STSAT-2A

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
STSAT-2A
打上げ日時 2009年8月25日
08:00 (GMT
輸送ロケット KSLV-1
打上げ場所 羅老宇宙センター
任務期間 2年(予定)
打ち上げ失敗
質量 90 kg
軌道要素
軌道傾斜角 80°(予定)
遠点高度 1,500 km(予定)
近点高度 300 km(予定)
軌道周期 102.998 分(予定)
STSAT-2A
各種表記
ハングル 과학기술위성 2호
漢字 科學技術衛星 2號
テンプレートを表示

STSAT-2A (Science and Technology Satellite 2A[1]、科学技術衛星2号A)は韓国小型人工衛星羅老宇宙センターから韓国航空宇宙研究院羅老1号機によって打ち上げられたが[2][3]フェアリングの片側が分離に失敗し[4]、結果的に衛星はロケットの2段目と共に地球に再突入した。

概要[編集]

SaTReC(Satellite Technology Research Center)は科学技術省からの支援を受けてSTSAT-2Aを太陽観測衛星、レーザー測距衛星、工学技術実証衛星として開発し、ライマンαイメージング太陽望遠鏡(LIST)と人工衛星レーザー測距(SLR)装置が搭載された[5]。2年間の運用が予定され、当初は2005年から2007年の間に打ち上げられる予定だった[6]

この衛星は2003年9月27日にコスモス3Mによって打ち上げられたSTSAT-1の後継機で、当初、2007年に予定された打ち上げの際には地球・大気監視用デュアルチャネルラジオメータ(DREAM, Dual-channel Radiometers for Earth and Atmosphere Monitoring)がSTSAT-2のメイン機器となる予定だった[7]

STSAT-2Aミッションの目的は3つから構成され、それぞれ

  1. 国内射場から国産ロケットによって打ち上げられる100kg低軌道衛星の国内開発
  2. 小型衛星のための先進技術の開発
  3. 世界に通用する科学宇宙観測装置の開発と運用

である[1]

関連項目[編集]

  • STSAT-1 - 2003年9月27日、コスモス3Mロケットにより打上げ。
  • STSAT-2B - 2010年6月10日に打ち上げ。羅老が爆発し失敗に終わる。
  • STSAT-2C - 2013年1月30日に打ち上げ。羅老による初の軌道投入成功。
  • STSAT-3 - 2013年にドニエプルで打上げ。

参考文献[編集]

  1. ^ a b STSAT-2”. NASA. 2009年8月26日閲覧。
  2. ^ “South Korea Completes Space Center For Rocket Launch”. AFP Nasdaq. (2009年6月12日). http://www.nasdaq.com/aspx/stock-market-news-story.aspx?storyid=200906100512dowjonesdjonline000330&title=south-korea-completes-space-center-for-rocket-launch 2009年6月14日閲覧。 
  3. ^ “Gov't Approves Launch of S. Korea's First Space Rocket”. Telecoms Korea News Service. (2009年6月2日). http://www.telecomskorea.com/index.php?option=com_content&task=view&id=7382&Itemid=2 2009年6月14日閲覧。 
  4. ^ S. Korean satellite lost shortly after launch: gov't”. Yonhap News. 2009年8月26日閲覧。
  5. ^ Krebs, Gunter. “STSAT 2”. Gunter's Space Page. http://space.skyrocket.de/index_frame.htm?http://www.skyrocket.de/space/doc_sdat/stsat-2.htm 2009年6月14日閲覧。 
  6. ^ Lee, Jun HO. “Korea's First Satellite for Satellite Laser Ranging (pdf)”. Satellite Technology Research Center (SaTReC). Korea Advanced Institute of Science and Technology. 2009年6月14日閲覧。
  7. ^ Kim, Sung-Hyun; De-Hai Zhang, Ho-Jin Lee, Hyuk Park, Seok-Hun Yun, Chun-Sik Chae, Eun-Sup Sim, Jing-Shan Jiang, Yong-Hoon Kim (July 25–29, 2005). “Korean spaceborne microwave radiometer on STSAT-2: Dual-channel Radiometers for Earth and Atmosphere Monitoring (DREAM)”. Geoscience and Remote Sensing Symposium, 2005. IGARSS '05. Proceedings. 2005 IEEE International (South Korea: Dept. of Mechatronics, Gwangju Inst. of Sci. & Technology) 1: 3. doi:10.1109/GARSS.2005.1256211. ISBN 0-7803-9050-4. http://ieeexplore.ieee.org/xpl/freeabs_all.jsp?arnumber=1526211 2009年6月15日閲覧。.