Wikipedia:ビューロクラット

ナビゲーションに移動 検索に移動

ビューロクラット (Bureaucrat)はウィキペディア利用者権限区分のひとつで、利用者に管理者権限やビューロクラット権限を付与するなどの権限操作を行うことができます。この区分は2004年2月に新設されました。

ビューロクラットにできること[編集]

利用者に管理者権限を付与する[編集]

ビューロクラットは自分自身がビューロクラット権限を保有するウィキ内に限って、Wikipedia:管理者への立候補で信任を得た登録利用者に対して管理者 (sysop) 権限を付与することができます。利用者の登録は誰でもできますが、管理者になるにはビューロクラットが権限を付与する必要があります。ただし、ビューロクラットは管理者権限を除去することができません。スチュワードは全ての権限を与奪可能なため、管理者権限の除去はスチュワードに依頼する必要があります。

また、ビューロクラットは自分自身がビューロクラット権限を持たない他の言語版やプロジェクトに対する権限操作を行うことはできません。

利用者にビューロクラット権限を付与する[編集]

ビューロクラットは自分自身がビューロクラット権限を保有するウィキ内に限って、Wikipedia:管理者への立候補#ビューロクラットへの立候補・推薦で信任を得た利用者に対してビューロクラット権限を付与することができます。管理者権限の付与と同様に、ビューロクラット権限の除去は行えません。これができるのもスチュワードです。

利用者に削除者・巻き戻し者・インターフェース編集者・アカウント作成者等の権限を付与する/除去する[編集]

ウィキペディア日本語版のビューロクラットは、このウィキ内においてWikipedia:権限申請で信任を得た利用者に対して削除者権限や巻き戻し者権限、インターフェース編集者権限、アカウント作成者権限を付与、または除去します。また定められた条件の下で裁量でこれを付与または除去する事も出来ます。

ボットフラグを付与/除去する[編集]

ビューロクラットは、任意のアカウントに対してボット (bot) フラグを付与、または除去することができます。ボットフラグを付与されたアカウントによる編集や操作は最近の更新ウォッチリストに標準の設定では表示されなくなります。詳しくは Wikipedia:Bot を参照してください。

管理者権限の行使[編集]

ビューロクラットは管理者を兼任しているため、管理者権限なども行使することができます。詳しくは Wikipedia:管理者 を参照してください。

ビューロクラットが過去にできたこと[編集]

利用者のアカウント名を変更する[編集]

ビューロクラットは2014年9月15日まで、ウィキペディア日本語版に登録されている利用者のアカウント名を変更することができました。機能停止以降は グローバル利用者名変更者スチュワード にその役割が引き継がれました。

ビューロクラットになるには[編集]

ビューロクラットに就任するためには、二つの条件が必要です。

  • そのウィキで管理者を務めていること。
  • 管理者任免の基本方針を守ること。基本方針とは、
    1. コミュニティの合意に従い、他者を管理者にする
    2. コミュニティの合意に従い、他者をビューロクラットにする
    3. これらはWikipedia:管理者への立候補での指針に従うものとし、必要なときに立候補/推薦の後の作業、報告を行う。

この条件を満たした希望者がビューロクラットへの立候補での立候補を行い、コミュニティ内で上記内容について信任される必要があります。

ビューロクラットの活動記録[編集]

ビューロクラットの一覧[編集]

特別:登録利用者一覧/bureaucratでも見ることができます。

過去のビューロクラット[編集]

  1. Brevamノート投稿記録
  2. Gノート投稿記録
  3. T. Nakamuraノート投稿記録
  4. Tekuneノート投稿記録
  5. KMTノート投稿記録
  6. Sketchノート投稿記録
  7. Suisuiノート投稿記録
  8. はるひノート投稿記録
  9. Chatamaノート投稿記録
  10. Carkuniノート投稿記録
  11. ノート投稿記録
  12. Kanjyノート投稿記録
  13. 赤の旋律ノート投稿記録
  14. Vigorous actionノート投稿記録
  15. rxyノート投稿記録
  16. Triglavノート投稿記録
  17. W.CCノート投稿記録