このページは無期限半保護されています。(半保護の方針による半永久的な半保護)

Wikipedia:管理者への立候補

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

管理者への立候補はここで出来ます。また、ビューロクラットチェックユーザー係オーバーサイト係への立候補もここで扱います。巻き戻し者削除者インターフェース編集者についてはWikipedia:権限申請をご覧ください。

管理者に必要とされる資質や現在の管理者については、Wikipedia:管理者を参照してください。また、辞任についてはWikipedia:管理者の辞任、解任についてはWikipedia:管理者の解任を参照してください。

キャッシュを破棄

ガイドライン

  • 現行のガイドラインは2004年11月20日に導入されたものです。
  • 2013年1月、ノートの議論により、RFAページは半保護下に置かれることになりました。

立候補

現在のウィキペディア日本語版では、ウィキペディアでしばらく活動した参加者で、コミュニティのメンバーに広く認知され信頼されている人なら誰でも管理者に立候補することができます。多くの参加者が、信頼できる管理者は多ければ多いほど良いということに同意していると見られます。

ウィキペディアンの多くは、数ヶ月間アカウントを持つ参加者として活動し、他の参加者と度々衝突することがなく、その間多岐にわたる記事を作成し、貢献をした人々を支持します

もしあなたが管理者に立候補したいなら、適当な期間、すなわちあなたが信頼するに足ると示すのに十分な期間(数か月単位)、ウィキペディアンとして活動なさることをお勧めします。多くのウィキペディアンが、管理者への立候補者に少なくとも3ヶ月以上・500編集以上の経験を期待しているものとみられます。誰もがあなたの立候補に対しコメントを述べることができます。もしかすると新しく手に入れた権力の乱用を危惧したり、もっと経験をつむべきだという理由で保留の意思を示されるかもしれませんが、あなたの投稿履歴が信頼に応えうるものならば、あなたを支持し、あなたのいいところを述べてくれるでしょう。 (後述の「#管理者への立候補を考える際のチェックリスト」も参考にしてください)。

管理者への立候補を考える際のチェックリスト

管理者に立候補するには、アカウント作成後、ある程度活動していることが求められます。それ以上の立候補資格は具体的には決まっていませんが、これまでの信任投票の質疑とコメントのログを見ると、どんなことが求められているか分かります。 以下、立候補を考えるときのチェックリストを示します。

初めての編集から3か月以上たっていますか?
過去5年間に、ウィキペディア日本語版における初めての編集から立候補時点までの期間が3か月未満の候補者で信任された人はいません。
総編集回数は500回以上ありますか?
過去5年間に、立候補した時の総編集回数が500回未満の候補者で信任された人はいません。500回でも少ないと考える人がいます。なお、あなたのアカウントで何回編集を行っているかは個人設定で確認することができます。
Category:ウィキペディアの方針Category:ウィキペディアのガイドラインにある重要なページは精読しましたか?
方針ガイドラインにはどんなものがあるか、十分理解していないと、管理者として活動するのは難しいです。
Wikipedia:管理者が心得るべき文書の一覧も精読して下さい。
もし他の利用者と衝突した場合、冷静・慎重に議論できますか?
管理者に限ったことではありませんが、誰かと衝突したり非難されたりしたときに、冷静さを失って暴言を書いてしまうと、困難な状況に陥ります。
成年に達していますか?
立候補者が日本国民の場合、日本国民法第4条に規定されている20歳をもって成人とします。
管理者は成人年齢に達しているべきだと考える人もいます。そのため、未成年者が立候補すると「立候補にあたって、保護者の方に相談しましたか?」「立候補することについて、保護者の方の許可は貰っていますか?」という質問が続くかもしれません。
Wikipedia:内容に関する免責事項も精読して下さい。
立候補の手順は分かりますか?
まず、この手続きが最後まできちんとできないと、信任は難しいです。説明や過去ログをよく読んで、手続きを進めましょう。

※さて、上記の質問にどのくらい「はい」と答えられましたか?「いいえ」が混じっていても立候補は可能ですが、「いいえ」がある場合は管理者への立候補はもう少し後にしたほうが良いかもしれません。

信任プロセス

質疑と投票をそれぞれ7日間行った結果、その人が管理者権限を得るのにふさわしいとの合意が得られたら、ビューロクラット権限を持つ人が管理者権限を付与し、その事実をWikipedia:管理者に記載します。

投票の資格

管理者の信任に当って、賛否を表明できるのは次の条件を満たすログインユーザーに限られます(以下「有権者」)。

  • 初めて編集した時から候補者立候補時までに1か月以上を経過していること(1か月とは立候補が提起された時刻の前月同日同時刻を指します)
  • その間、標準名前空間(記事名前空間)を50回以上編集し、候補者の立候補時から遡って直近1か月間の標準名前空間の編集回数が5回以上あること
  • 推薦の場合は、推薦者も投票する事ができます(自薦(立候補)の場合は除く)

標準名前空間の編集回数は、移動、保護、保護解除などの履歴を含め、利用者の投稿記録において標準名前空間の編集として表示されるもの全てを数えるものとします。

不適切なコメントへの対処

  • 不適切なコメント等があった場合には、承認されたユーザなら誰もが対処することができます。
  • 不適切なコメントは、コメントアウトする事ができます。但し、有権者はコメントアウトの必要がないと判断したらそれを復帰できます。復帰されたコメントを他のユーザが除去する事はできません。

質疑と投票の形式

  • 管理者の信任の可否については、1週間、定められた方式で質疑・議論を行い、その後、1週間の投票(168時間)を行います。
  • 信任投票は以下のように進行します。
    1. 一次質問期間
      • 最初の3日間質問を受け付けます。
      • 一次質問にはなるべく最初の5日間で回答することを推奨しますが、実際にはいつ回答してもかまいません。
    2. 二次質問期間
      • 次の3日間に候補者の回答に対する追加の質問を受け付けます。
    3. 再回答期間
      • 追加された質問に対して、候補者が回答するための回答期間の予備日を1日設けます。
    4. 投票期間
      • 1週間投票を受け付けます。
  • 一次質問、二次質問ともに、実際にはいつ回答しても構いませんし、その質問が答える必要の無いものだと考えれば答えなくても構いません。いつ回答するか、あるいは回答を見合わせるかは候補者の判断に任されます。
  • 質疑期間中に不慮の事故があった場合には、質疑は最初からやり直しとなります。質疑をやり直すかどうかの判断はビューロクラットが行います。
  • 投票期間が終了した時点で、10票以上かつ有効投票の内4分の3以上の賛成票を得た場合に候補者は信任されます。

賛否表明の形式

  • 投票期間中は、すでに表明した賛否の意思表示の変更を行うことができます。

投票する時は、まずキャッシュを破棄して現在の投票の状況を確認してください。確認後「賛成」節の上にある文字列をコピー&ペーストし「◆投票者名」部分を自分の利用者名([[利用者:○○|△△]]の「○○」の部分のみ。◆は残さないでください)に書き換え、「賛成」「反対」のいずれかの節に記入して投票してください。JavaScript機能を有効にしている利用者は、コピー&ペーストするだけで投票が完了できます。詳しくは利用者名抽出機能の設定方法を参照してください。

