アマレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アマレット(Amaretto)とは、アーモンドのような香りを持つリキュール。香りがアーモンドに似ているため、原料の中に必ずアーモンドが入っているものと思われがちだが、実際は杏仁杏仁豆腐等にも使われるアンズの核)を使用しているものが主流。Amarettoとはイタリア語で「すこし苦いもの」という意味。

ディサローノ・アマレット[編集]

アマレット(開封済み)

アマレットの元祖であり、アマレットの中で最も有名なブランドである、アマレット・ディ・サロンノ(Amaretto Di Saronno) は、アンズを原料とし、甘くてほろ苦いアーモンドに似た風味と赤みを帯びた琥珀色が特徴のリキュールである。アルコール度数は28%。エキス分は26%。ミラノ地方の菓子のアマレッティに香りが似ていたことから、このリキュールは「アマレット」と命名されたとも言われる[1]

したがって、元々は「アマレット」として売られていたが、このリキュールの成功を見た他社が「アマレット」の名で類似品を発売し出したため、1992年に現在の名称に改名した[2]

1525年に、イタリアの画家ベルナルディーノ・ルイーニが、イタリア・サロンノにあるサンタ・マリア・デレ・グラツィエ教会に、聖母マリアフレスコ画を描くよう任じられた。このときに絵のモデルとして雇った宿屋の若い女主人と恋におち、この女性がルイーニへの贈り物としてつくったのが、アマレット・ディ・サロンノの原形である。このときから現在まで製造法は変わっていないとされるが、瓶の形状は何度か変更されており、現在のよく知られた四角い瓶はムラーノ出身のガラス職人がデザインしたものである。なお、日本の輸入業者であるサントリーでは「ディサローノ」の表記を用いている。

その他の銘柄[編集]

アマレット・フローリオ(Amaretto Florio)
アルコール度数25度、エキス分29%[3]
ルクサード・アマレット・ディ・サスキーラ(Luxardo Amaretto di Saschira)
アルコール度数28度、エキス分28%、片仮名ではルクサルド・アマレット・ディ・サスキーラとも表記される[3]

アマレットを使ったカクテル[編集]

出典[編集]

  1. ^ 成美堂出版 編集 『リキュールとカクテルの事典』 p.116 成美堂出版 2001年8月20日発行 ISBN 4-415-00835-6
  2. ^ 福西 英三 『リキュールブック』 p.135 柴田書店 1997年7月1日発行 ISBN 4-388-05803-3
  3. ^ a b 成美堂出版 編集 『リキュールとカクテルの事典』 p.117 成美堂出版 2001年8月20日発行 ISBN 4-415-00835-6

外部リンク[編集]