がん漬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

がん漬(蟹漬、がんづけ)は、干潟に生息する小型のカニを利用した塩辛の一種である。有明海沿岸で作られる郷土料理[1]で、地域によってがね漬がに漬真がに漬などとも呼ばれる。

がん漬け

作り方[編集]

干潟で活動するシオマネキヤマトオサガニアリアケガニなどのカニ[2]を漁獲して殻ごと砕き、調味料と唐辛子を加えて発酵させる。味は地域や製造元によって異なる。殻の砕き方は、歩脚がそのまま残る程度に粗く砕いたものと、数mm程度の破片になるまで細かく砕いたものの二つに分けられる。完成品は濃い緑褐色をしている。多くは瓶詰めで販売されており、有明海沿岸域の食料品店や土産物店で入手できる。

食べ方[編集]

飯の供やとして食べられるが[1]、独特の風味と殻の感触があり、地域外の人は抵抗を感じることもある。

脚注[編集]

  1. ^ a b 豊田(2006):36ページ
  2. ^ 全国料理研究会柊会(1974)によると、シオマネキ以外にも「マガニ」、「つま赤がに」、「とうもろがに」、「いしもちがに」、「よしがに」というカニが使われることがあるという。

参考文献[編集]

  • 豊田謙二監修 『九州宝御膳物語 おいしい郷土料理大事典』、西日本新聞社、2006年
  • 全国料理研究会柊会 『日本の郷土料理』、ドメス出版、1974年

関連項目[編集]