アメリカ合衆国有色軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・H・カーニー軍曹
バージニア、ダッチギャップのアフリカ系アメリカ人兵士。1864年
クリスチャン・フリートウッド軍曹
第22聯隊の軍旗

アメリカ合衆国有色軍(英語:United States Colored Troops, USCT) は、アフリカ系アメリカ人で編成されたアメリカ軍聯隊南北戦争中、175の聯隊が編成され、北軍北部連合軍英語版の一割を占めた。アメリカ西部ではインディアン戦争にもインディアンが名付けたバッファロー・ソルジャーが参戦した。

歴史[編集]

1862年7月、アメリカ合衆国議会押収法英語版を採決し、捕虜となった黒人奴隷を解放し、民兵行為を可能にした[1]。北部連合軍が1862年夏の第二次ブルランの戦いの敗戦などで停滞したため、エイブラハム・リンカーン最高司令官は、全ての奴隷を北部連合軍中に解放することとなった。1862年9月、リンカーンは奴隷解放宣言の準備を死開始し、翌1月1日に全奴隷を解放して有色軍として徴用することが可能となるとした[2]

1863年5月22日アメリカ合衆国旧陸軍省は最高指揮官第143番指令を発布し、アメリカ合衆国有色軍局を設置し、アフリカ系アメリカ人兵士の徴用を促進させた[3]

有色軍の175の聯隊には178,000以上の自由黒人解放奴隷が所属し、戦争で2,751人が負傷、病気などの原因を含めて68,178人の損失となった[4]。 有色軍の指揮官は白人であった。フィラデルフィアの有色軍徴用監理委員会は自由軍事学校を開設し、1863年末まで応募者を受け付けた[5]。当初、黒人兵士は白人兵よりも少ない報償金であったが、後に白人兵と同等の額となった[6]

有色軍の活躍はアフリカ系アメリカ人が権利を獲得することに重要な役割を果たし、元奴隷奴隷制度廃止運動家のフレデリック・ダグラスは「黒人が真鍮でできたU.S.の文字を身につけ、マスケット銃を肩にのせ、銃弾をポケットに入れれば、黒人兵が市民権を持つことを否定することは誰にもできない」と述べた[7]。有色軍において奴隷が北部連合軍英語版として組織された際には、奴隷の反乱をふくむ場合もあった[8]

奴隷だったウィリアム・ヘンリー・シングルトンは1863年にニューバーンの解放奴隷から1000人の黒人兵を徴用し、有色軍35部隊の軍曹となった。ロアノーク植民地の解放奴隷も第35聯隊に編成された[9]


第四有色軍E。ワシントン、フォート・リンカーン、1865年11月17日[10]



関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rodriguez, Junius P. Slavery in the United States: A Social, Political, and Historical Encyclopedia, ABC-CLIO, 2007, vol. 2, pg 241
  2. ^ Cornish, The Sable Arm, pp. 29-111.
  3. ^ Cornish, The Sable Arm, p. 130.
  4. ^ Cornish, The Sable Arm, p. 288; McPherson, The Negro's Civil War, p. 237.
  5. ^ Cornish, The Sable Arm, p. 218.
  6. ^ McPherson, The Negro's Civil War, Chapter XIV, "The Struggle for Equal Pay," pp. 193-203.
  7. ^ "The Fight for Equal Rights: Black Soldiers in the Civil War".
  8. ^ Hahn, Steven (2004年). “The Greatest Slave Rebellion in Modern History: Southern Slaves in the American Civil War”. southernspaces.org. 2010年8月22日閲覧。
  9. ^ "The Roanoke Island Freedmen's Colony" Carolina Country Magazine, date?, accessed 10 November 2010
  10. ^ [1]

出典[編集]

  • Dudley Taylor Cornish, The Sable Arm: Negro Troops in the Union Army, 1861-1865. New York: W.W. Norton, 1965.
  • William A. Dobak, Freedom by the Sword: The US Colored Troops, 1862-1867. Washington, DC: Center of Military History, 2011.
  • William A. Gladstone, United States Colored Troops, 1863-1867. Gettysburg, PA: Thomas Publications, 1996.
  • Jesse J. Johnson, Black Armed Forces Officers 1736-1971. (Hampton Publications, 1971.
  • James M. McPherson, The Negro's Civil War: How American Negroes Felt and Acted During the War for the Union. New York: Pantheon Books, 1965.
  • George W. Williams, A History of the Negro Troops in the War of the Rebellion. New York: Harper & Brothers, 1887.

外部リンク[編集]