賛否表明およびコメントの形式は次の通りです。

賛成
# {{subst:管理者への立候補/sign|A|xxxxx|}}
# {{subst:管理者への立候補/sign|B|xxxxx|}}
# {{subst:管理者への立候補/sign|D|xxxxx|}}
# {{subst:管理者への立候補/sig2|xxxxx}}
# {{subst:管理者への立候補/sign|F|xxxxx|}}
反対
# {{subst:管理者への立候補/sign|C|xxxxx|}}
# {{subst:管理者への立候補/sign|E|xxxxx|}}
# {{subst:管理者への立候補/sig2|xxxxx}}
# {{subst:管理者への立候補/sig2|xxxxx}}
コメント(質問をここには書かない)
* ~~~~ - ○○さんは……。
質疑
  • 自分の利用者名の横に[履歴]というリンクが現れます。このリンクをクリックすると、候補者立候補時までの自分の標準名前空間の投稿履歴を確認することができますので、投票資格を満たしているのか投稿前にプレビューして確認することを推奨します。候補者立候補時までの標準名前空間での投稿回数が50件以上ある場合、(次 49)のリンクが有効となります。
  • 直接「/sig-l」テンプレート呼び出し文をコピー&ペーストせず、各投票ページ毎に設置されているコピー&ペースト用の雛形を利用してください。「/sign」テンプレート呼び出し文または「/sig2」テンプレート呼び出し文を指示通りに記入し投稿することで、自動的に「sig-l」テンプレートに変換されます。
  • 投票のテストは投票サンドボックスで行うことができます。
  • 投票期間終了間際の投票は編集競合やサーバーダウンによって投票期間終了時間までに投票が完了しないことがありえます。編集競合やサーバーダウンによって投票が投票期間終了時間までに完了できなかった場合にも救済措置はありません。

賛否の集計

  • 賛成と反対票のみを有効な投票として数え、賛成票の占める割合で判定します。
  • 判定は管理者が行い、信任の場合ビューロクラットがそれを受けて管理者権限を付与した後、本ページおよびWikipedia:コミュニティ・ポータルに報告を行います。
  • 判定をする管理者が投票をしたかどうかは問いません。
  • ただしビューロクラットは、管理者権限を付与した後その旨を報告することで、事前の判定投稿を省略することが出来ます。
  • なお無効票の確認、信任に至らなかった判定は、管理者を含め有権者がこれをすることができます。
    →判定の手順
  • 有効な投票権者による書式不備投票は投票期間内であれば誰でも正しい書式に修正することができます。書式不備投票の修正についても上記「判定の手順」を参照してください。
  • ビューロクラットは、管理者権限を付与すると同時に、必要がなくなった下位権限(巻き戻し者/削除者/インターフェース編集者)を除去します。

投票期間の延長

以下の場合には、投票期間を最大1週間延長することが出来ます。

  • 立候補者または推薦者が、投票期間が終わる前に期間延長の希望を申し出たとき
  • 不慮の事故などによりビューロクラットが必要と判断したとき
変更が必要となった場合(ビューロクラット向け)
Template:管理者への立候補に書いてある方法に従って変更してください。立候補サブページでは、変更の必要な箇所のコメントアウト部分に●印が記入されています。

コメント

説得力のあるコメントは他人に大きな影響を与える力を持っています。たった1行のコメントが反対者を支持者に(あるいはその逆に)変える事もあります。誰が見ても納得のいくようなコメントにすることを心がけましょう。

あなたがコメントしたくなるのは候補者がガイドラインに準じた、あるいは反した行動を取っていたことが記憶に残っているからでしょう。ウィキペディアへの投稿は全て履歴が残っており、それへのリンクを含める事であなたのコメントをより説得力のあるものに変えてくれるでしょう。もちろん、あなたの思想、信条に基づいてコメントをつけることも可能です。

  • 良いコメントの例
    • ~~~~ -「管理者が増えることは良いことだ」という観点から支持します。もちろん、☆☆☆さんが資質が無いと判断できる行動を示せば躊躇なく罷免動議します。
    • ~~~~ - ☆☆☆さんは[[ノート:かんなにらせ]]において、中立的な立場で論争を見事にまとめてくれた手腕から管理者に相応しいと思います。
    • ~~~~ - ☆☆☆さんは[[ノート:きくまのりれ]]で投稿履歴を参照せずに署名を見ただけで一方的に非難を行った経歴を持ち、また、[[ノート:こみもねるめ]]ではダブルスタンダードを平然と行っているので慎重さや中立性に欠け、管理者として認められません。

悪いコメントは、根拠無く相手を批判/賛美したり、候補者と直接関係の無い話題を示す行為を指します。これらは論議妨害に相当するので予告無く除去されることがあります。

  • 悪いコメントの例
    • ~~~~ - 反対
    • ~~~~ - ○○○さんが賛成(反対)しているから賛成(反対)。
    • ~~~~ - ○○○が推薦しているから反対。そもそも○○○は管理者の資質に欠け常識をわきまえない(以下略)
    • ~~~~ - ☆☆☆さんとは個人的にも知り合いで、昔から専門紙に寄稿するなど知識も豊富で(中略)Wikipediaの発展に(後略)

立候補・推薦するには

2017年11月20日 (月) 02:20 (UTC) 現在の状況です。 - キャッシュを破棄

管理者への立候補・推薦

注意: 推薦は、事前に被推薦者の承諾を得る必要があります。ある参加者を推薦しようとする際は、その参加者の会話ページなどを利用して、内諾を取り付けてください。その後このページに推薦して、被推薦者には、推薦を受諾する旨をこのページに書き込んでもらうようにしてください。

新規立候補・推薦は一番上にくるように追加してください。


利用者:Moon.rise

Moon.riseと申します。管理者に立候補させていただきます。 直近にWikipedia:管理者解任の投票/Triglav 20171020などもあり、管理者数は45名になることが予想されます。それまでに行われた各種議論でも、管理者の人数不足はひとつの話題として出てくるものでした。私、Moon.riseは2015年1月29日 (木)にアカウント作成いたしました。早すぎるか、遅すぎるかは分かりませんが、このタイミングで管理者への立候補をさせていただこうと思います。

あくまで参考ですが、2017年の管理者権限行使数の情報です[1]。同じ権限行使1回でも、その手間と時間は様々で一概にはいえないと思いますが、やはり一部の方に負担がいくことで、ありがたくもwikipediaの現状運営が成り立っているように思います。私が管理者に就任します場合には、現状のwikipedia編集時間から20%程度を管理者作業に振り替えて、例えば一週間に1~2時間程度、例えば裁量ブロックやブロック依頼終了などの十数件程度、管理者作業でお手伝いできればと思いました。 管理者に信任されている(一般利用者には制限されている)機能は多岐に渡ります。個人的にできると思うことから、無理せずにやっていくのがボランティアの要点です。特にということで挙げますなら、最初は裁量ブロックやブロック依頼終了のうちの、分かりやすいものから対処していくようになると思います。

私は、管理者という名称よりもsysopであり、制限機能を信任された作業者であり、用務員ととらえるのがより実情に近いのではないかと考えています。立候補する者は「第一に方針・ガイドラインの理解」「第二に冷静な議論のできるコミュニケーション能力」が欲しいものだと思います。

さらに、めずらしいことかもしれませんが、就任当初半年間について独自に「4公約」を宣言したく思います。

  • 就任より以前からある依頼には対処しません
特に削除依頼やブロック解除申請にて、保留案件をお見掛けします。それは現役管理者の方々が判断と対処に悩むような難しい案件だと思われます。新人管理者がいきなり対処しようとするのは無理があることでしょう。
  • 深見系パペットに関係するブロック・保護その他には対処しません
私は比較的最近にWikipedia:投稿ブロック依頼/深見東州記事、政治家記事を中心とするミートパペット群の件に深く関わりました。自らの判断を曇らせないためにも、当面はこれに直接対処しません。
  • 管理者作業に大幅な時間を注ぎ込むことはいたしません
噂としてではありますが、管理者作業に没頭して時間の自由を奪われてしまい、疲れ切って退任していく方もいらっしゃったとお聞きします。私は自ら疲弊したくて管理者立候補をするのではありません。それは私にとっても危険であり損なことです。
  • 約半年間の時点で自身へのコメント依頼を提出します
本当は自身への解任動議(信任投票)ということもよいのかもしれませんが、一段階やわらかくしてコメント依頼といたします。もちろん、管理者としての活動が適切であったかということについてです。そこでのコメント次第で解任動議(信任投票)に移行しうることを念頭に置いています。

最後に、管理者への立候補での質問についての是非がいわれることがあるようです。それが「管理者立候補への高いハードル」に感じられるのではないかということです。今回、私に関して申し上げますと、是非コミュニティの皆様からの質問を、遠慮なくいただきたいと思います。立候補者に「合意事項を反映する能力」「クレーム対処能力」があるのか、「質においても量においても史上最高の百科事典を目指す」理念を理解しているのか、コミュニティの皆様は質問によってそれを知りたいはずです。

以上、よろしくお願いいたします。--Moon.rise会話) 2017年10月31日 (火) 03:00 (UTC)

審議のスケジュール

以下のスケジュールを確認・投票する前に
このリンクを開いてキャッシュを破棄してください。キャッシュを破棄しないと現在時刻などが更新されません。(現在のウィンドウ/タブで開いてください)

現在の状態はのあるところです。現在時刻:2017年11月20日 (月) 02:20 (UTC)

投票終了

(今後この審議をウォッチ する/しない

  1. 一次質問期間 - 2017年10月31日 (火) 03:00 (UTC) から 2017年11月3日 (金) 03:00 (UTC) まで
    候補者に対する質問を受け付けます。
  2. 二次質問期間 - 2017年11月3日 (金) 03:00 (UTC) から 2017年11月6日 (月) 03:00 (UTC) まで
    候補者の回答に対する追加の質問を受け付けます。
  3. 再回答期間 - 2017年11月6日 (月) 03:00 (UTC) から 2017年11月7日 (火) 03:00 (UTC) まで
    追加質問に対して候補者が回答するための期間です。
  4. 投票期間 - 2017年11月7日 (火) 03:00 (UTC) から 2017年11月14日 (火) 03:00 (UTC) まで
    賛成または反対の形で投票を行います。
投票は終了しました。
賛成/反対
賛成・反対のうち一つを選び、投票してください。
以下をそのままコピー&ペーストしてください(キャッシュを破棄)。
# {{subst:管理者への立候補/sig2|20171031030031}}
ただし、署名に利用者ページへのリンクを含めていない利用者は、以下のように利用者ページへのリンクを第2引数に指定してください。
# {{subst:管理者への立候補/sig2|20171031030031|[[{{subst:ns:user}}:{{subst:REVISIONUSER}}]] ~~~}}

賛成

賛成

  1. 多摩に暇人会話[履歴] 2017年11月7日 (火) 10:43 (UTC)
  2. Yapparina会話[履歴] 2017年11月7日 (火) 13:08 (UTC)
  3. WDS487会話[履歴] 2017年11月8日 (水) 10:50 (UTC)
  4. Hideokun会話[履歴] 2017年11月8日 (水) 12:12 (UTC)
  5. ぱたごん会話[履歴] 2017年11月8日 (水) 14:45 (UTC)
  6. 素封家になりたい会話[履歴] 2017年11月11日 (土) 15:20 (UTC)
  7. 雛鳥(Hinadori) [履歴] 2017年11月13日 (月) 21:28 (UTC)
  8. Triglav会話[履歴] 2017年11月14日 (火) 01:36 (UTC)

反対

反対

  1. 市井の人会話[履歴] 2017年11月7日 (火) 03:14 (UTC)
  2. 利用者:Motoriyo Motoriyo会話[履歴] 2017年11月7日 (火) 03:16 (UTC)
  3. Karasunoko会話[履歴] 2017年11月7日 (火) 03:17 (UTC)
  4. rxy会話[履歴] 2017年11月7日 (火) 03:42 (UTC)
  5. Xx kyousuke xx会話[履歴] 2017年11月7日 (火) 03:54 (UTC)
  6. 切干大根会話[履歴] 2017年11月7日 (火) 04:52 (UTC)
  7. Holic 629WTalkCont. [履歴] 2017年11月7日 (火) 05:04 (UTC)
  8. 利用者:昼落ち 昼落ち会話[履歴] 2017年11月7日 (火) 11:57 (UTC)
