STSAT-2B

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
STSAT-2B
所属 KARI
状態 打ち上げ失敗
設計寿命 2年[1](予定)
打上げ機 羅老
打上げ日時 2010年6月10日17時01分[2]
消滅日時 2010年6月10日17時02分
物理的特長
質量 100kg[3]
軌道要素
周回対象 地球
近点高度 (hp) 300km (計画)[3]
遠点高度 (ha) 1500km (計画)[3]
軌道傾斜角 (i) 80°(計画)[3]
STSAT-2B
各種表記
ハングル 과학기술위성 2호
漢字 科學技術衛星 2號
テンプレートを表示

STSAT-2B(Science and Technology Satellite 2B、科学技術衛星2号)は韓国人工衛星。2010年6月10日に羅老による打ち上げに失敗し、ペアで運用される予定だったSTSAT-2Aに引き続いて、打ち上げ失敗による喪失となった[4]

運用は韓国航空宇宙研究院が行う予定で、将来に向けた技術実証を目的としていた。重量は100kgで[3]、最低でも2年間の運用が予想されていた[1]

機器[編集]

STSAT-2Bには地球の輝度温度 (brightness temperatureを測定するDREAM(Dual-channel Radiometer for Earth and Atmosphere Monitoring、地球・大気監視用デュアルチャネルラジオメータ)が搭載されていた。

この他にもLRA(Laser Retroreflector Array、レーザー逆反射器配列)が搭載されており、衛星の軌道要素の高精度測定に使用される予定だった。LRAによって収集されたデータはDREAMの調整や測地学研究、ロケットの性能評価にも使用される予定だった[1]製作公差のため、STSAT-2Bの逆反射器 (RetroreflectorによるデータはSTSAT-2Aで予定していたものより正確な精度が得られるとされた[5]

また一連の工学実験も計画されており、実験的オンボードコンピュータ、最大10Mbpsのデータ中継のほかに、姿勢制御システムの調査、パルスプラズマスラスター (pulsed plasma thrusterやスター・トラッカー、太陽センサーの試験の実施が予定されていた[1]

打ち上げ[編集]

打ち上げは羅老宇宙センターからKSLV-1ロケットによって行われた。KSLV-1の2回目の打ち上げであり、KSLV-1の最後の打ち上げとなる予定であった。KSLV-1はロシアのクルニチェフ国家研究生産宇宙センターが製造したアンガラ・ロケットの1段目[6]と韓国が製造した固体燃料の2段目から構成される。前回のKSLV-1によるSTSAT-2Aの打ち上げは失敗している[4]

打ち上げは当初6月9日を予定しており、打上げウィンドウは07:30 GMT(現地時間、16:30)から2時間であった。延期した場合、6月19日までの同時間帯が打ち上げ可能期間になっていた[2]

6月7日に行われた起立作業で電気信号の追加点検により、起立完了が5時間遅れの6月7日21時頃となったため[7][8]、打ち上げ日時が2日後の6月9日17時00分に設定し直された[9][10]。さらに、6月9日13時52分頃に消防設備が誤作動をおこし3ヶ所のノズルから消火剤が噴出したため、14時2分に発射運用が中止となり、打ち上げは再び延期された[11][12]

結局6月10日17時01分に打ち上げが実行されたが、発射137秒後に爆発を起こし、通信が途絶え墜落した[13]

予定軌道は近地点約300km、遠地点約1500km、軌道傾斜角約80度であった[3]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Noll, Carey. “ILRS Mission Support Status”. STSAT-2 Satellite Information. NASA. 2010年4月24日閲覧。
  2. ^ a b Jang Ji-yun (2010年4月20日). “Korea to Launch 2nd Naro Space Rocket on June 9”. Arirang. 2010年4月24日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Noll, Carey. “STSAT-2”. STSAT-2 Satellite Information. NASA. 2010年4月24日閲覧。
  4. ^ a b S. Korean satellite lost shortly after launch: gov't”. Yonhap News Agency (2010年8月26日). 2010年4月24日閲覧。
  5. ^ Noll, Carey. “RetroReflector Array (RRA) Characteristics”. STSAT-2 Satellite Information. NASA. 2010年4月24日閲覧。
  6. ^ First-Stage Engine of Naro-1 to Arrive on Weekend”. Arirang (2010年4月2日). 2010年4月24日閲覧。
  7. ^ 나로호 연결 과정에서 문제 발생 YTN. 2010年6月10日閲覧。
  8. ^ 나로호 발사 연기 여부 오늘 결정 文化放送 (韓国). 2010年6月10日閲覧。
  9. ^ 速報:「羅老号」、午後5時打ち上げが最終確定 聯合ニュース. 2010年6月10日閲覧。
  10. ^ 나로호 카운트다운, 성공이냐 실패냐 운명의 오후 5시 ハンギョレ. 2010年6月10日閲覧。
  11. ^ 나로호 원인규명 안돼 발사일정 불투명 東亜日報. 2010年6月10日閲覧。
  12. ^ 이주진 원장 "발사체엔 별 영향없다" 毎日経済新聞. 2010年6月10日閲覧。
  13. ^ “<「羅老号」再打ち上げ>爆発で通信断絶、公式発表”. 聯合ニュース. (2010年6月10日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/itscience/2010/06/10/0600000000AJP20100610004500882.HTML 2010年6月10日閲覧。 

関連項目[編集]