Apache Sqoop

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Sqoopから転送)
移動先: 案内検索
Apache Sqoop
開発元 Apacheソフトウェア財団
最新版 1.4.2 / 2012年3月31日(4年前) (2012-03-31
プログラミング言語 Java
対応OS クロスプラットフォーム
サポート状況 開発中
種別 データマネージメント英語版
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト sqoop.apache.org
テンプレートを表示

Apache Sqoop関係データベースHadoopの間でデータ転送を行うためのコマンドラインインターフェースアプリケーションである[1]。1つのテーブルまたはより自由度の高いSQL queryによるインクリメンタルなロードをサポートし、同時にupdateインポートのために複数回実行される保存済みジョブもサポートされている。 インポートはHiveHBase[2] に対して関係データベースからエクスポートするためにも使うことができる。 Sqoopは2012年3月にApacheトップレベルプロジェクトになった[3]

マイクロソフトはSqoopベースのコネクタをMicrosoft SQL ServerデータベースをHadoopに転送するのに使っている[4]Couchbase, Inc.Couchbase Server-Hadoop connectorwo Sqoopを用いて提供している[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hadoop: Apache Sqoop”. 2012年9月8日閲覧。
  2. ^ Apache Sqoop - Overview”. 2012年9月8日閲覧。
  3. ^ Apache Sqoop Graduates from Incubator”. 2012年9月8日閲覧。
  4. ^ Microsoft SQL Server Connector for Apache Hadoop”. 2012年9月8日閲覧。
  5. ^ Couchbase Hadoop Connector”. 2012年9月8日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]