  9. Yassie会話[履歴] 2017年11月7日 (火) 14:12 (UTC)
  10. ミラー・ハイト会話[履歴] 2017年11月7日 (火) 14:22 (UTC)
  11. Ashtray (talk) [履歴] 2017年11月7日 (火) 14:39 (UTC)
  12. Ruinesan会話[履歴] 2017年11月7日 (火) 15:03 (UTC)
  13. みなみのうお座αTalk[履歴] 2017年11月7日 (火) 17:21 (UTC)
  14. Aoioui. [履歴] 2017年11月7日 (火) 17:28 (UTC)
  15. Hisagi会話[履歴] 2017年11月7日 (火) 21:54 (UTC)
  16. north land (会話履歴) [履歴] 2017年11月8日 (水) 07:16 (UTC)
  17. duck775会話[履歴] 2017年11月8日 (水) 10:06 (UTC)
  18. 掬茶会話[履歴] 2017年11月8日 (水) 11:09 (UTC)
  19. Scarlet 1会話[履歴] 2017年11月8日 (水) 13:26 (UTC)
  20. まさふゆ会話[履歴] 2017年11月8日 (水) 13:52 (UTC)

コメント

質問はこちらではなく下の質疑欄に書いてください。

  • 「第一に方針・ガイドラインの理解」という割には検証可能性や独自研究をのせないことや独立記事作成の目安を理解していなさそうな投稿履歴だと思いました。--Karasunoko会話) 2017年11月7日 (火) 03:23 (UTC)
  • rxy会話) 2017年11月7日 (火) 03:42 (UTC) - 普段は余程のことでないと反対も賛成もしないのですが、Special:Diff/66202582 を見て呆れました。「荒らしに構う奴も荒らし」という某匿名掲示板の言葉があります。ウィキペディアは百科事典やウィキの性質上、本来なら放置すべき荒らしではあるものの、放置すると百科事典やウィキという性質上問題になるために仕方なく対応している側面があります。それにもかかわらず、このように愉快犯に対して不必要に餌を与えるような行為をなさった方を管理者として信任することは到底できません。
  • Motoriyo会話) 2017年11月7日 (火) 03:47 (UTC) - Wikipedia:コメント依頼/HmanおよびWikipedia:投稿ブロック依頼/Moon.riseで何の問題もないことが明らかになっていますが、それにしても「人の噂も七十五日」じゃないですが、早計の気がしますので反対させていただきます。--Motoriyo会話) 2017年11月7日 (火) 03:47 (UTC)
  • Xx kyousuke xx会話) 2017年11月7日 (火) 04:23 (UTC) - 管理者として必要なのは、方針・ガイドラインの十分な理解と、権限行使した際のロジカルでわかりやすい説明であることは論を俟ちませんが、それに加えて他の利用者との対話の際のポイントをつかむ、ということが挙げられると思います。その点で申し訳ありませんが、大きな不安があります。例えば今回の立候補に対する最初の質問のポイントは「最初から一番難しいと言われる裁量での権限行使をしていく」「ご自分の能力を高く評価されている」というフレーズだったのではないでしょうか。しかし立候補者はそこはスルーした上で、 (嬉々として) ご自身の行動を武勇伝のごとく滔々と語ってしまっています。しかもその締めくくりは、「私が決してぼんやりと眺めていたわけではないことは示せたかと思います。」「関連する投稿履歴に目を通し、慎重に判断することが必要だ、と申し上げたかった」と、とても「ご自分の能力を高く評価」している根拠となるようなものではありません。このような行動が以前より散見され、管理者として他の利用者と対話した際に多くのトラブルが起こることが懸念されるため、反対とさせていただきました。
  • 管理者ではなく、削除者や巻き戻し者といったまずは機能が限定されたものに立候補していただければと思いました。経験が浅い利用者にはどうしてもその資質を確かめようといろいろと質問が来ます。それはやはり管理者が前述権限をもった利用者に対して、他者の利用を制限できるブロック権限を持っているからであって、ちゃんとした判断ができるのか、説明責任は果たせるのかといったことを履歴や質問から判断しませんといけませんから。一度管理者になった場合、解任を目指すというのは難しい道のりになりますし。またツイッターとかでも立候補のたびに話題になりますがいわゆる「圧迫面接」的な質問。今回そういった質問があるかは判断しませんが、なかなかに手厳しい質問が多かったのではないでしょうか。そういうのに精一杯回答していることにたいしては好印象で、結果はどうであれ今後も管理者ほかを目指すのであれば今回のことを糧に成長できると思います(私だったら二次質問期間にいただいた一次質問、再回答期間にいただいた一次質問なんか答えないかもしれません)。裁量ブロックは簡単ではないとか、荒らしに対しては粛々と対処していくとか、もっと削除依頼にかかわるとか言いたいことはいろいろとありますが、今後に期待して賛成票を入れさせていただきます。--多摩に暇人会話) 2017年11月7日 (火) 10:54 (UTC)
  • 赤リンクの利用者ページを踏むと、"「利用者:○○」を作成中"って出てきて、(=゚ω゚=;)ドキッ!!!っとするので、カスタム署名で利用者ページへのリンクをなくしておいてもらえるとうれしいかも。それではグッドラック。d(・∀<)--Yapparina会話) 2017年11月7日 (火) 13:34 (UTC)
  • こちらでは、Moon.rise氏は要観察人物であるとは思っていますと確かに申し上げました。結果的に深見関連RfBやTriglav氏RfDAでは、相手のほうにより問題のある行動が見られたために、前者は一網打尽に無期限ブロック、後者は解任となりましたが、これなど、勝ち誇ったような行動を見るに、本候補者に対する疑念はますます強まることこそあれ、全く払拭されません。あまり勝ち誇ったような行動を続けているとどういうことになるのか、Wikipedia:投稿ブロック依頼/Nanafa 08072015 追認などを他山の石とされたほうがよろしいでしょうと、警告しておきます。
    また、「管理者見習い制度」には明確に反対します。方針に反する「現役管理者/見習い」のような上下関係を作り出そうとすることにまず、とても賛同できません。たとえ「見習い」を必須としなかったとしても、「見習い」を経ずにいきなり管理者に立候補しようものなら、RfAで「まずは見習いからだ!」と言わんばかりに反対票が積み上がり、「見習い」が事実上必須化されることは目に見えています。そうなってしまえば、優秀な人であればあるほど、管理者としての業務はこなせても、「見習い」「弟子」として現役管理者との上下関係に耐え切れずに、結局管理者への道を断念/放棄することにもつながりかねません。つまり、「見習い制度」を創設することは、上下関係は全く無いとする方針に真っ向から反するのみならず、管理者へのハードルが低くなるどころか、ますます高くなることが容易に予想されますので、明確に反対します。Yassie会話) 2017年11月7日 (火) 14:12 (UTC)
  • 既に指摘されている荒らしへの対応(特別:差分/66202582)もそうですが(別のユーザーの名前を出す必要はないでしょう)、荒らしの利用者ページにテンプレートを貼る際、このような要約(特別:差分/66202601)を書く必要もないでしょう。また、少し前の話ですが、ご自身の会話ページにこのような記述(特別:差分/65699332)をされ、1日半ほど放置してから消しておられました。この頃にはWikipedia:投稿ブロック依頼/深見東州記事、政治家記事を中心とするミートパペット群でのコミュニティの意見は固まっており、たとえその後どのような可能性があったにしろ、このような発言で相手を煽る必要はないはずです。これは管理者でないという意味での一般ユーザーとしてのMoon.riseさんの管理行為に対するアクションなのですから、もし管理者になれば、この行為の延長線上に管理者としての管理行為が発生するわけです。そういった意味では信任できないと判断しました。--Aoioui. 2017年11月7日 (火) 17:32 (UTC)
  • 質疑に私のことが言及されているので、簡単にその点からこの利用者についての私の評価を言及しておく。内容は客観的ではないので、自由に取ってもらって構わない。私ははっきり言って、直近のミートパペット群とこの利用者の行動を見て、ウィキペディアの編集に関わることに意味がないことを悟った。ノート:政教分離の歴史で私が一流の研究者による率直に言ってかなり信頼性の高い出典を示しつつ、研究史も振り返った上で「政教分離がヨーロッパ起源であることは学界の常識として認めうる」ということを(それも記事に反映させるべきといったわけではなく、単なる参考意見として)述べたのに対し、この利用者は文献を示して議論をすることなく、頭ごなしに否定することしかしなかった。そのときの私の印象はこの利用者は口では「調停しましょう」と善意の第三者を装いつつ、実際には勝ち馬に乗って少数派を晒し上げて楽しみたいだけの単なる議論屋であり、百科事典の在り方・質・発展性の問題などこれっぽっちも考えていないであろうということである。ゆえに管理者には端的に向かないし、このような利用者が大手を振って歩くようではコミュニティは疲弊するだけ。--硯箱会話) 2017年11月8日 (水) 07:33 (UTC)
  • Hideokun会話) 2017年11月8日 (水) 12:17 (UTC) - 約束されたことを守るという前提で。この手の立候補でよく見られる減点方式ではなく、加点方式で考えております。
  • Scarlet 1会話) 2017年11月8日 (水) 13:31 (UTC) - 申し訳ございません。今回は反対票を投じさせていただきます。少し「売り言葉に買い言葉」な方なのかと直近のSpecial:Diff/66202582で思いまして、冷静な判断が必要とされる管理者としての活動は現時点ではちょっと不安を感じてしまいます。今回の立候補に対してのコメントへの回答は非常に丁寧で、そういった面は好感なのですが・・・。
  • duck775会話) 2017年11月9日 (木) 15:53 (UTC) - [2]で編集統計を見たところ、commons.wikimedia.orgへの投稿がありませんでした。管理者になるとなると、一般利用者から画像ファイルなどの投稿に関して質問があるかもしれません。ガジェットなどの技術的なところへ関与しないなら、ウィキペディアに関連するウィキメディアコモンズへ投稿がないのはダメだと考え、反対としました。
  • 質問に丁寧に回答されているようですので賛成としました。Wikipedia:創作物を基にした逐次的な編集についての質問は立候補者の方が活動開始されるより随分前の案件であり、答える必要はなかったとも思いましたが。管理者権限を所持していると一般の利用者の方々から色々と相談事を受けることもありますが[3]、そうしたときでも誠実に対応してくださるのではないかという印象を受けました。--雛鳥(Hinadori) 2017年11月13日 (月) 21:37 (UTC)
  • Triglav会話) 2017年11月14日 (火) 01:36 (UTC) - 荒らしによるメッセージの反応の仕方にはいろいろな方法があります。吐かれた毒の分だけ吐き返すという今回のやり方は、無視したり、自分で差し戻したり、止めてくださいと注意するよりは、(早く収束させる方法としては)体験上効果的である(つまり与える餌の量はより少ない)と思っています。それらよりも連携して第三者に差し戻してもらうのが一番楽ですね。とりあえず本人は何もしなくていいし、必要であれば自分で戻し返して返事すればよいのですから。ブロックされた時点で荒らし扱いの認識は共有されたのですから、処置者の作業として会話ページを差し戻してあげればよかったし、タイミングで気づけなくても自分の望まない対応を当人がされたのなら気づかなかったことを悔いるべきでしょう。非難したその半分は自分のほうに跳ね返っているということを処置者は自覚したほうがよいです。あと他の方も指摘されていますが、別のユーザーの名前を出す必要はありません(笑)。寛容なのはTriglavか年配の利用者・管理者くらいだけですから、「どうもありがとう、でも利用者名を真似るのは感心しないね」くらいに留めておいてください。
さて本題。「見習い管理者制度」などのアイデアや将来像を提示することは歓迎されます。これからも管理者であるないに関わらず煮詰めていってもらえればよいと思います。全体的には、ここ数ヶ月になってなぜ難しい宗教関連を? という印象です。メインにされているゲーム分野の充実とその関連するウィキプロジェクトへの参加、そして分野内における各員との連携と調整。これら生産面での質の良い活動の積み重ねがアピールポイントとなります。地道ですがコアな部分は大切になさってください。

質疑

質問の受付は終了しました。

  1. こんばんわ。Moon.riseさんの立候補を歓迎します。
    最初から一番難しいと言われる裁量での権限行使をしていくということで、ご自分の能力を高く評価されているのだと頼もしく思います。つきましては、これまで削除やブロックの審議でMoon.riseさんの能力が垣間見れる案件を2〜3示していただけますでしょうか。
    宜しくお願いします。--Mkuu wa Lulu会話) 2017年11月1日 (水) 12:35 (UTC)
