Things a Computer Scientist Rarely Talks About

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Things a Computer Scientist Rarely Talks About
コンピュータ科学者がめったに語らないこと
著者 ドナルド・E・クヌース
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
題材 コンピュータ科学と宗教
出版社 スタンフォード大学言語情報研究所
出版日 2001年
出版形式 ハードカバーペーパーバック
ページ数 257 pp.
ISBN 978-1-57586-326-9 (ペーパーバック)
ISBN 978-1-57586-327-6 (ハードカバー)
ISBN 978-4434036170 (日本語訳)
OCLC 439524141

Things a Computer Scientist Rarely Talks Aboutは、ドナルド・E・クヌースの著書である[※ 1]。2001年にスタンフォード大学言語情報研究所(CSLI)から刊行された。日本語訳のタイトルは『コンピュータ科学者がめったに語らないこと』(滝沢徹・牧野祐子・富澤昇 訳)[※ 2]である。

本書には、クヌースがMITで行った宗教と科学(特にコンピュータ科学)との関係に関する6つの公開講義の記録が注釈付きで含まれている[※ 3]。クヌースは、神性の概念を信頼している。

内容[編集]

序文英語版アン・フォレスト(Anne Foerst)による。6つの章は、クヌースの公開講義の書き起こしに若干編集を加えたものである。

  • 第1回講義: 序論 (Lecture 1: Introduction)
  • 第2回講義: ランダム化と宗教 (Lecture 2: Randomization and Religion)
  • 第3回講義: 言語翻訳 (Lecture 3: Language Translation)
  • 第4回講義: 美学 (Lecture 4: Aesthetics)
  • 第5回講義: かいま見える神 (Lecture 5: Glimpses of God)
  • 第6回講義: 神とコンピュータ科学 (Lecture 6: God and Computer Science)

最後の章として、「パネルディスカッション: 創造性、霊性、およびコンピュータ科学」 (Panel: Creativity, Spirituality, and Computer Science)が加えられている。

参考文献[編集]

本書のホームページに正誤表とさらに詳しい情報が掲載されている[※ 3]。 本の抜粋出版社のウェブサイトから入手できる。

注釈[編集]

外部リンク[編集]