近縁な獣脚類としている。

頭骨が欠落していた他はほぼ完全に保存された化石によって知られ、それまで謎の多かったテリジノサウルスの仲間の復元・研究に大いに貢献した種である。骨格は、ふっくらした胴体、長い首と尾を持ち、四肢は短めだった事を示している。また足の幅が広いのも特徴的で、これは湿地帯を歩く事に対する適応と思われる。

学名は化石の発掘地の名称「阿拉善(アラシャン)」に因むもの。

関連項目[編集]