アカノドシャコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカノドシャコ
アカノドシャコ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ目 Galliformes
: キジ科 Phasianidae
: シャコ属 Francolinus
: アカノドシャコ F. afer
学名
Francolinus afer
Müller, 1766
和名
アカノドシャコ
英名
Red-necked Francolin

アカノドシャコ(赤喉鷓鴣、学名:Francolinus afer)は、キジ目キジ科の鳥類。狩猟鳥である。かつてはケヅメシャコ属Galloperdix)に分類されていた。

分布[編集]

アフリカ中央部一帯から東はタンザニアの沿岸まで分布する。

形態[編集]

体長は25〜38cmで、7つの亜種の間での体格の差が大きい。黒っぽいシャコで、背部は茶色、腹部は黒い縞の入った灰色または白色。嘴、裸出した顔の皮膚、首、脚は鮮やかな赤色をしている。

生態[編集]

警戒心が強く、繁茂した植生に隠れていることが多いが、危険が少なく、茂みが近くにあれば開けた灌木地帯や農耕地でも餌を探しに訪れることがある。3〜9個の卵を地面に直に産む。その広い分布域にわたり、普通に見られる鳥である。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類


Clements分類上の位置[編集]

Clements鳥類分類

参照・注釈[編集]

  1. ^ Francolinus afer (Species Factsheet by BirdLife International)

外部リンク[編集]

関連[編集]

執筆の途中です この項目「アカノドシャコ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類