アイヒェンビュール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen von Eichenbühl.png Lage des Landkreises Miltenberg in Deutschland.PNG
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: ウンターフランケン
郡: ミルテンベルク郡
緯度経度: 北緯49度42分
東経09度19分
標高: 海抜 158 m
面積: 31.2 km²
人口:

2,573人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 82 人/km²
郵便番号: 63928
市外局番: 09371
ナンバープレート: MIL
自治体コード: 09 6 76 119
行政庁舎の住所: Hauptstr. 97
63928 Eichenbühl
ウェブサイト: www.eichenbuehl.de
首長: ギュンター・ヴィンクラー (Günther Winkler)
郡内の位置
Eichenbühl in MIL.svg

アイヒェンビュール (Eichenbühl) はドイツ連邦共和国バイエルン州ミルテンベルク郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)。

地理[編集]

アイヒェンビュールはバイエリシェ・ウンターマイン地方に位置する。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には15の地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • アイヒェンビュール
  • グッゲンベルク
  • ヘプディール
  • プフォールバッハ・リンク・デア・バッヒェス
  • プフォールバッハ・レヒト・デア・バッヒェス
  • リーデルン
  • ショルハイターホーフ
  • ヴィンディッシュブーヒェン

歴史[編集]

現在のリーデルン地区から同名の地方貴族であるリーデルン家が興った。この一門の紋章である赤いジョッキは、現在も町の紋章のモチーフとして残っている[3]マインツ大司教領に属したこの町は1803年帝国代表者会議主要決議によってライニンゲン侯領に組み込まれ、1806年バーデン領となり、1810年ヘッセン=ダルムシュタット大公領に移された。1816年フランクフルト・アム・マインで行われたヘッセン/バイエルン会談で最終的にバイエルン王国領となった。1818年の市町村令を含むバイエルンの行政改革により現在の自治体が成立した。

人口推移[編集]

  • 1970年: 2,553人
  • 1987年: 2,680人
  • 2000年: 2,809人

行政[編集]

町長はギュンター・ヴィンクラー (CSU)。町議会は14議席からなる。

スポーツ[編集]

毎年、国際AvD/GAMSCベルクレンネン・ウンターフランケン(ヒルクライムの大会)が開催される。この大会は毎年多くの参加者を集めている。コースは 3.05 kmの長さで、アイヒェンビュールからウムプフェンバッハの間の国道507号線を用いて行われる。

経済と社会資本[編集]

経済[編集]

1998年の公式統計によれば、この町に務める社会保険支払い義務のある被雇用者は、製造業に254人、商業・交通業は0人、その他の産業に務めるのは76人であった。この町に住む社会保険支払い義務のある被雇用者は1,009人であった。

引用[編集]