Tナビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

Tナビ(ティーナビ、T navi)は、かつてパナソニック(旧:松下電器産業)が提供していた同社の薄型テレビブランド「VIERA」およびブラウン管ブランド「T(タウ)」向けのインターネットサービス。現在の 「アクトビラ」の前身。

概要[編集]

「VIERA」をブロードバンド経由でインターネット接続し、リモコンを用いてTナビ用インターネットサービス観覧できる。トップページとなる「Tナビ・ポータル」はTナビのさまざまなコンテンツの入り口となっていて、背景は季節により変わっていく。大型な文字などテレビでも見やすいようなインタフェースを採用し、食事を宅配で注文したり、ニュース天気交通情報を見たり、ゲームで遊んだりなどの家族団欒の場所ならではの多彩なサービスを提供する。これらのコンテンツは、ほとんどが全て無償で提供されるが、有償のものもある。その一例としてカラオケなどのデータをダウンロードすることでSDメモリーカードへ保存すれば、「SDカラオケマイク」を使ってカラオケを楽しむことも出来るサービスがある。そのほかPC向けHTMLサイトも一部を除き観覧可能だが、PCからTナビのコンテンツを閲覧することは出来ない。

T naviメンバーに登録するとメールやフォト、マイポータルなどが利用できる。会費は無料。

LAN端子がない部屋でも、Tナビを利用できるように周辺機器として無線LAN機器を発売している。

なお、2006年7月7日にパナソニックを含めたテレビメーカー各社が共同で「テレビポータルサービス株式会社」(2007年9月1日に「株式会社アクトビラ」に社名変更)を設立し、Tナビをベースに各社共通化した「アクトビラ」(acTVila)を2007年2月1日に開始するため、同年1月31日12時をもってサービスを終了した。

名前の由来[編集]

T naviの愛称の由来は、初搭載されたブラウン管テレビのブランド名「T」(タウ)からのものと見られる。

適応環境[編集]

対応機種[編集]

  • アナログ液晶モデルを除く全ビエラ
  • 地上・BS・110°CSデジタルチューナー、デジタルセットトップボックス
    • パナソニックのデジタルチューナーは他社にOEM供給されており、OEMモデルでも利用できた。
    • ケーブルテレビでは利用できない場合があった。
  • デジタル「タウ」TH-32D30TTH-36D30T
  • Tナビ対応機はそのままアクトビラ(ベーシックのみ)を利用できた。(ベーシックは2017年にサービス終了)

関連項目[編集]