アッシュボリー・ベース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アッシュボリー・ベース
Ashbory bass
メーカー/ブランド 現在はフェンダー。以前はギルド(1986-1988)。アッシュボリー・ベースは1999年にDeArmondブランドとしてフェンダーから再発売されている[1]
製造時期 1986年-1988年1999年-現在
構造
ボディタイプ ソリッド
スケール長 18インチ
ネックジョイント スルーネック
材質
ボディ 現在はアガチス ギルド社のモデルはポプラ(いずれもネック・ボディ一体型)
ネック 現在はアガチス ギルド社のモデルはポプラ(いずれもネック・ボディ一体型)
フィンガーボード プラスチックでフレットレス
ナット プラスチック
ハードウェア
ペグ 専用のペグ
ブリッジ プラスチックの固定型
電気系統
ピックアップ ピエゾ×1をブリッジ下に配置 アクティブ回路
コントロール ボリューム×1、トーン×2(低音・高音)
カラーバリエーション
黒、フロストレッド、ムーンブルー
テンプレート | カテゴリ

アッシュボリー・ベースは Alun Ashworth-Jonesと Nigel Thornboryにより1985年に開発された絃長18インチ(約46センチ)のフレットレス(ただしフレット位置に線が引かれている)エレキベースである。この絃長は一般的なベースの絃長34インチ(約84センチ)の半分にあたる。アンプの使用により、アッシュボリー・ベースは低く共鳴的な、コントラバスピチカートに似た音を発する。

特徴[編集]

アッシュボリー・ベースは音を鳴らすためにシリコンゴムの絃とピエゾ式ピックアップを使用する。絃の張力が弱いため、アッシュボリー・ベースのネックにはトラスロッドが入っていない。エレキギターやエレキベースと異なり、ブリッジもネックも調節可能にはなっていない。

[編集]

純正品であるシリコンゴムの弦は滑りが悪いため手にベビーパウダーをつけて演奏するなどの工夫が必要であり、また、耐久性が低いという問題がある。材質としてポリウレタンを使用したウクレレベース用の弦を使用することが可能であり、多くの演奏者はこの弦を利用している。

演奏スタイル[編集]

製造元は「標準的なエレキベースの指弾きによる演奏スタイル」を薦めている。スラッピングポッピングピッキングといった奏法には適していない一方、一方、アッシュボリー・ベースはエレキベースにはないサウンドを奏でることが可能である。

コントラバスピチカートに近い音
右手で弦を普通に弾く。
エレキベースに近い音
高音コントロールを上げてブリッジ付近を弾く。
アナログシンセサイザーに近い音
絃を左手でミュートしタッピング奏法で弾く。

その他[編集]

アッシュボリー・ベースは元々ベーシストのための携帯用楽器として考案された。皮肉にも、現在の34インチスケールのエレキベースは元々同じ理由によりコントラバスの代用として使用されたものである。

アッシュボリー・ベースは現在フェンダー社のライセンス下により製造されている。


脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]