Socket 7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Socket 7
Socket 7.jpg
ソケット形式 ZIF
チップ形状 SPGA
コンタクト数 321ピン
バスプロトコル P5
FSB 50 - 83 MHz
電圧範囲 2.5V - 3.5V
採用プロセッサ Pentium 75 - 233 MHz[注 1]
AMD K5
AMD K6
AMD K6-2 200 - 333MHz[注 2]
6x86 (and 6x86MX) P120–P233

Socket 7x86CPUソケットの物理および電気的仕様の一つである。インテルPentiumプロセッサやサイリックスAMD等の互換品が用いる。許容システムクロックは50 - 83 MHz、CPU動作電圧は2.5V - 3.5V。

このソケットの仕様に適合するCPUであれば、どんなものでもSocket 7適合のマザーボードに挿入することができる。Socket 7はそれ以前に用いられていたSocket 5上位互換でもあり、Socket 5用のCPUをSocket 7に挿入することもでき、Socket 5で動作するCPUはBIOSさえ対応していればSocket 7でも動作する。

Socket 7にはSocket 5にないピンが二つあり、複数の電圧でCPUを動作させることができる(ただし、初期のSocket 7仕様のマザーボードは単一の電圧しかサポートしないものもあった)。Socket 5は、単一の動作電圧しかサポートせず、後に生まれたCPUに見られる、動作電圧を下げ、発熱と電力消費を抑えようという要請に合致しなかった。

Socket 7がサポートするCPUは例えば 2.5V - 3.5Vで動作する Pentium 75 - 233 MHzやAMD K5AMD K6AMD K6-2 200 - 333MHz[注 2]やサイリックスの 6x86 (and MX) P120 - P233などである。

Socket 7はSPGAソケットであり、ごく稀には296ピンLIFを用い、37 x 37に配列することもあるが、通常は321ピンのZIFソケットを19 x 19の配列で用いる。

FSB 100MHz対応のAMD K6-2K6-IIIプロセッサ用に Super Socket 7Super 7とも)が設計された。これらのプロセッサはSocket 7より高いFSBで動作し、AGPを用いるので、このソケットが必要となった。Super Socket 7とSocket 7とは大体において互換であるが、マザーボードとCPUの両方がSuper Socket 7仕様である場合に限り、これらの新しい機能を活かせる。システムクロックは95-100MHz。

Socket 7はSocket 5からの互換性により、ゲタが発売された事や、バッファローアイ・オー・データ機器などの周辺機器メーカーからゲタとCPUとCPUクーラーがセットになった「CPUアクセラレーター[3][4]や、インテルから「オーバードライブプロセッサ[5]が発売された事などにより、息の長い規格となった。しかし、Slot 1向けのCPUと比べると整数演算では勝ってはいたものの、浮動小数点演算は劣っているCPUが多かった。このためビジネス用途には強いものの、浮動小数点演算性能が要求されるゲーム動画再生などはやや苦手であった。

かつて発売されていたゲームの要件で、「Pentium II 300MHz以上」とうたわれていると同時に、「Socket 7系マシンでは、クロック数に関わらず動作保証対象外」と表記されているものがあるのはこのためである。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ MMX Pentiumを含む。
  2. ^ a b 300MHzおよび333MHzはFSBが66MHzのCPUのみ対応[1][2]

出典[編集]