Woody-Rinn

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Woody-Rinn(うっでぃりん)は、長野県出身のソフトウェア開発者、漫画家イラストレーター森林林檎(もりばやし りんご)、森林りんごとも。

概要[編集]

本業はゲーム会社のプログラマとして勤務し、その傍ら「森林林檎」あるいは「森林りんご」名義で、商業誌・同人誌問わず様々な媒体で漫画イラストを手がけた。漫画は、大友克洋を意識した劇画調の背景・メカと、萌え絵的な美少女を組み合わせた、個性的な画風である。ちなみにWoody-Rinnは、森林りんご名義の漫画作品「RINNちゃんの事件簿」に登場する、主人公の美少女ロボットの名前でもある。

オンラインソフトウェア作家でもあり、草の根BBSであるパソコン通信の「まきちゃんNET」(改名後は「まぐろBBS」)に参加して、画像ファイルフォーマット「MAKI」「MAG」や、グラフィックソフト「鮪ペイント」などを手がけた[1]。MAGはMS-DOS時代の日本のお絵描き(ドローイング)系の16色画像ファイルの事実上の標準フォーマットとなり、鮪ペイントは後に改良が加えられて「マルチペイント」として市販された。以後はWindows用のオンラインソフトやblogツール「rNote」を開発した。なおDOS時代のプログラムの開発にはPascalを愛用していた。マルチペイントはTurbo Pascalで開発された。

作品一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『まぐろのすべて―MAGフォーマット開発秘話』(1995年10月、まぐろBBS、ソフトバンク、ISBN 4-89052-799-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]