Wikipedia:ビューロクラット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビューロクラット (Bureaucrat)はウィキペディア利用者の区分のひとつで、他の利用者を管理者・ビューロクラットなどにしたり、他の利用者のアカウント名を変更したりするなど、通常の利用者や管理者は使えない一部の機能を使うことができます。この区分は2004年2月に新設されました。

ビューロクラットにできること[編集]

他の利用者を管理者にする[編集]

ビューロクラットは利用者を管理者 (sysop)にすることができます。利用者の登録は誰でもできますが、管理者になるにはビューロクラットが作業をしなくてはいけません。日本語版ウィキペディアのビューロクラットは日本語版ウィキペディアの管理者だけを登録することができます。他のウィキペディアや他の日本語版プロジェクトの管理者を登録することはできません。

ビューロクラットは、他の利用者を管理者にすることはできますが、管理者を普通の利用者に戻すことはできません。スチュワードなら、この作業を行うことができます。

利用者をビューロクラットにする[編集]

ビューロクラットは、利用者をビューロクラットにすることもできます。管理者にするのと同様、ビューロクラットを管理者や一般の利用者に戻すことはできません。これができるのもスチュワードです。

他の利用者を削除者・巻き戻し者・インターフェース編集者にする/除去する[編集]

ビューロクラットは利用者を削除者巻き戻し者インターフェース編集者にすることができます。なお管理者と異なりビューロクラットはこれらの権限を除去することもできます。

利用者のアカウント名を変更する[編集]

ビューロクラットは、利用者のアカウント名を変更することができます。ただし、ウィキペディア日本語版での利用者名変更依頼は受付を終了したため、現在はスチュワードによって対処されます。

ボットステータスを付与/剥奪する[編集]

ビューロクラットは、他の利用者にボットステータス(bot フラグ)を付与したり、他の利用者からボットステータスを剥奪したりすることができます。ボットステータスを付与された利用者の編集は最近更新したページウォッチリストに表示されなくなります。詳しくはWikipedia:Botを参照してください。

管理者権限の行使[編集]

詳しくはWikipedia:管理者を参照してください。

ビューロクラットになるには[編集]

ビューロクラットに就任するためには、二つの条件が必要です。

  • その言語の管理者であること。
  • 管理者任免の基本方針を守ること。基本方針とは、
    1. コミュニティの合意に従い、他者を管理者にする
    2. コミュニティの合意に従い、他者をビューロクラットにする
    3. これらはWikipedia:管理者への立候補での指針に従うものとし、必要なときに立候補/推薦の後の作業、報告を行う。

この条件を満たした希望者がビューロクラットへの立候補での立候補を行い、コミュニティ内で上記内容について信任される必要があります。

ビューロクラットの活動記録[編集]

ビューロクラットの一覧[編集]

特別:登録利用者一覧/bureaucratでも見ることができます。

  1. Bellcricketノート投稿履歴
  2. Jkr2255ノート投稿履歴
  3. Ks aka 98ノート投稿履歴
  4. Penn Stationノート投稿履歴
  5. rxyノート投稿履歴
  6. Tomosノート投稿履歴
  7. Triglavノート投稿履歴
  8. W.CCノート投稿履歴

過去のビューロクラット[編集]

  1. Brevamノート投稿履歴
  2. Gノート投稿履歴
  3. T. Nakamuraノート投稿履歴
  4. Tekuneノート投稿履歴
  5. KMTノート投稿履歴
  6. Sketchノート投稿履歴
  7. Suisuiノート投稿履歴
  8. はるひノート投稿履歴
  9. Chatamaノート投稿履歴
  10. Carkuniノート投稿履歴
  11. ノート投稿履歴
  12. Kanjyノート投稿履歴
  13. 赤の旋律ノート投稿履歴
  14. Vigorous actionノート投稿履歴