らい菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
らい菌
Mycobacterium leprae.jpeg
分類
ドメイン : 細菌 Bacteria
: 放線菌門
Actinobacteria
: 放線菌綱
Actinobacteria
: 放線菌目
Actinomycetales
亜目 : コリネバクテリウム亜目
Corynebacterineae
: マイコバクテリウム科
Mycobacteriaceae
: マイコバクテリウム属
Mycobacterium
: らい菌 M. leprae
学名
Mycobacterium leprae
Hansen 1874

らい菌(らいきん、癩菌、学名Mycobacterium leprae)は、ハンセン病の原因となる真正細菌である。分類上、結核菌と同様に抗酸菌に含まれる。1873年ノルウェーアルマウェル・ハンセンによって発見された。

細菌学的特長[編集]

細長い桿菌。人工培養できない。ヌードマウスの足底で増殖されることによって得られる。そのためハンセン病の治療薬の開発に困難をきたした。細胞内で増殖する。特に末梢神経細胞に親和性が高い。

結核菌では機能している遺伝子の割合が90.8%であるのに対し、癩菌は49.5%と極端に少ない。そのため、生存と増殖を全面的に宿主細胞に依存している。

世代時間は約11日。霊長類アルマジロにのみ感染する。増殖すると葉巻タバコ状の配列を示す。また、球状の菌塊(らい球)を形成する。

抗酸菌染色で染色される。ただし、抗酸性が弱いため組織検査では通常のZiehl-Neelsen染色よりも変法のFite染色が診断に活用されている。

関連項目[編集]