    A.Mkuu wa Luluさん、はじめまして。ご質問ありがとうございます。
    回答させていただきますが、実はその前に、Mkuu wa Luluさんにお伝えしなければならないことがございます。今後2017年11月7日 (火) 03:00 (UTC)以降に投票がありますが、その時に、Mkuu wa Luluさんには投票権がございません。Wikipedia:管理者への立候補によりますと、投票の資格として「初めて編集した時から候補者立候補時までに1か月以上」ここまでは満たすのですが、「その間、標準名前空間を50回以上編集」「候補者の立候補時から遡って直近1か月間の標準名前空間の編集回数が5回以上」これを満たしません。
    しかし、いただいた質問は適切で、他の皆様も関心を持たれることと思いますので、お答えさせていただきます(なおルール上もWikipedia‐ノート:管理者への立候補#質問者に資格を設ける提案を見ます限り、お答えして問題ないでしょう)。
    挙げますひとつ目は、Wikipedia:投稿ブロック依頼/創造院 追認です。先に裁量ブロックされていた利用者:創造院会話 / 投稿記録 / 記録アカウントへの追認の是非が審議されました。解除票12・追認票15(他短縮票2)、結果はブロック追認で終了しました。それだけですと「賛否が分かれた審議だったのだな」ということに聞こえますが、そう単純なことではありませんでした。これが終了となった2017年9月6日 (水)から先へ進むこと21日、つまり2017年9月27日 (水)には、Wikipedia:投稿ブロック依頼/深見東州記事、政治家記事を中心とするミートパペット群(および他2件)によって、解除票12人のうち10人が、異常なアカウントとして無期限ブロックされました。実は創造院 追認は、異常なアカウント10票によって、無理矢理に創造院アカウントのブロックを解除させようというものだったのです。
    実際に途中経過では解除票が先行する場面もあり、危ういものでした。私は解除票投票者の不審に気がつきまして(もちろん気がついたのは私だけではなく、他の方もいらっしゃいますが)、審議ページで投稿回数の少ない不自然なアカウントの存在を指摘し[4]、ノートページでとても長い休止期間から投票に出てきたアカウントを指摘しました[5]。その後、「ここでの全体の利用者の投稿記録は大きな判断材料」「本依頼のここまでの議論の推移や一部参加者の活動履歴等に些かならぬ不自然さが感じられる」「特定記事群や関連する依頼に高頻度で現れる利用者群が、決まって統率がとられているかのように動き出す」などを理由に挙げられての追認票が集まり、追認(解除せず)となりました。
    もちろん、私がしたことは「気付いた」「情報をまとめた」ということですので、私がやらずとも他のどなたかがされていたかもしれません。しかし少なくとも、私が決して「ぼんやりと眺めていた」わけではないことは示せたかと思います。またその後、創造院 追認が決着してから、Wikipedia:コメント依頼/創造院追認の解除票投票者を提出して皆様からの情報とご意見を集めさせていただきました。深見東州記事、政治家記事を中心とするミートパペット群へと流れがつながっていきます。
    長くしてしまいましたので、ふたつ目はさらりと行きます。Wikipedia:投稿ブロック依頼/JapaneseA 20171016です。依頼理由を確認するだけではなく、依頼者と被依頼者の編集履歴を追いかけて、和解[6][7]を確認し、早期終了のためにブロック反対票を投じています[8]。いやこちらは、挙げるまでもないような当然のことでしたね。とにかく関連する投稿履歴に目を通し、慎重に判断することが必要だ、と申し上げたかっただと受け止めてください。--Moon.rise会話) 2017年11月1日 (水) 16:30 (UTC)


WDS487と申します。Moon.riseさんの管理者立候補を歓迎いたします。

  1. Moon.riseさんのWikipedia日本語版でのこれまでの活動において、ご自身で適切ではなかったと思われる行動(当初の時点では必ずしもそうだとは判断できないものであっても、その後の事態の推移により結果的にそう判断されても仕方がなくなったものを含みます)があれば1つ提示いただき、その上でその事態についてご自身でどのように収拾をはかられたか、お答えいただけますでしょうか。なお、これは必ずしも回答の中に盛り込んでいただかなくても結構ですが、これまでの活動の中のどの時期のどの事案を提示対象とされるかには、私としては大きな関心を持っておりますことを付言いたします(場合によっては二次質問をさせていただくこととなるかもしれません)。また、そのような事案がもし全くないのであれば、その旨をお答えいただければ結構です。
    A1.WDS487さん、はじめまして。いやWikipedia:コメント依頼/ぽてから 20170831でちらりとお見掛けしました。ご質問ありがとうございます。
    私のもっとも不適切な行動は、今も胸に残るこれしかないと思います。ある日コメント依頼に気がついて、ノート:ヨーロッパにおける政教分離の歴史での議論に途中参加させていただきました。ここでの議論は2016年12月23日 (金)頃からは始まり、私は2017年6月13日 (火)に参加し、2017年7月17日 (月)頃には決着しました。「長すぎる記事の3分割」「強行された(かどうかも議論のある)改名の再改名」「不足分を歴史的に何年頃まで記事範囲として加筆するか」を、結局は無事に終えることができました。そこまでにはかなり、意見をぶつけました。参加者のうちおひとりが、この方が長すぎる記事を守るように抱え込まれて、周囲が異論を出すという展開でした。当時、その方へのコメント依頼もブロック依頼も出された状況でした(ブロック依頼は2017年5月17日 (水)までに見送り終了)。
    ある時点でその方から「以降の議論では歴史に詳しい某氏(別の参加者)にすべて任せます」とコメントをいただいて、議論が回り始めました。しかしその後も要所で長文の「否」をいただきます。議論は何度も険悪な雰囲気になりました。
    ある日、その方から「政教分離が西ヨーロッパ固有だという「歴史学の常識」について」というこれまでの進展をすべてストップさせる長文の主張を受けて、私は激怒しました。その後の投稿がこれです[9]。アルトクールさんと[10]、TENさんに[11]、すぐお叱りを受け、収まって取り下げとお詫びをいたしました[12]。今思っても、議論参加の皆様に、そして対象となったその方に、申し訳ありませんと思うばかりです。私自身でWikipedia:礼儀を忘れないWikipedia:善意にとるWikipedia:議論が白熱しても冷静にを大事にするという思いがあったのですが、いったい何だったのでしょうか。どうして半日でも一日でも離席すれば落ち着くのではないかという、誰でもわかる単純なことが思い出せなかったのでしょうか。その後の議論の進行は、また冷静に戻っていきました。しかし、wikipediaでは(差し戻しでなければ)発言は消えません。挙げた差分の通り「節ひとつ」を打ち立てましたから、その後の議論でもずっと邪魔になるような位置にそれは残り続けていました。もうひとつ。その方は、議論が決着したら自主休憩といわれていました。私はコメントの通り「信じない」と言い切りました。現在、その方は実際に自主休憩されています。これも胸の痛いところです。私の心根の問題だと思います。
    WDS487さんから「これまでの活動の中のどの時期のどの事案を提示対象とされるか」ということですが、これはどうお答えするのがよいでしょうか。日付であれば差分の通り2017年6月20日 (火)、古いものではございません。--Moon.rise会話) 2017年11月3日 (金) 03:15 (UTC)
  2. 昨今あった事案「Wikipedia:コメント依頼/ぱたごん 20171012」に関して、現時点でどう思われるか、Moon.riseさんのお考えをお聞かせいただけますでしょうか。Moon.riseさんは当該コメント依頼にコメントを寄せられていますが、その時点では必ずしも今回の立候補を意識しておられなかったとも思いますので、今回の立候補を受けてMoon.riseさんがもし現役管理者であったとしたら、という仮定の下でのお答えを中心としていただければなお幸いです。
    A2.はい、その時点では立候補は何も意識していないでコメントをさせていただきました。もし現役管理者であっても、コメントには何も変わりはございません。立候補の冒頭部で書きました通り、私にとっては「20%程度を管理者作業に振り替え」るというだけのことで、私からぱたごんさんへの距離が延びるでも縮まるでもありません。実はかなり意外なご質問をいただいたという気持ちです。--Moon.rise会話) 2017年11月3日 (金) 03:15 (UTC)

以上、2点質問いたします。よろしくお願いいたします。--WDS487会話) 2017年11月2日 (木) 10:55 (UTC)

以上、回答させていただきました。特にA1がグダグダな気がして、これでよいのかということは思いますが。--Moon.rise会話) 2017年11月3日 (金) 03:15 (UTC)


Infinite0694と申します。昨今、管理者が不足していると言われている中、立候補していただきとてもありがたく思っております。さて、今回の立候補ですが、少し気になった点がありますのでまず初めにその件について質問させて頂きます。コメント依頼などではありせんので気軽に回答して頂ければと思います。--Infinite0694会話) 2017年11月2日 (木) 14:24 (UTC)

  1. 深見東州系の案件では調査等を快く引き受けて下さり、コミュニティにとってプラスとなっていることは疑う余地がないかもしれません。そんな中、私が「Wikipedia:管理者伝言板/3RR[13]を巡回していたところ、「-深見東州にて3RR違反です。…」なる報告を目にしました。そこで当該の記事を確認したところ、Moon.riseさんによって(-231,207)‎もの大幅な記事の削減がなされており、それをトリガーにして編集合戦が勃発したように思えます。そこで、この件について自由に論点を設定した上で、この先どのようにMoon.riseさんの活動につながっていくのかをお聞かせください。--Infinite0694会話) 2017年11月2日 (木) 14:24 (UTC)
    A.Infinite0694さん、ご質問ありがとうございます。
    「-深見東州にて3RR違反です。…」のその後、はInfinite0694さんからいただいた回答に[14]、了解を返答させていただきまして[15]ノート:深見東州にて削減案検討を進めております。
    さてこの件は、深見東州系のパペット群およびパペットが編集したがる記事群をどうするかという「総論」と、この時にあった深見東州記事ひとつのみを考える「各論」とが考えられます。
    先に総論から参ります。Wikipedia:投稿ブロック依頼/深見東州記事、政治家記事を中心とするミートパペット群にてブロック対処が行われ、それ以降パペット群が活動しない、ブロック破りもしないという結果になるのが理想でしたが、やはりそうはならなかったようです。ノート:深見東州を見れば、あれ以来30日間で、11回の単発IPの投稿を受けています。すでにブロック(WP:SOCK or WP:MEAT)されているのが6件、されていないのが残りです。wikipediaの方針にかなうには、記事はどうあるべきでしょうか? ブロック依頼(深見~)でもすでに「関連の記事群は宣伝的すぎる」といわれており、ノート:深見東州でも単発IPの意見を除けば、削減案まで削減すべきだ、いやもっと削減すべきだ、ということがいわれております。さて、パペット群(と推定されるアカウント)の出現にそれ相応の対処をしない場合で考えれば、記事群の正常化はできるでしょうか? パペット群は主記事の差し戻しをいとわないでしょう。使い捨ての単発IPが3RRブロックされてもいいのですから。ノートページで合意を作るのは、これは現在も進めていますのでこのまま是非やるべきですが、「パペット群と疑われる利用者の意見を常に無視してよい」とでもいう特約がない限り、正常な合意進行であれば、単発IPなりパペット群で常に議論撹乱ができます。ノートページでの合意を徹底して求めるのであれば、今後ワールドメイトみすず学苑あたりまでは必須かと思えます。議論撹乱を相手にしつつであれば、相応の時間がかかるでしょう。そして、合意ができた(+保護期間が終了した)として、パペット群はノート合意を無視して主記事の差し戻しをいとわないであろうと予想します。
    有効なのは大きく2パターンでしょうか。1パターン目は、パペット群への抵抗をまったく諦めるということです。深見東州もこのままにします。パペット群も今のままで満足するか、さらに宣伝加筆をするのでしょうか。このパターンであれば編集合戦は起きません。また、管理者によるブロック対処・保護対処なども無用になります。労力は楽ですが、私は賛成いたしかねます。wikipediaの精神から考えても、深見東州記事を明け渡すのは理想ではありません。
    2パターン目は、パペット群をLTA認定するとか、深見東州ワールドメイトみすず学苑あたりを長期的半保護・全保護にするとか、特別な対策を取ることになります。つまり、パペット群の活動を予防する措置(保護)、および、それっぽいアカウントが編集などしたらすぐに(WP:SOCK or WP:MEAT)としてブロックできる状況を作っておくということです。管理者裁量ブロックという手間をなるべくできるだけ減らすためにも、「1.半保護」「2.LTA認定」「3.各ノート編集合意」という順番が望ましいでしょうか。私の方では順にWikipedia‐ノート:進行中の荒らし行為/長期Wikipedia:コメント依頼/深見系ミートパペットと思われるノート:深見東州投稿の単発IP群ノート:深見東州にて議論を進めております。
