Zalo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Zalo(ザロ)は、ベトナムIT企業VNG英語版が開発したモバイルメッセージアプリ2012年8月ベータ版リリースされ、11月に正式版がリリースされた[1][2]

概要[編集]

Zaloは、「Zing」とベトナム語で「もしもし」を意味する「Alo」を組み合わせて名付けられた。同社のブランド名は「Zing Game」、「Zing Mp3」、「Zing Me」などこれまではすべて「Zing」を冠し統一されており、当初は「Zing Talk」を予定していたが、「モバイルファースト」戦略として、名前も一新し"古きを脱ぎ捨て、新しいものに力強く立ち向かって行く"ことを象徴し「Zalo」と決定された。VNGでは、社運をかけ「Zalo」構築のために「Zing Me」などの同社の他のプロジェクトチームのメンバーの移動も行ったため、「Zing Me」のアップデートが一時行われなかったこともある。Zaloチームのスタッフ数は約80名。半数がエンジニアで、その他、マーケティングデザイン、ビジネス開発、サポート部門を要する。コンセプトは、コミュニケーションを前面に出すことで、エンターテイメントに強いLINE、ソーシャル性にたけた「KakaoTalk」と差別化を図っている。チームは、もっとも消費者が重要視する要素はコミュニケーション性だと判断した。コミュニケーション的要素をしっかり確立したうえで、ゲームなどの他の機能を充実させたい意向である[1][2]

機能[編集]

Zaloのコミュニケーション要素で特徴的なのは、海外のアプリでは主要な機能ではない恋愛教育イベントといった特定のトピックに関するグループチャット機能があることだ。その他、写真機能はもちろんのこと、ベトナム市場専用のスタンプが多く用意され、WeChatにも見られる近くにいる人を見つける検索機能、マイクロブログを通じ、友達セレブフォローする機能など[1][2]

シェア[編集]

人口9000万人近いベトナムのモバイル市場は大きく、現在Facebookが参入しているが寡占状態には至っておらず、メッセージアプリ市場がシャアを競っていたが、2016年現在では、Zaloが2013年Android版、iOS版、Symbian版でモバイルメッセージアプリの大規模なアップデートをリリースしVIPマイクロブログ機能を付与、Retina対応アプリのアイコンを付け加えたことから、FacebookとZing Meに対して優位に立っている。2012年8月にベータ版をリリースし、わずか5カ月後の2013年1月末現在で50万人を超えるユーザーを獲得した[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Zalo公式サイト
  2. ^ a b c d THE BRIDGE

関連項目[編集]

外部リンク[編集]