アフガニスタン地滑り災害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフガニスタン地滑り災害
アフガニスタン地滑り災害の位置(アフガニスタン内)
アフガニスタン地滑り災害
ファイザーバード
ファイザーバード
アフガニスタン地滑り災害 (アフガニスタン)
日付 2015年5月2日
時間 11時(現地時間)
場所 アフガニスタンの旗 アフガニスタン・バダフシャーン州・アーブバリク(Aab Barik ; Ab-e-Barik ; Aab Bareek)村
座標 北緯37度3分12.72秒 東経70度11分27.5秒 / 北緯37.0535333度 東経70.190972度 / 37.0535333; 70.190972座標: 北緯37度3分12.72秒 東経70度11分27.5秒 / 北緯37.0535333度 東経70.190972度 / 37.0535333; 70.190972[3]
死者 約500人[4][2]
損害 住宅300棟[2]
テンプレートを表示
バダフシャーン州位置図
アルゴ地区位置図

アフガニスタン地滑り災害は、2014年5月2日アフガニスタン北東部バダフシャーン州で発生した大規模な地すべりによる災害である。

概要[編集]

土砂崩れは州都ファイザバードの西約30kmのアルゴ地区にあるアーブバリク村で発生した[1]。約1週間にわたり大雨が続いていた、現地時間2日午前11時頃、大規模な地滑りが発生し、全村約1000世帯のうち約300世帯が土砂にのみ込まれた[5]。その後、近隣の村から約600人が救助に駆け付けたが、再び発生した地滑りで生き埋めになったとみられている[6]

その後の対応[編集]

翌日、捜索救助活動は打ち切られ、州知事は一帯を集団墓地とする考えを示した[2]5月7日大統領ハーミド・カルザイが現地を訪れ、住民の不満を受けてすべての遺体を見つけ出すと方針転換した[2]

推定4000人以上の住民が家を追われることとなった。5日時点で、水・食料・テントなどの配給が不足しており、4-5世帯の家族が1つのテントで避難生活を送っている事例もある。また、谷底の川がせき止められてダム湖ができ、決壊の危険がある[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b アフガニスタン大規模地滑り 300人超犠牲か”. 朝日新聞 (2014年5月3日). 2014年5月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e アフガン地滑りの捜索打ち切り、死者数は推計500人に修正”. AFPBBニュース (2014年5月4日). 2014年5月5日閲覧。
  3. ^ 国際連合人道問題調整事務所による被災現場地図(英語)
  4. ^ 地滑りのアフガニスタンに支援物資”. NHK (2014年5月4日). 2014年5月4日閲覧。
  5. ^ アフガン北東部の地滑りで数百人死亡、2000人超が行方不明”. ロイター (2014年5月3日). 2014年5月5日閲覧。
  6. ^ 地滑りで2500人不明か=アフガン”. 時事通信 (2014年5月3日). 2014年5月4日閲覧。
  7. ^ 土砂ダム、決壊の恐れも 被災住民、物資不足に不満”. 産経新聞 (2014年5月5日). 2014年5月6日閲覧。

外部リンク[編集]