    しかし、これというのも実際にパペット群が現れないと、合意形成は進んでいかないでしょう。2017年10月4日 (水)時点で、Infinite0694さんは私に、「当該のIPは明らかな荒らしでないため、リバートを繰り返す正当な理由にもなりません」[16]といわれています。まずこれは、おっしゃるとおりです。2017年10月4日 (水)時点ではIPは「パペット群だろう」という見方も「明らかな荒らしではない」という見方もできます。Infinite0694さんが記事に保護をかけてくださってありがたかったです。それでIP側もノートページの議論に応じて、単発IPの投稿を繰り返し、今では異常であることが見て分かります。10月4日 (水)では「明らかな荒らしではない」とも思える相手が、今では「荒らしですね」と断定していえるようになりました(ソックパペットは荒らしの一類型です)。
    総論はある程度述べられたので、各論に参ります。この編集合戦となったのが、深見系でも何でもない記事で、差し戻し相手が何でもない(疑惑のない)IPで、ということであれば、Infinite0694さんのおっしゃる「Moon.riseさんによって(-231,207)‎もの大幅な記事の削減がなされており、それをトリガーにして編集合戦が勃発」ということだと思います。私は差し戻しを一度限りするかどうかで、ノートページで待機して(疑惑のない)IPさんと合意の話し合いをするのが適切であったと思います。しかし、今回は深見東州であり、IPの態度(要約欄)も多少不審なものでした(「本人の役職など消してはいけない情報まで消しすぎなので一度戻す」)。「(-231,207)‎もの大幅な記事の削減」という分量が原因というよりも、例えば-3,000だったとしても、パペット群にとって不都合な編集であれば同様に3RRの状況になっていたことを予想します。また、私からは荒らし(方針WP:NOTADVERTISING対応への妨害。これは判断分かれても仕方がありません)[17]、3RR違反(これは客観的に確実)[18]の2回報告をさせていただきました。「荒らし」に同意いただけるか(これがベスト)、それでなくても「3RR違反」でのブロックが行われるかと期待しました。すでに総論で述べました通り、パペット群がTLA認定されるまで、虚しいことですが「普通に活動している利用者 対 不審なアカウント」という対立が、決して利用者がおかしいことをしたのではないという状況で、発生せざるをえないのだろうと思います(これが発生しないということは、結果的に、パペット群の出現はまったく杞憂に終わったという場合です)。結果的にその日は「荒らしでしょう(Moon.rise)」「荒らしではないでしょう(Infinite0694)」ということで意見が一致しませんでしたので、そこはもうInfinite0694さんへ「了解です」とお返事して、ノート議論に移行したということになります。
    Infinite0694さんのお言葉を「もっと細やかな気遣いができるでしょう?」という意味で、受け止めております。私からは「ここで荒らし相手に細やかな気遣いをしても、仕方ないでしょう?」というのがお返事になります。--Moon.rise会話) 2017年11月3日 (金) 00:00 (UTC)
  2. 次に、Wikipediaの私論として「Wikipedia:空が青いということに出典は要る」に対立する主張に「Wikipedia:空が青いということに出典は要らない」というような項目があります。さて、全く相異なる二つの私論ではありますが、Wikipediaにおいて「検証可能性」という方針があるのにも関わらず、なぜこのような対立する見解が生まれたのかについて、Moon.riseさんが今までWikipediaプロジェクトで活動してきた経験を基に自由に回答してください。--Infinite0694会話) 2017年11月2日 (木) 14:24 (UTC)
    A.この「空が青い」私論は、常識による判断をどこまで認めるかについて、考え方を示しています。wikipediaに記述することは、Wikipedia:検証可能性により、まさに検証できることに限られます。しかし、「信頼できる情報源が公表・出版している内容であることを検証しました」ということ自体が、常識による判断を必要としています。ある出典に「ビル・クリントンは砂漠の狐作戦をこう振り返る」と書かれていて、これを元にビル・クリントンに加筆できるでしょうか? あまりにも厳しいことをいえば、「分からない」ともなりかねません。なぜならば、その出典に書かれているビル・クリントンは、本当に「1946年8月19日アーカンソー州ホープに生まれ、1977年にはアーカンソー州司法長官も務めた、第42代アメリカ合衆国大統領ビル・クリントン」なのでしょうか? 別人のビル・クリントンなのでしょうか? これにさえも「常識を認めず出典を要求する」などとすれば、何ごとも検証はできなくなります。さて、ここに常識が介在することで「どの程度まで常識でカバーするのか」という扱いが出てきます。これは、対象そのもの(例えば空)が記事中でどれだけ主体として扱われているかで、注目度を変えていけばよいのではないでしょうか。の記事であればWikipedia:空が青いということに出典は要るという、本文にある通りです。空の扱いが主体でないならば、Wikipedia:空が青いということに出典は要らないでしょう。--Moon.rise会話) 2017年11月3日 (金) 00:00 (UTC)
  3. 次に、実務的な内容を質問したいと思います。「Wikipedia:タグ爆撃」はWikipediaの私論にも関わらず、「WP:TAGBOMB」を理由に管理者権限が使われることが多々あります。もし、Moon.riseさんが管理者としてその様な編集を目にしたときどのような対処をするのか、可能な限りの状況を想定した上でお聞かせください。--Infinite0694会話) 2017年11月2日 (木) 14:24 (UTC)
    A.幸か不幸か、私はこれまでに「WP:TAGBOMB」を理由に管理者権限が使われる」場面を見たことはありません。こういう状況[19]を想像すればよいでしょうか。編集が足りない箇所を指摘するのに、タグを使うことは有効です。その一方、Wikipedia:タグ爆撃の要旨にあるように、多くのタグを説明もなく貼り付けるのは妨害的編集というのはその通りでしょう。加えて本文にあります通り、記事に対して過剰なタグをつけることは、結果的に記事を読めないものにしてしまいます。
    Infinite0694さんの「管理者権限が使われることが多々」「その様な編集を目にしたときどのような対処」という表現をされていますので、「記事に対しての対処」ではなく「編集者に対しての対処」を意図されているのだと想像いたします。記事に対しての対処(編集)であれば、一般利用者でもしていけますからね。さて、「異常に多数のタグをつけて回る編集者」がいたとすれば、「ブロックもあり得る」というのが適切でしょう。その理由は「荒らし行為」です。結果的に記事を読めないものにしてしまうという行為が、確信できるほどであれば、悪戯・荒らし・破壊行為と判断する可能性があります。ここにきて、私の判断とWikipedia:タグ爆撃の「タグ爆撃は破壊的な編集の形態であり、管理者によって許容されないでしょう。タグ爆撃を行なう編集者は、ウィキペディアの編集からブロックされるでしょう」という記述が、見解の一致となります。さて、Wikipedia:タグ爆撃はどうしてまだ私論なのでしょうか? 英語版[20]でも私論のようです。ともあれ私論のままであれば、ブロック理由の説明は原則的にWP:TAGBOMBではなくてWP:VANが望ましいものと思います。しかし、WP:VANというだけの説明だと想像できる内容があまりにも広すぎるため、より明確化したWP:TAGBOMBを説明に使いたいという事情があるのでしょうか。そうであれば尚のこと、Wikipedia:タグ爆撃をガイドライン化してもよい気がいたします。さて少なくとも、Wikipedia:タグ爆撃が私論であるから、これに対してのブロックを一律で控えよう、という考え方はいたしません。Wikipedia:タグ爆撃はあくまでもWikipedia:荒らし#タグの不正使用の方針及びその精神から出てきた具体的状況です。必要があれば(これが重要です)、荒らしとして対処いたします。
    さてしかし、実際の編集状況を見て、それが普通のタグ追加編集なのか、度が過ぎた荒らしなのか、その判断には悩む気がいたします。タグの位置はあっていて、でも明らかに多すぎる時に、どう考えるのか。ログインユーザーであればまずは警告と同時に「タグを少なくできないか」「タグをまとめられないか」ということはご案内できるでしょう。それを無視されるのであれば、記事に対する荒らしと判断するのは有力です。「記事を読めなくするのはいけません」という理由は、基本的に納得して下さる理由だと思いたいですが。--Moon.rise会話) 2017年11月3日 (金) 00:00 (UTC)
  4. 次に、方針・ガイドラインの理解について質問したいと思います。「Wikipedia:創作物を基にした逐次的な編集」は以前、日本語版のガイドラインでした。それがなぜ、私論に格下げされてしまったのか、Moon.riseさんなりの分析を既存の方針・ガイドラインに触れつつ自由に述べて頂ければと思います。--Infinite0694会話) 2017年11月2日 (木) 14:24 (UTC)
    A.Wikipedia:創作物を基にした逐次的な編集およびノートページをざっと確認いたしました。これはまた紆余曲折がございましたね。
    さて、Wikipedia:五本の柱Wikipedia:方針とガイドラインを挙げまして、述べさせていただきます。wikipediaにはまず中心軸として「ウィキペディアの目的は、信頼されるフリーな百科事典を――それも、質も量も史上最大の百科事典を創り上げることです」という目的が掲げられています。それを囲む中心部としてWikipedia:五本の柱という基本原則が存在します。
    もし私たち利用者があまりにも優秀であれば、Wikipedia:五本の柱から何をすればよいか、何をしてはいけないかをすべて悟ることができるかもしれません。しかし、それは無理なことです。そしてWikipedia:方針とガイドラインが存在します。そのページに書かれているように、やや短縮して書けば「方針:すべての利用者が従うべき基準」「ガイドライン:最善の方法(ベストプラクティス)を集めたもの」です。さらに、方針には別格三大方針としてWikipedia:中立的な観点Wikipedia:検証可能性Wikipedia:独自研究は載せないが存在します。五本の柱のうちの一柱(ウィキペディアは中立的な観点に基づきます)はかなり手厚く原則内容を定めているということになります。
    ガイドラインは「方針の個別具体案」であることもめずらしくありません。方針Wikipedia:検証可能性は、その下にガイドラインWikipedia:信頼できる情報源を従えています。もし、利用者の編集でWikipedia:信頼できる情報源が一部書き換わることがあったとしても、上位基準とみなせるWikipedia:検証可能性が揺らぐものではありません。私論の位置づけはさまざまですが、例えばWikipedia:空が青いということに出典は要らないであれば、Wikipedia:信頼できる情報源の個別具体案でしょう。
    こうして中央から広がっていくように、方針とガイドラインがある状態で、果たしてWikipedia:創作物を基にした逐次的な編集はどこにいるのでしょうか。「旧名:性急な編集」の時であっても、少なくとも三大方針の範囲内にはありません。冒頭部に「この方針の要旨: 創作物の記事を速報的に編集したり、将来の予定や現在進行中の事柄を逐次的に追記したりしないでください。」(あれ方針?)とあるのを見ても、これは他の方針・ガイドラインに対して孤立した内容です。ノートページで「私論への格下げ提案」が出されるのも当然のことでしょう。内容としても「発表済みの情報の合成を避ける」「編集合戦を避ける」「文章の推敲がおろそか」など、つまり性急な編集をすることのデメリットをごった煮にして語る場になっています。これはどなたか、「ルールの精神を強調する。編集者が常識に基づいて判断することを期待しましょう。ルールの精神が明快であるなら、それ以上書かないでください」という名文を思い出さなかったのでしょうか。
    それではWikipedia:創作物を基にした逐次的な編集の最初のアイデアはどこから出てきたのでしょうか。ノートページの限り、どうやらWikipedia:ウィキペディアは何ではないかであるように見えます。Wikipedia:ウィキペディアは何ではないかは五本の柱のうちの一柱(ウィキペディアは百科事典です)から来ており、当然ですが三大方針の下には位置付けられません。「wikipediaを百科事典ならぬものとするあらゆる良からぬこと」を包括しています。Wikipedia:創作物を基にした逐次的な編集のガイドライン化が進められた2007年当時、Wikipedia:ウィキペディアは何ではないかも様々に編集されていたようです。「嘘を並べる場ではありません」「願望や妄想を書く場ではありません」なども見つけられて、面白いなと思いました。さてしかし、「この方針の要旨: 創作物の記事を速報的に編集したり、将来の予定や現在進行中の事柄を逐次的に追記したりしないでください」ということは、記事を百科事典から遠ざけるようなものでしょうか? 私にはそこまでには思えません。内容も「フライングゲットで購入した雑誌・書籍からの情報」はダメとするなど、指示が細かすぎます。当時作成された方のお考えは分かりませんが、私としてはWikipedia:ウィキペディアは何ではないかの範囲内のガイドラインとして認めることもできません。
