アフリカバオバブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフリカバオバブ
Baobob tree.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: アオイ目 Malvales
: パンヤ科 Bombacaceae
: バオバブ属 Adansonia
: アフリカバオバブ A. digitata
学名
Adansonia digitata L.
英名
African Baobab

アフリカバオバブ(学名:Adansonia digitata)は、アオイ目パンヤ科バオバブ属の植物。アフリカ大陸サバンナ地域に広く分布している。直径10mを越える巨木になる。

分布[編集]

アフリカ大陸のセネガルからスーダンにかけての熱帯乾燥地域、アフリカ大陸東部のエチオピアからモザンビークにかけて広く分布している。

利用[編集]

果実、葉は食用となる。樹皮は薬用、繊維、家畜の飼料などに利用される。