マイコバクテリウム属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイコバクテリウム属
TB Culture.jpg
結核菌のコロニー
分類
ドメイン : 細菌 Bacteria
: 放線菌門
Actinobacteria
: 放線菌綱
Actinobacteria
: 放線菌目
Actinomycetales
亜目 : コリネバクテリウム亜目
Corynebacterineae
: マイコバクテリウム科
Mycobacteriaceae
: マイコバクテリウム属
Mycobacterium
学名
Mycobacterium
Lehmann and Neumann 1896
下位分類(種)
他100種以上
(代表種は#本文参照)

マイコバクテリウム属(マイコバクテリウムぞく、Mycobacterium、ミコバクテリウム属)はグラム陽性細菌に分類される真正細菌の一属。

  • ラテン語の接頭辞「myco-」はギリシア語「キノコ(μυκης)」の借用語で、「カビ(fungus)」「ロウ(wax)」の両方の意味をもつ。古典ラテン語だとミュコバクテーリウムと発音し、慣例ではミコバクテリウムとも表記される。
  • グラム陽性菌のグループに分類されているが、細胞壁にロウ質であるミコール酸を含むため染色されにくくグラム不定型である。一旦染色されると、酸アルコールによる脱色に抵抗性を示すため、抗酸菌(acid fast bacteria)とも呼ばれる。

特徴[編集]

代表的な菌種[編集]

  • 結核菌群
ヒト型結核菌 (M. tuberculosis):ヒトに対して結核を引き起こす菌
ウシ型結核菌 (M. bovis):ウシに対して結核を引き起こす菌、継代培養されたものはBCGワクチンとして利用されている。
ネズミ型結核菌 (M. microti):ネズミに対して結核を引き起こす菌
  • 癩菌群
ライ菌 (M. leprae): ライ病を引き起こす菌
  • 非結核性抗酸菌群
Mycobacterium avium (ヒト肺非結核性抗酸菌症を起こす菌の代表)
Mycobacterium intracellulare
Mycobacterium kansasii
ヨーネ菌 (M. avium subsp. paratuberculosis):ヨーネ病を引き起こす菌。
Mycobacterium ulcerans(人に対してブルーリ潰瘍を引き起こす)


参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]