    Wikipedia:ウィキプロジェクトに置くことを考えたとしても、特定の分野の項目についてのフォーマット(書式)ということでもありません。残念ながら不要なルールであったと思います。
    相当に長くなってしまいましたので、Wikipedia:管理者などの運営ルールに該当する方針については、ここでは述べるのに割愛させていただきます。--Moon.rise会話) 2017年11月3日 (金) 00:00 (UTC)
  5. 最後に、Moon.riseさんが標準空間に新規作成ないしは大幅に改稿した記事の中で何か印象に残るものがあったら教えてください。また、日本語版には規定がないものの、「Meta:Administrators」には管理者になる条件として利用者ページを持っている必要性があります。実際、私は利用者ページが赤リンクである現役管理者を殆ど見たことがありません。これについて何か意図があものなら、可能な範囲で教えていただけるとありがたいです。(補足:削除された内容は一般のユーザーには分からないかと思いますが、他の利用者による投稿ミスで削除されており、Moon.riseさんによる編集は一切ありません))--Infinite0694会話) 2017年11月2日 (木) 14:24 (UTC)補足:--Infinite0694会話) 2017年11月2日 (木) 15:45 (UTC)
    A.大幅に改稿した記事、とまでいえるかは分かりませんが、印象に残る記事としてテーブルトークRPGを挙げさせていただきます。私は執筆分野としてテーブルトークRPGのタイトル一覧日本の神の一覧、その内容に該当するような記事を細々と書いております。特にテーブルトークRPG分野はとても過疎で、困ったことに出典が整っていない、手を打つ必要がある状態で放置された記事がいくつもあります(順次対応していきますので、皆様まだ猶予期間をください)。さて分野の代表記事になるはずのテーブルトークRPGですが、出典不足に気がついた方の編集で、一時かなり内容除去されてしまいました。やむを得ません[21]。半日ほどかけて出典を探し集めて復旧および出典追加をした思い出がございます[22]。私が加筆していた個所は元より出典がありましたものの、別の方が過去に書いていたものは、どの書籍というまとまったものが見えなかったので、20冊ばかりは取り出して記述そのものと内容が一致できるものを探し出しました。そのうちにはほぼ全面的に、私の手で書き直すかもしれません。しかし、過去の皆様がどう思ってどう書いたか、追いかけて見ていくのも楽しいものです。ともあれ、他の記事もWikipedia:検証可能性を満たしていかなければなりません。まだまだ先はありそうです。
    利用者ページにつきましては、私は記事編集のために参加していますということで、利用者そのものの情報を書くほどの者ではないということから、作成しておりません。私がどんな利用者かは履歴や発言で示すものです。誓い・願掛け・おまじないという所です。差し支えないことであれば、管理者に就任できても、就任できなくても、引退しても、利用者ページは赤リンクのままにするでしょう。しかし、これはいわばおまじないです。「管理者は利用者ページに管理者と明記するべき」とか、「どんな利用者か自己紹介があるべき」とか、そういうことでしたら今後作成も検討いたします。--Moon.rise会話) 2017年11月3日 (金) 00:00 (UTC)

以上になります。難解な質問文もあるかもしれませんが、Moon.riseさんが解釈したように回答して頂ければと思います。--Infinite0694会話) 2017年11月2日 (木) 14:24 (UTC)

以上、回答させていただきました。難解でしたが嬉しかったです。--Moon.rise会話) 2017年11月3日 (金) 00:00 (UTC)


  1. こんにちは。ウィキペディア日本語版のいわゆる管理系や運営系に属する仕組みやその運用について、「ここ良くないなあ」とか、「ここ変えた方がいいんじゃないかな」とか、「ここをこうしたらもっと良くなるのになあ」とか、Moon.riseさんが思っていること・感じていることって何かあったりします?--Yapparina会話) 2017年11月3日 (金) 01:01 (UTC)
    A.Yapparinaさん、はじめまして。ご質問ありがとうございます。
    wikipediaの管理系の仕組みはなかなか柔軟にできていると思います。方針・ガイドラインであっても、必要に応じて議論を呼びかけて、変更していくことができます。大枠として「ここを変えた方が」というのはあまり思いつきませんでした。
    そこで、より踏み込んだ話として「管理者となる利用者がもっと増えないか」という論点でお話してみようと思います。利用者はなぜ、そのすべてが管理者にならないのでしょうか。wikipesdiaはボランティアであり、執筆以外での協力にもありますように、自分の協力できる、興味のある分野で参加することができます。「執筆での協力」は大事ですよときちんと申し上げた上で、さらに草取りでも、秀逸・良質な記事の選考でも、削除依頼でも、コメント・ブロック依頼でも、自分の興味のある分野で参加すればよいのです。そこに貴賤はございません。さて、管理者となっての管理者作業もそういったいくつもの分野のうちの一分野ということができます。より正確には、管理者作業もその内部でさらに分野が分かれます。そもそも管理者作業という分野に「協力できると思わない、興味がない」利用者は、もしコミュニティから広く信頼を集める方であったとしても、最初から管理者に立候補することはありません。
    そういたしますと、「管理者となる利用者がもっと増えないか」という話は、「管理者作業に興味のある利用者を、どれだけ管理者として信任できるか」という話に進みます。どちらにしても管理者作業を「無理矢理させる」ことはできません。ウィキペディアは強制ではありません。仕組みや運用で手をつけてみるとすれば、「一度信任されたら解任は難しい。しかし信任して管理者作業をさせてみないと、本当の適正は分からない」という部分でしょう。
    ひとつの具体的な案として「見習い管理者制度」という案を提示してみましょう。現役管理者がその弟子として、見習い管理者を持つことができるようにします。立候補したい一般利用者が現役管理者に弟子入りを申し込むか、現役管理者が素質のありそうな一般利用者に弟子入りを勧めてみることで、話は始まります。「見習い管理者になる時点」で一度、その半年後にでも「一人前の管理者になる時点」でもう一度、投票などでコミュニティの信認を問うステップを設けます(その分、現状より基準をゆるめるべきです)。見習い管理者の管理者作業に問題がないか、弟子にした現役管理者が特に責任をもってチェックしていきます(他の現役管理者によるチェック歓迎はいうまでもありません)。「管理者権限とフラグ」という意味では、現状から改造はいらないと思います。見習い管理者に就任すれば管理者フラグを与えます。それ以上の操作制限はありません。半年後にでも一人前の管理者に落選すれば、そこで管理者フラグを外します。
    思いますに、管理者不足が実際にどれだけ厳しいことなのか、よくお分かりなのは現役管理者の皆さまです。今回、私がこうして立候補しておりますが、管理者の皆様が「この45名で現状十分。Moon.riseなど不要」と思われますか、「Moon.rise程度では物足りないが人手として拾わざるをえない」と思われますか、そこはかなり大きな差になるでしょう。もし仮に「見習い管理者制度」を実現すれば、管理者不足を危機としてとらえる現役管理者は積極的に弟子を探すでしょう。いずれ、人手不足が解消されてくれば(難しいとは思いますが)、新規の見習い管理者がゆるやかに減少していくでしょう。--Moon.rise会話) 2017年11月4日 (土) 07:00 (UTC)


  1. 北谷2と申します。私に投票権はないようですが、質問はできるようなので質問させていただきます。Moon.riseさんのご挨拶にもある通り最近利用者:Triglavさんが管理者を解任されました。Wikipedia:管理者を見ると今までにも何人かの管理者が解任されているようです。そこで質問です。解任された管理者の方々も、着任された時点では、当然信頼できる方だと思って信任された方々のはずなのですが、何が悪くて解任されるようになってしまったのだとお思いですか。また、あなた自身はどのような点に気を付けてそのようにならないようにされるつもりですが。全部の方についてお答えになるのは大変だと思うので、Triglavさんだけに限ってお答えいただいても結構ですし、個々の方ではなく一般論でお答えいただいても結構です。北谷2会話) 2017年11月3日 (金) 07:10 (UTC)
    北谷2様宛 Pseudoanasと申します。さて現在は二次質問期間中です。北谷2様の質問は二次質問ではなく、一次質問と思うのですがいかがでしょうか。一次質問であれば不適切だと思います。これは二次質問であるということであれば、私の方が不適切でありますので謝罪いたします。また、話の場所が違うということであれば移動なり、除去していただいてもかまいません。--Pseudoanas会話) 2017年11月3日 (金) 08:03 (UTC)
    A.北谷2さん、Pseudoanasさん、はじめまして。
    まずPseudoanasさんと会話させていただきます。ルール上まったくPseudoanasさんのご指摘が正しいもので、私が北谷2さんの質問に「無回答」とすることで、恐らく手続き上は問題なく進むと考えられます。さてしかし、せっかくですので北谷2さんのご質問に「さらり」とだけ答えさせていただきます。
    ということで北谷2さん、ご質問ありがとうございます。管理者の方で長くいらっしゃる方ですと、もう何年もずっと前に管理者に立候補されたことになります。その時と今ではwikipediaの参加者もまったく変わっているでしょう。のみならず、管理者が心得るべき方針・ガイドラインも変わってまいります。私が何かの折に相当昔の履歴を読んで、その場でさらに昔話がされていて、それを信じますなら最初期にはWikipedia:ウィキペディアは何ではないかだけしか方針がなかったと読みました。すごいと思いませんか。それは極端にしても、何年も変われば投票者も方針・ガイドラインも変わってしまうということです。何をもって信任されるかということも変わって当然かなと思いました。--Moon.rise会話) 2017年11月3日 (金) 08:59 (UTC)
    Pseudoanasさん、Moon.riseさんありがとうございます。北谷2会話) 2017年11月5日 (日) 12:00 (UTC)


  1. Starchild1884と申します。立候補をつい先ほど知り一次質問の期間を過ぎてしまいましたが、とりあえず質問を投げるだけ投げておこうと思います。
    管理者にはMediaWiki名前空間編集権限があり、これには編集フィルタやCSS、javaScript・Luaを利用したガジェット等の編集が含まれますが、これら技術的なページを編集する気はありますか。(技術に明るく自ら進んで新規ガジェットを作る、技術的なことは分からないが頼まれれば編集する、一切触れない、等)--Starchild1884会話) 2017年11月5日 (日) 22:31 (UTC)
    A.Starchild1884さん、はじめまして。これまで会話はありませんが、記事履歴はファンタジーRPGクイズなどで一方的に拝見しております。ご質問ありがとうございます。
    二次質問期間ではございますが、Starchild1884さんのご質問は簡潔で、わざわざ私の会話ページに回すのも拘泥と思ってくださったのでしょう。歓迎させていただきます。技術系知識が足りませんので、挙げてくださったガジェット等の編集はいたしません。遠い将来のことは分かりませんが、今は簡潔に「ありません」となります。--Moon.rise会話) 2017年11月6日 (月) 07:45 (UTC)
    質問受付期間終了後という無茶であったにもかかわらず、真摯に回答していただきありがとうございました。--Starchild1884会話) 2017年11月6日 (月) 22:53 (UTC)

結果

賛成票が ガイドライン の規定する最低賛成票数 10 票に満たないため、今回は見送りとなります。今後のご活躍を期待しております。--rxy会話) 2017年11月14日 (火) 05:23 (UTC)

Moon.riseです。投票して下さった方、コメントを添えて下さった方、質問を寄せてくださった方、すべての皆様に感謝を申し上げます。皆様は私の投稿履歴を確認し、質問と回答を読み込んでくださいました。ありがとうございます。

「管理者への立候補」はある意味で「スペシャルなコメント依頼」という側面もあるでしょう。複数の方より特別:差分/66202582について、特に、別のユーザーの名前を出す必要はないものだというご指摘をいただきました。その通りのことであり、またTriglavさんには失礼でありました。申し訳ございません。今後は同様のことがないように務めさせていただきます。ご指摘として大きなものでは、Yassieさんからのコメント(前半部分)をいただきました。Wikipedia:投稿ブロック依頼/Nanafa 08072015 追認はさっそく拝読させていただきました。ありがとうございます。また、署名(利用者ページ)の赤リンクを解消させていただきました。

