アイ・エイント・ガット・ノーバディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイ・エイント・ガット・ノーバディ」(I Ain't Got Nobody)は、1915年スペンサー・ウィリアムズが作曲した歌である[1]。出版者ロジャー・グラハム Roger Graham は共同作曲者の著作権表示を与えられた。この歌は長年にわたりスタンダードとなり、ポップからジャズカントリー・ミュージックといったスタイルに移り変わりながら世代を超えて何度も録音された。

作曲家、チャールズ・ウォーフィールド Charles Warfield はこの歌の原作を書いたと主張した[2]1914年4月からの著作権の登録は、曲はウォーフィールドに、歌詞はデイビッド・ヤング David Young に、編曲はマリー・ルーカス Marie Lucas に帰属していた。この歌の曲名は「I Ain't Got Nobody and Nobody Cares for Me」と付けられている。1916年からの短い曲名の方のウィリアムズの著作権の登録は、作曲がウィリアムとデイブ・ペイトン en:Dave Peyton、歌詞は出版者ロジャー・グラハムに帰属していた[3]

1917年マリオン・ハリス Marion Harris に始まり、多くのアーティストからこの歌の録音で大当たりした。1920年代に大当たりしたバージョンには、ベッシー・スミスファッツ・ウォーラールイ・アームストロングらがいる。1930年代にはビング・クロスビーミルズ・ブラザーズ Mills Brothersキャブ・キャロウェイウィンギー・マノン Wingy Manoneチック・ウェッブ Chick Webb で大当たりした。他の注目すべき録音には、エメット・ミラー en:Emmett Millerマール・ハガード Merle Haggardボブ・ウィルズ Bob Willsコールマン・ホーキンスローズマリー・クルーニーなどがある。ルイ・プリマはこの歌をジャスト・ア・ジゴロとつないでメドレーにした。デイヴィッド・リー・ロス1985年にプリマをカバーした、彼自身、相当な大当たりをした。

アニメーション[編集]

脚注[編集]

  1. ^ I Ain't Got Nobody”. JazzStandards.com. 2009年6月14日閲覧。
  2. ^ Baby Won't You Please Come Home”. JazzStandards.com. 2009年6月14日閲覧。
  3. ^ Tosches 2003, p. 149

参考文献[編集]

  • Tosches (2003). Blackface. Au confluent des voix mortes. Editions Allia. ISBN 284485110X. 

外部リンク[編集]