アニェス・ソレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アニェス・ソレル
アニェスがモデルといわれている『天使たちに囲まれた聖母子』 ジャン・フーケ画 (1450年頃)

アニェス・ソレルAgnès Sorel, 1421年 - 1450年2月9日)は、シャルル7世の愛妾。それまで男性にのみ使われていた宝石ダイヤモンドを女性としてはじめて身につけた人物でもある。

生涯[編集]

前半生については詳しく知られていない。一兵士ジャン・ソレルの娘として生まれた。シャルル7世に紹介されたとき、アニェスは20歳だった。当時、アニェスはシャルルの義弟ナポリ王ルネ・ダンジューのもとで家政を担当していた。その時代の絵画に反映されているように、彼女はとびきりの美女で、ずば抜けて知的であった。シャルル7世は瞬く間に彼女に魅せられ、アニェスに私邸としてロシュ城を与え自分の愛妾とした。

すぐに、彼女の存在はシノンの宮廷で知られるようになった。彼女は王に強い影響力を持ち、その贅沢好みが加わり宮廷内に多くの敵をつくった。

アニェスはシャルルとの間に、マリー、シャルロット、ジャンヌの3女を生んだ。彼女が第4子を妊娠中に、彼女は1450年のジュミエージュ遠征に行くシャルルに同行した。そこで、アニェスは急病に倒れて2月9日に死んだ。死因は当時赤痢とされたが、現在の研究者は水銀中毒であるという結論に至っている。水銀は当時虫下しとしても用いられたが、殺人の可能性もある。

シャルルの嫡子で、のちのルイ11世は、アニェスの死の4年前に父親に対して反乱を起こしていた。愛妾の影響下にいる父を救うため、アニェスを除いたと推測できる。また、財務官で大臣を務める貴族ジャック・クールもアニェス毒殺犯と推測され噂が広く流れたが、これは宮廷からクールを追放するために流された噂と考えられている。2005年、フランスの化学者フィリップ・シャルリエはアニェスの遺体を調査し、死因は水銀中毒であると断定したが、殺人か否かについては意見を述べていない。15世紀、水銀は化粧品に配合されることがあり、これが彼女の死につながった可能性もあるからである。

芸術の中のアニェス・ソレル[編集]