今回、私が立候補に手を挙げるに当たって、難しいものであるということは私自身でも予想しておりました。いただいた投票結果も、かなり予想に近いものでした。もちろん私はベストを尽くしました。「信任を得られるべく立候補」というのが最大の目的なのは間違いございません。それに次ぐ大きな目的として、この立候補が皆様への問いかけとなることを望んでいます。反対票を多数いただきました。その中には「Moon.riseではダメだ」という方もいらっしゃると、「なぜMoon.riseが手を挙げたのか」「Moon.riseより自分の方がましだ」という方もいらっしゃると思います。Moon.riseより自分の方がましだということから一歩先に進んで、では自分が立候補してはどうか、ということを考えていただきたいと思います。例えばですが、票とコメントを下さった方からお名前を引いてきます。Yassieさん(2005年)、Xx kyousuke xxさん(2010年)、Aoiouiさん(2015年)、これまで立候補は手を挙げられていないと思いますが、いかがでしょうか。皆様のお名前はコメント・ブロック依頼などでもお見掛けします。(経歴の厚みはまったく様々ですが)立候補されれば、行けそうな方もいらっしゃるのではないでしょうか。管理者となるには「能力」「信任」がもちろん必要ですが、同時に「立候補する意志」がなければなりません。

管理者の人数不足がいわれるのは、果たして杞憂なのでしょうか。活動数の多い1~2名の方が明日からでも病欠されることは起こり得るでしょう。これまでに削除依頼、コメント・ブロック依頼(つまり管理者作業に近い分野)によく携わってきた方々が、もっと立候補に手を挙げて下さらないのは、私にとっては疑問でもあります。立候補には決意が必要ですが、他に何も失うものはございません。「管理者への立候補」が今後より賑わうことを期待させていただきます。

さて、私のwikipediaでの活動はこれからも変わりません。これだけ多くの方に、ご挨拶できる機会が持てるのは稀なことでしょう。今後とも、皆様よろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。--Moon.rise会話) 2017年11月14日 (火) 07:00 (UTC)

ビューロクラットへの立候補・推薦

ビューロクラット (Bureaucrat) は管理者システム管理者の間にあたるもので、2004年の1月31日に公告されました。ビューロクラットはMediaWiki特別:利用者権限を使って管理者権限付与などの操作を行うことができます。ビューロクラットに権限が委譲される以前は、システム管理者(当時は「開発者」と呼んでいました)の一部が全てのウィキペディアについて同様の操作を行っていましたが、システム管理者の負担軽減と各言語版のウィキペディアやその他のプロジェクトの自治促進のために、ビューロクラットが導入されました。ビューロクラットとなる前提として管理者である必要があります。また、管理者同様にコミュニティ内で一定期間ユーザーからの賛否を募る必要があります。

新規立候補・推薦は一番上にくるように追加してください。

進行中の投票はありません

チェックユーザーへの立候補・推薦

CheckUser は権限 checkuser を持つ利用者のためのツール(インタフェース)です。あるウィキで CheckUser 係の身分を持つ編集者は、ある利用者が他の利用者の sockpuppet (靴下人形、別人を装った不適切な多重アカウント)であるかどうかを、そのウィキ内で(全ウィキではなく)調べることができます。このツールを使えば、以下のことがわかります:
  • ある利用者が投稿に使用したリモートホストIPアドレス
  • (ログインしていたか否かにかかわらず)あるIPアドレスからなされた編集
  • ある利用者がウィキメールを他の利用者に送信したかどうかとその日時。相手先のメールアドレスと利用者IDは見えません。
m:CheckUser Policy/Jaより抜粋

チェックユーザー係となる前提として管理者である必要があります。また、管理者同様にコミュニティ内で一定期間ユーザーからの賛否を募る必要があります。

チェックユーザー係となる場合は信任条件が以下のようになります。

  • 信任投票での賛成者が30人以上、かつ賛成票の割合が75%程度以上。
  • Wikimedia:Access to nonpublic data policy(2007年4月11日理事会決議、2007年6月改訂)に挙げられた条件(満18歳以上、かつ居住国法で成年、財団に対して身元を証明できる)を満たすことが出来る

コンセンサスが得られれば、立候補ページへのリンクを添えてm:Steward requests/Permissionsでスチュワードに権限の付与を申請します。

新規立候補・推薦は一番上にくるように追加してください。

利用者:Y-dash

Y-dashと申します。チェックユーザー係に立候補いたします。

前提条件といたしまして、Wikipedia:管理者への立候補/Y-dash/20150820にて管理者権限をお預かりしております。満18歳以上かつ居住地法で成年であり、信任いただいた際には非公開情報へのアクセス方針の定め通りの手続きを行う意思がございます。

管理者としての作業におきまして、私が特に意識しておりますのが「慎重さ」です。より多くの方がウィキペディア日本語版に参加される環境が望ましいことで、そのための私なりの手段として「善意に取りすぎる」くらいの意識であろう、と心がけております。

そのような指針をとる私の作業の中では、たとえば「傾向からこのアカウントは長期荒らしユーザーであろう。ブロックしても間違いないだろうし、他の管理者さんは現段階でブロックするかもしれない。しかしまだ自分としては明確に言えないので、もう少し様子を見たい。」というような、判断を保留する場面がたびたびございます (そしてその結果は、ほぼほぼ「やはり長期荒らしユーザーでした」というものです)。

その保留をする判断は、様子見の間に法的問題のある投稿がなされて削除やオーバーサイトが必要になったり、他管理者さんに対処いただくこととなったりと、余分な手間に繋がることがあります。慎重さと手間を天秤にかけそれでもなおこの指針を取っておりますが、もしチェックユーザー権限をお預かりし判断材料が増せば、このような場面は減らせるかもしれません。

情報によって、より確度の高い間違えのない対応、より幅の広い対応が取れるようになることが期待できます他、チェックユーザー係間の相互監視においてもお役に立てればと思います。ウィキペディア日本語版において、私が対応できる作業を多少であれ増やすことで、より貢献できないだろうかと考えたものです。

もしチェックユーザー権限を私がお預かりすることがプラスになると皆様にご判断いただけましたら、各種方針・ポリシーを順守して当該機能を用いた作業にあたります。また、わざわざチェックユーザーの方針で統制や圧力について注意書きされているように「使い方によっては他利用者さんを委縮させてしまう危険性も持った機能である」ということを重く受け止め、ポリシーの基にある精神を重視し、あくまで裏方作業であることを常に意識しながらより一層慎重に行動して参ります。

それでは、よろしくお願いいたします。--Y-dash 2017年11月15日 (水) 17:17 (UTC)

審議のスケジュール

以下のスケジュールを確認・投票する前に
このリンクを開いてキャッシュを破棄してください。キャッシュを破棄しないと現在時刻などが更新されません。(現在のウィンドウ/タブで開いてください)

現在の状態はのあるところです。現在時刻:2017年11月20日 (月) 02:20 (UTC)

二次質問期間 - 残り 1 日間 14 時間 56 分

(今後この審議をウォッチ する/しない

  1. 一次質問期間 - 2017年11月15日 (水) 17:17 (UTC) から 2017年11月18日 (土) 17:17 (UTC) まで
    候補者に対する質問を受け付けます。
  2. 二次質問期間 - 2017年11月18日 (土) 17:17 (UTC) から 2017年11月21日 (火) 17:17 (UTC) まで
    候補者の回答に対する追加の質問を受け付けます。
  3. 再回答期間 - 2017年11月21日 (火) 17:17 (UTC) から 2017年11月22日 (水) 17:17 (UTC) まで
    追加質問に対して候補者が回答するための期間です。
  4. 投票期間 - 2017年11月22日 (水) 17:17 (UTC) から 2017年11月29日 (水) 17:17 (UTC) まで
    賛成または反対の形で投票を行います。
投票はまだ始まっていません。
投票期間に入っても表示が更新されない場合はキャッシュを破棄してください。
賛成/反対
賛成・反対のうち一つを選び、投票してください。
以下をそのままコピー&ペーストしてください(キャッシュを破棄)。
# {{subst:管理者への立候補/sig2|20171115171718}}
ただし、署名に利用者ページへのリンクを含めていない利用者は、以下のように利用者ページへのリンクを第2引数に指定してください。
# {{subst:管理者への立候補/sig2|20171115171718|[[{{subst:ns:user}}:{{subst:REVISIONUSER}}]] ~~~}}

賛成 (Support)

反対 (Oppose)

コメント (Comments)

質問はこちらではなく下の質疑欄に書いてください。

質疑 (Questions for the candidate)

現在、候補者の回答に対する追加質問を受け付けています。

平素より大変お世話になっております。W.CCです。Y-dashさんの立候補を心より歓迎申しあげます。

  1. CU係による連携あるいは相互監視は、その頻度、場所、方法などはほとんど非公開で行われています。Y-dashさんは、就任前の現段階において、これらについてどのように行われていると予想されていますか?また、どのようなあり方がよいとお考えでしょうか?
    A. すべて推測となってしまいますが、連携・相互監視につきまして回答いたします。頻度につきましては各チェックユーザー係の任意かと思います。「任意とした結果どれほどの頻度になっているか」は外から予想するのは難しいです。任意であるのならば、一定数のチェックユーザー係の人数を確保することがそれらの精度向上に繋がるものかと思います。もしかすると「こういう対処をしたときは報告してください」のような慣例もあるのかもしれません。
    場所・方法につきましては、「相手方の対処へ疑問を持ってまずは意図を確認したい」ときなど1対1でよい場合はウィキメール、「チェックユーザー係全体に情報共有したい, 問題提起したい」というようなときはメーリングリストでしょうか。IRC文化自体が下火傾向にあると感じていますのでどの程度かはわかりませんが、IRCチャンネルを用いた連携もありそうです。
    私の考えといたしましては、取り扱う情報の性質上、上記のような非公開な方法での連携が妥当なものと思います。
  2. 管理者による裁量ブロックを裁量で解除することは、事情によっては必ずしも適切でない場合があります。では、CUに関する情報をもとに裁量無期限ブロックを行った場合は、どのような事情でなら裁量解除が許される、あるいは許されないと思われますか?
    A. 裁量解除の場面として第一に想定できるのは、自身の対処が誤りであったと気づいたときです。他チェックユーザー係による対処を裁量解除するような場面としては、明らかに誤認であるとか、明らかにそのチェックユーザー係が冷静さを失って暴走した結果である、というようなときでしょうか。
    ただ、裁量ブロックの対処者に意図の確認を取らず、緊急で裁量解除しなければならないような場面はそうそうないでしょう。チェックユーザー機能を用いた情報による対処となれば、管理者機能のみを用いた対処以上に対処者間で齟齬が生じる可能性があり、確認を取ることは必須かと思います。もし急いで解除すべき場面を見かけても、解除をお待ちいただくことになる方には申し訳ないのですが、「慎重さ」を重視している私がその場で即座に裁量解除することはおそらくありません。
  3. CUに限らず管理者などでは、現在のウィキペディア日本語版は、人手不足と言われています。Y-dashさんは、管理者あるいはCU係はどの程度の人数が理想的で、その人数を確保するためにはどのようなことが必要とお考えでしょうか?
    A. 具体的な人数につきましては、これまで考えたことがございません。「ウィキペディア日本語版の総編集回数のうち、管理者の対処が必要になる編集が何回で……」のような計算をすればある程度見えてくるのかもしれませんが、統計には疎いので……。一部の管理者に負荷が集中しないような人数が必要と思います。
    2015年の管理者立候補時に申し上げたのですが (差分)、私が最初に管理者権限をお預かりしていた2010年から2011年の時期、管理者の人数は60名前後でした。当時ですら人手不足を感じており、それが立候補の理由でした。現在の人数は45名 (Wikipedia:管理者#現在の管理者) とそこよりさらに減少していて、個人的にはまずは60名まで戻ればいいなと思います。
