SYSTEM ES1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

SystemES1(システムES1)は、バンダイナムコゲームスが開発したアーケードゲーム基板。映像のHD出力に対応している。

オペレーティングシステムDebianLinux[1]

また、OSをMicrosoft Windows Embedded 7[2]に変更したSystem ES2 PLUS、System ES3と言った上位基板も存在する。

性能[編集]

  • マザーボード:Supermicro C2SBM-Q(Intel Q35 + ICH9DOチップセット)
  • CPU:Intel Core 2 Duo E8400(3.00 GHz)
  • RAM:2×512 MB DDR2 800 MHz 1.8V
  • GPU:NVIDIA GeForce 9600 GT PCIe 2.0 x16(512 MB GDDR3メモリ搭載)
  • 出力:2 DVIポート/ 1 DVI-Iポート、1 VGAポート、1 HDMIポート
  • ストレージ:Seagate Barracuda 7200.12 160 GB(ST3160318AS)/ 日立 Deskstar 7K1000.C 160 GB(HDS721016CLA382)SATA HDD
  • オペレーティングシステム:arcadelinux 32-bit(Debian 4.0ベース)
  • サウンド:5.1チャンネルHDオーディオ
  • 保護:TPM 1.2、HDDコピープロテクション、HASP HL Max USBドングル

主なタイトル[編集]

(発売元は全てバンダイナムコゲームス)

発売されたタイトル[編集]

SYSTEM ES1
SYSTEM ES2 PLUS
SYSTEM ES3

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 起動シーケンスにおいてGRUBのメッセージ、TuxペンギンロゴやDebianロゴが確認できる。
  2. ^ 起動シーケンスにおいて「Windowsを起動しています」といったメッセージやロゴが確認できる。