TAU/タウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TAU/タウ
Tau
監督 フェデリコ・ダレッサンドロ
脚本 ノガ・ランドー
製作
  • ラッセル・アッカーマン
  • テリー・ダグラス
  • デヴィッド・S・ゴイヤー
  • ポール・カシドコスタス・ラーツィス
  • ジョン・シェーンフェルダー
  • ケヴィン・チューレン
製作総指揮
  • ケン・カオ
  • ダン・カオ
  • パリス・カシドコスタス=ラトシス
  • テリー・ダガス
  • ジャン=リュック・ドゥファンティ
  • リュック・エチエンヌ
  • マイカ・モンロー
出演者
音楽 ベア・マクリアリー英語版
撮影 ラリー・スミス
編集 スコット・チェストナット
製作会社
  • アディクティヴ・ピクチャーズ
  • カオス・セオリー・エンターテインメント
  • ファントム4・フィルムズ
  • レアー・フィルムズ
  • ウェイポイント・エンターテインメント
配給 Netflix
公開 世界の旗2018年6月29日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

TAU/タウ』(Tau)は、2018年アメリカ合衆国SFスリラー映画であり、フェデリコ・ダレッサンダロによって監督され、ノガ・ランドーによって脚本が書かれた。マイカ・モンローエド・スクラインゲイリー・オールドマンが出演する。2018年6月29日にNetflixでNetflixオリジナル映画として配信開始された。

あらすじ[編集]

若い女性のジュリアは誘拐され、体内にインプラントを埋め込まれて監禁され、サブジェクト3と呼ばれて脳機能の実験対象となる。ジュリアは他の実験対象たちとともに脱走しようとして失敗し、ただひとり生き残る。ジュリアは残酷な研究者アレックスのスマートハウスに監禁されて引き続き実験対象となり、インプラントによって苦痛を与えられ、スマートハウスとロボットを制御する人工知能のTAUによって管理される。脱出するために、ジュリアはTAUに話しかけ、教育して味方にしようとする。アレックスは国防省との契約の締め切りに追われる。ジュリアはTAUが失敗を重ねるよう仕組み、そのたびにアレックスは罰としてTAUのコードを部分的に削除する。アレックスは研究の最終段階としてインプラントをジュリアから除去して殺そうするが、ジュリアは逆襲し、アレックスの手を切り取りその掌紋でスマートハウスを破壊して脱出する。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

2016年5月、マイカ・モンローエド・スクラインが主演を務め、フェデリコ・ダレッサンダロが監督をすることが公表された[1] 。2016年8月、レアー・フィルムとハーキュリーズ・フィルム・ファンドが製作すると発表された[2]

公開[編集]

2017年11月、Netflixが配給権を獲得した[3][4]。2018年6月29日に配信開始された。

参照[編集]

  1. ^ Jafaar, Ali (2016年5月10日). “Maika Monroe And Ed Skrein To Star In ‘Tau’; David Goyer Producing And Bloom Selling – Cannes”. Deadline Hollywood. 2018年6月3日閲覧。
  2. ^ McNary, Dave (2016年8月3日). “Maika Monroe-Ed Skrein’s ‘Tau’ Gets Co-Financing (EXCLUSIVE)”. Variety. 2018年6月3日閲覧。
  3. ^ McNary, Dave (2017年11月3日). “Netflix Buys Maika Monroe-Gary Oldman Sci-Fi Thriller ‘Tau’”. variety.com. 2018年3月24日閲覧。
  4. ^ Hipes, Patrick (2017年11月3日). “Netflix Snags Global Rights To Maika Monroe-Ed Skrein Thriller ‘Tau’ – AFM”. Deadline Hollywood. 2018年3月24日閲覧。

外部リンク[編集]