    ウィキペディア日本語版に参加される利用者を増やすことが、管理者, チェックユーザー係, その他権限保有者を増やすことに繋がっていくと考えています。「ウィキペディアは利用規約に同意すれば誰でも編集できます」と言われても、未経験の方にはなかなかハードルが高いものです。ウィキペディアについてなにも知らなくても入ってこられるような平易なドキュメントを拡充するですとか、初心者の方が慣れていくことをみんなでフォローできるようなあたたかい環境が必要だなと感じております。私1人でできることは小さいですが、少しずつでも「ウィキペディア日本語版へ参加する」こと, 「ウィキペディア日本語版で活動する」ことへのハードルを下げていければなと思います。

以上3点です。よろしくお願いいたします。--W.CC会話) 2017年11月18日 (土) 09:05 (UTC)

W.CCさん、ご質問ありがとうございました。以上3点、回答いたしました。--Y-dash 2017年11月19日 (日) 09:11 (UTC)

こんにちは。まとめて1点質問させていただきます。--市井の人会話) 2017年11月18日 (土) 13:48 (UTC)

  1. Wikipedia:チェックユーザーの方針#チェックユーザー権限とはでは、ユーザーエージェントについて省略されていますが、この省略が機能としてなのか、文章で触れていないだけ(非公開情報であることを含む)なのかわかりません。また、いわゆる時間切れについても「短期間」とあり実に曖昧です。他言語版では具体的な言及がありますが、日本語版での現状はやや秘密主義に感じてしまいます。それでですが、このあたりについて、CU係になる前の時点でのご理解をお聞かせください。
    A. ユーザーエージェントにつきましてはm:Help:CheckUsermw:Extension:CheckUserに記載がありますし、単に触れていないだけかと思います。「チェックユーザー権限について詳細を知りたいと考える方はおそらくはウィキメディア・プロジェクトにある程度慣れた方だろう、Meta-Wikiを見てもらおう」ということで、他の初心者の方も読むようなドキュメントに比べて作成の優先度が低く、詳述することへのマンパワーが回らないままだったのではないでしょうか。
    時間切れの期間については、明確に記述しないのが妥当だと思います。記述しますとチェックユーザー機能への悪意ある対策に使われる可能性があります。また明確に期間を宣言していますと、「期間が過ぎていないのに見られなかった」「期間を過ぎているのに見られた」といったことは問題なため、提示した期間を守るための技術者の努力が必要になります。そのようなデータベース管理など技術的側面からも、期間を宣言しないほうがシステムとして回りやすそうです。

以上になります。よろしくお願いいたします。--市井の人会話) 2017年11月18日 (土) 13:48 (UTC)

市井の人さん、ご質問ありがとうございました。以上回答いたしました。--Y-dash 2017年11月19日 (日) 09:11 (UTC)

Y-dash さんのチェックユーザー係への立候補を歓迎いたします。二次質問期間となりましたので、回答をいただいた点からの質問を行います。

  1. Special:Diff/66345693 での回答をうけ、「時間切れの期間については、明確に記述しないのが妥当」と述べられておりますが、回答にも含まれているリンク mw:Extension:CheckUser#Configuration_2 や、立候補文に含まれているリンク m:CheckUser policy には記載されています。m:CheckUser policy の英語正文を読まれたうえで立候補されましたか。もしくは、日本語翻訳文のみを参照なさったのでしょうか(日本語翻訳版には期間に関する明確な記述は、現時点においてありません)。
    A. 純粋にミスです、大変失礼いたしました。英文読解力については一般教養程度しかございませんので、各ポリシーは原文と日本語翻訳文を横に並べて交互に見ながら読み進めました。「どういうときに機能を利用してよいのか」「どういうときに情報を公開してよいのか」ばかり意識してしまい、m:CheckUser policy#CheckUser statusの "(currently 90 days)" が印象に残っていなかったようです。回答前に再度確認いたしましたが、「書いていなかった」という先入観ゆえ気がつけなかったものと思います。mw:Extension:CheckUser#Configuration_2につきましては「MediaWikiのソフトウェアとしてのデフォルト値であり、ウィキメディア・プロジェクトにおいて同様の設定とは限らない」と考えました。
    チェックユーザー係として活動するにあたってはこれまで以上にウィキメディア・プロジェクト全体との関わりが増すと思われますし、各種ポリシーのうち拘束力を持っているのは原文ですので、同様の見落としがないよう注意して参りたいと思います。ご指摘ありがとうございます。
  2. 前項の質問に関連し、meta で記載されているからといって、ウィキペディア日本語版でも引き続き記載しない方が良いと考えられますか。もしくは、権限行使の透明性やコミュニティの理解を深めるために、改定や補足等を現行のウィキペディア日本語版の方針文書に施した方が良いと思われますか。
    A. 1次質問で回答いたしました内容は、「なぜ記載されていないのだろう」から記載することによるデメリットを推測したものです。記載することで申し上げたようなデメリットは生じていると思いますが、すでにウィキメディア・プロジェクトがそのデメリットを受け入れた上で記載しているのですから、ウィキペディア日本語版において記載しない理由も特にないと思います。ユーザーエージェントと同様の、「マンパワーが回っていない」だけではないでしょうか。
    W.CCさんへの3点目の回答で申し上げましたように、より多くの方がよりウィキメディア・プロジェクトへ貢献できるように理解しやすくするため、わかりやすくすることは望ましいと思います。どのみちMeta-Wikiまで行けば閲覧できる情報であるため、「ウィキペディア日本語版に記載する」ことによるデメリットも特に思い当たりません。ドキュメント拡充については「いかに初心者の方をウィキペディア日本語版に取り込むか」という課題をより重視しておりますので、私の中では優先順位は低いのですが、余力があれば改修を加えたほうがよいかと思います。

以上、どうぞよろしくお願いいたします。--rxy会話) 2017年11月19日 (日) 09:57 (UTC)

rxyさん、ご質問ありがとうございました。以上2点、回答いたしました。--Y-dash 2017年11月19日 (日) 11:37 (UTC)

一次質問のご回答ありがとうございました。時間切れについて二次的な質問を1点、再度よろしくお願いします。--市井の人会話) 2017年11月19日 (日) 12:07 (UTC)

  1. 期間が明示されてしまうと対抗策をとらせる懸念があるのは、ごもっともであると思います。しかしながら、日本語版などで削除機能のみを持つことが可能な権限があるように、必ずしも他言語版との一致が見られなくてもよいと考えられる、設定の問題ではないようです。例に挙げた権限等の多様性はCUとは関係ないと思われますので省きますが、ご回答の趣旨は、CUに関連した文書の中での一部、日本語版にとっては余計なことが他言語版では公表されている、とも読めてしまいます。これはある言語版の文書が余計なのか日本語版の考え方がそうさせるのか不明です。いずれにしても期間の非公表について、CUないし管理者間での水面下での合意、私論で一致しているわけではない、というポイントが見つかりません。また、CU依頼が提出されるにあたり明らかに時間切れとわかっていながら、それを理由に却下することがない、提出する側も駄目元で何年も前に活動をやめているアカウントについて依頼する、といったコミュニティとCU係双方に無駄が生じているのは、対抗策をとらせないために無問題であるのか、あやしいと思います。疑問としては場所違いであるとのご指摘もあるかと思われますが、このあたりについてrxyさんへのご回答とかぶらない程度に個人のお考えをお聞かせください。
    A. いただいた1次質問への回答における「マンパワーが回らないままだったのではないか」という発言は、「ウィキペディア日本語版上で意図的に公表していない」のではなく「ウィキペディア日本語版上の文書へ書く人がいなかった」だけではないかという意図でいたしました。「公表」「非公表」の問題ではなくて、「単に誰も書かなかっただけ」ではないでしょうか。
    「原文が英文で存在する文書を訳し、適宜抜粋など行い、ウィキペディア日本語版上の文書に落とし込む」という作業はなかなかの手間ですし、できる方の人数はそう多くないはずです。ウィキメディア・プロジェクト全体, ウィキペディア日本語版ローカル双方について、きちんとした知見がなければできない作業です。
    「書く人がいなかっただけ」につきまして、「"短期間" の期間がウィキペディア日本語版上には記載されていない」を例にとってお話しいたします。
    という、それだけのことではないでしょうか、ということです。ユーザーエージェントについても同じような、「書く人がいなかっただけ」だと思います。チェックユーザー係間のことにつきましては外から見ることしかできませんので断定はできませんが、「チェックユーザー係間, 管理者間での水面下の合意によって、意図して書いていない」わけではないと思います。ですので、私はこれを基に人手不足は感じますが、特に秘密主義のようなものは感じていません。
    確かにおっしゃる通り、ウィキペディア日本語版上の文書で期間を明示しておけば「明らかに時間切れ」な案件提出は減り、無駄が減るかもしれません。1つ前のrxyさんへの回答と一部重複してしまいますが、私はウィキペディア日本語版上の文書を整備して、それらの情報を記載することに賛成です。私自身が「どこにも書いていない」という事実誤認によって申し上げました、「記載しないことによって対策を取らせないようにする」という策は、ウィキメディア・プロジェクト上のどこにもその情報が明記されていないときのみ有効です。悪意のある対策を取ろうとする方はMeta-Wikiまで情報を得に行くでしょうし、ウィキペディア日本語版上でだけ「秘密」にするメリットは特にないと思います。一方で純粋にその情報が必要な方もMeta-Wikiまで見に行くと思いますので、文書整備の緊急度はそれほど高いものではなくて、だからこそこれまで誰も書かなかったのではないかと思います。

以上よろしくお願いいたします。--市井の人会話) 2017年11月19日 (日) 12:07 (UTC)

市井の人さん、ご質問ありがとうございました。以上回答いたしました。ご質問の主旨へのお答えとなっておりましたら幸いです。--Y-dash 2017年11月19日 (日) 15:12 (UTC)


オーバーサイトへの立候補・推薦

ここではmeta:Oversightに基づき、ウィキペディア日本語版独自のオーバーサイト係信任プロセスについて説明しています。信任されるには、下に挙げる全ての要件を満たす必要があります。meta:Oversightの規定との食い違いがある場合はmeta:Oversightが優越します。meta:Oversightの非公式な和訳はmeta:Oversight/jaで確認できます。

オーバーサイトとは、版の内容や利用者名、編集履歴やログの各項目或いは項目の一部を不可視化することです。この機能はオーバーサイト権限保持者(オーバーサイト係とスチュワードの利用者グループ)のみが操作できるようになっています。オーバーサイトで不可視化されたデータは、オーバーサイト権限保持者のみ閲覧と復帰が可能です。
m:Oversight/jaより抜粋

オーバーサイト係はオーバーサイトの方針が定めるケースでその権限を使用します。信任されるには広くコミュニティの信頼を得ている必要があります。立候補者には既にウィキペディア日本語版で管理者として信任されていることが望まれます。

オーバーサイト係となる条件は、以下の通りです。

  • 管理者として広くコミュニティの信頼を得ている
  • プライバシーポリシーを熟知している
  • 満18歳以上、かつ居住国法で成年、財団に対して身元を証明できる
  • 信任投票での賛成者が30人以上、かつ賛成票の割合が75%以上

信任が得られれば、立候補ページへのリンクを添えて候補者名をmeta:Steward requests/Permissionsにてスチュワードに権限の付与を申請します。

新規立候補・推薦は一番上にくるように追加してください。

コミュニティには、互いを牽制し確認しあう目的で常に2人以上のオーバーサイト係を置く必要があります。辞任や解任のためオーバーサイト係が1人になった場合は直ちに新しいオーバーサイト係を任命するか、残る一人も解任しなければなりません。

進行中の投票はありません

文例集

立候補・推薦時には埋め込み用テンプレートであるTemplate:管理者への立候補を使用してください。テンプレート名が「管理者」となっていますが、ビューロクラット、チェックユーザー、オーバーサイト候補にもこのテンプレートを使用します。使い方は、#立候補・推薦するにはを参照してください。

過去ログ

過去に行われた投票は過去ログからたどることができます。

過去ログ化にあたって
過去ログ化は終了宣告後、最低3日後(推奨5日後)に行ってください。