MAGフォーマット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

MAGフォーマット(マグフォーマット)は、MS-DOS時代の日本パソコン通信での画像ファイルフォーマットのひとつ。ファイル拡張子は、.MAG

MAG(まぐ)、(まぐろ)、ヘッダの文字列からMAKI02、とも呼ばれる。

概要[編集]

MAKIフォーマットの後継の画像圧縮フォーマットとしてWoody-Rinnによって、1991年に発表された。草の根BBS「まきちゃんネット」上で、1991年2月13日に仕様書が公開。2月27日に草の根BBS「似非」で発表された画像表示プログラム「まぐろーだー」から転じて「鮪だ!」「マグロ」とも呼ばれる。

前身のMAKIフォーマットよりも圧縮率が高く、MAKIフォーマットでは16色のみだったのが256色もサポートする。横640ドット、縦400もしくは200ドットに画像サイズが固定されていたMAKIフォーマットに対して、画像サイズも自由になっている。

フォーマットの仕様書が公開されたこともあり、パソコンの各機種に移植され、1990年代半ばにインターネットのWWWが普及するまでは、日本で使われる標準的なグラフィックフォーマットの一つとして、PICPiと共に主流になっていた。

PC-9800シリーズ用のMS-DOS環境においてMAG形式は、21世紀におけるJPEG形式やGIF形式と同様の地位を築いていた。同じくWoody-RINNの開発で、MAG形式をサポートするフリーウェアグラフィックソフト「鮪ペイント」の存在も普及に一役買った。「鮪ペイント」は、後に改良が加えられ、1992年には「マルチペイント」として市販された。

圧縮は可逆圧縮で、基本的なアルゴリズムは、横4ドット(16色の場合。16ビット分)のパターンに注目し、既にロードされている左上方向の近隣15箇所(経験で決められた位置)に同じパターンがあれば、その位置を表す4ビットに符号化・圧縮する。さらに直前の行の符号と比較し、同じであれば符号自体を省略する。符号が省略されたかどうかはビット列化して持っている。提案者曰く「2次元に拡張されたLZSSみたいなもの」。16色画像の圧縮率は割合高いが、256色の圧縮率はそれほど高くない。画像データに特徴的なパターンの圧縮のみに特化[1]し、MPEGなどに見られる、情報理論的な圧縮をフォーマットに含むことはせず、画像配布などにおいてはLHAなどによる圧縮を前提としている。

1990年代後半、マイクロソフトのWindows 95発売以降、当時の標準機であったPC-9800シリーズの同OSへの対応とともに、それまでの同時画面発色数16色というハードウェア的な制限が緩和されていった結果、より多色表示を標準サポートし、圧縮率の高いグラフィックフォーマットへと主流は移行していった。さらに、インターネットが普及しウェブブラウザの使う標準画像フォーマットとしてGIFとJPEGが普及するに至り、現在は新規にMAG形式の画像が作成される機会はほとんど無くなっている。

参考文献[編集]

  • まぐろのすべて―MAGフォーマット開発秘話(1995年10月、まぐろBBS、ソフトバンク、ISBN 4-89052-799-0

[編集]

  1. ^ 詳しく説明すると、次のような考え方である。画像をベタなデータで表現するなどし、それを普通のファイル圧縮などに掛けた場合を想定すると、すぐ真横に隣り合ったドットであればその類似は圧縮のためのデータの関連としても有利に働くが、上下のドット間は関連があっても離れたデータになってしまうため圧縮が効きにくいと予想される。そこでMAGでは、画像データであるという特性を生かし、2次元の広がりから類似性を検出して活用する圧縮法にすることで、LHAなどとの併用でより圧縮できるようなものとする。単体での圧縮性能を絶対的に追求したものではない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]