アメリカ大陸横断レース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリカ大陸横断レースとは、さまざまな方法を用いてアメリカ合衆国を横断するレースのことである。

解説[編集]

自分の足で走るものとしては、チャールズ・C・パイル(C.C.Pyle)という興行主が、フランスの自転車競技大会ツール・ド・フランスを、ランニング競技としてアメリカ大陸を横断してやってみたらということで発想したのが、「トランス・コンチネンタルフットレース」(Trans-continental Footrace)で、別名Bunion Derbyとも呼ばれ、1928年1929年の2回行われた。

1928年は、賞金2万5000ドルで119名のランナーが参加し、ロサンジェルスのアスコット・スピードウェイからニューヨークのセントラルパークまでを走った。

翌1929年は、ニューヨークのコロンブス広場からカリフォルニア州のロングビーチまでの復路で行われた。その後、これは1992年「トランス・アメリカ・フットレース」の名で復活。

1992-1995年に開催され、さらにまた間隔を置いて2002年2004年に「ラン・アクロス・アメリカ」(RUNXUSA)という大会名で再び開催された。

他に自転車横断する大会、単発ではあるがクラシックカーによるものなどが行われたことがある(実際にあった大陸横断のウルトラマラソンを題材にして、トム・マクナブが書いた小説『遥かなるセントラルパーク 大陸横断ウルトラマラソン』文藝春秋/文春文庫 1986年)ほか、映画ではスーパーカーを使った架空のものとして何度も映画化されている。

実際に行われたこうした競技を背景にして、障害者や戦傷者が、自分の体力や自己の尊厳への挑戦として単独で車椅子で大陸を横断するといった出来事もいくつかある。

関連項目[編集]