Weebly

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Weebly
Weebly logo 2013.png
最新版 2006年3月29日(12年前) (2006-03-29 (Beta)
対応OS クロスプラットフォーム
種別 ウェブホスティング
公式サイト
アレクサ
ランキング
ネガティブな増加 278 (January 2016)[1]
テンプレートを表示

Weebly(ウィーブリー)は、ドラッグ・アンド・ドロップを用いたウェブサイト作成サイト及び運営会社名である[2][3][4]。2012年7月時点で、1200万人以上[3] が利用した。サンフランシスコに本社がある。同様のサービスとして、Wix.comWebs、YolaやSnapPagesなどがある。

Webブラウザで動作する単純なウィジェット (GUI)により出力[2][5][3][4]されたウェブサイトが無料で作成[2][5]でき、作成方法は全てドラッグアンドドロップ[2][4]による。クロスプラットフォームに対応[2]しており、モバイル版のサイトも自動で生成[5]する。 初期設定のURLは「アカウント名.weebly.com」[2]であり、サブドメイン名の利用が推奨されている。利用者はドメイン名を運営から購入したり、別サイトからリダイレクト[2][5]させることができる。

基本的なブログ電子商取引の機能にも対応しており、PayPalGoogle Checkoutを利用した販売サイトの作成[5]も可能である。 ストレージに制限はないが、個々のファイルのサイズ制限が存在[5]する。 利用者はサイト内広告の有無を決定でき、Google AnalyticsかWeebly独自のアクセス解析ツールを通じてサイト訪問者の統計情報を把握[5]できる。運営元の収益の50%はGoogle AdSenseによる。

脚注[編集]

  1. ^ Weebly.com Site Info”. Alexa Internet. 2014年4月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Maryanne Murray Buechner (July 08.2007). “50 Best Websites 2007”. TIME Specials. http://www.time.com/time/specials/2007/article/0,28804,1633488_1633608_1633636,00.html 2012年9月24日閲覧。 
  3. ^ a b c Mike Johnston (2012年7月6日). “Weebly Review-The Website Builder that makes Web Design Fun”. CMS Critic. 2012年9月24日閲覧。
  4. ^ a b c Kate Russell (2008年2月15日). “Webscape”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/click_online/7243271.stm 2012年9月24日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g Weebly,Inc (2012年9月19日). “Weebly”. itunes. 2012年9月24日閲覧。

外部リンク[編集]