コンテンツにスキップ

SANZAAR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SANZAAR
設立 1996年 (28年前) (1996)
種類 国際競技連盟
本部 オーストラリアシドニー
CEO Brendan Morris
加盟 南アフリカラグビー協会
ニュージーランドラグビー
ラグビーオーストラリア
アルゼンチンラグビー協会
ウェブサイト https://super.rugby/about-sanzar/
テンプレートを表示

SANZAAR (サンザー) は、ラグビーユニオンにおける南半球の大会スーパーラグビーザ・ラグビーチャンピオンシップを運営する団体である。 1996年に南アフリカニュージーランドオーストラリアの各ラグビー協会が合弁事業としてSANZAR(サンザー)を設立。2016年からアルゼンチンが加わり、名称がSANZAARになった。

名称の由来[編集]

SANZARの名称は「South African, New Zealand and Australian Rugby」の頭文字に由来している[1]。これにアルゼンチン(Argentina)の「A」が増え、現在のSANZAARとなった[1]

歴史[編集]

1996年、トライ・ネイションズとスーパー12を開始[編集]

1995年13人制ラグビーリーグにはプロ選手が高額の報酬で集まり、南半球、特にオーストラリアでは人気だった[2][3]。 それに危機感を持った15人制ラグビーユニオンは、それまでのアマチュア規約を捨ててオープン化(プロ化)した[3]

ラグビーユニオンのプロ化に対抗するように、オーストラリアではラグビーリーグが新しくスーパーリーグの大会を設立した[4]。 ラグビーユニオンの南半球3協会、南アフリカニュージーランド、オーストラリアは、スーパーリーグに対抗する大会を運営するために共同出資でSANZARを翌年設立した[5]

SANZARは、以下のような南半球の主要ラグビー大会のテレビ放映権を各国に販売し、ラグビーユニオンの商業基盤の構築を行った[6]

1996年からSANZARは、3か国のプロチームが参加するスーパー12(Super 12)を毎年開催。 これは、南アフリカ4チーム、ニュージーランド5チーム、オーストラリア3チームの計12チームが参加する国際リーグ戦とした。 また、各国のナショナルチームによるトライネイションズ(Tri Nations)も毎年実施した。

2006年、スーパー14を経てスーパーラグビーに[編集]

2006年シーズンに新たに2チーム(南アフリカ1、オーストラリア1)が参入したため、スーパー12は「スーパー14」(Super 14)へと名称変更された。さらに2011年シーズンからレベルズ(オーストラリア・メルボルン)が参入し15チームになったのを機に「スーパーラグビー」(Super Rugby)となった。

2012年、ザ・ラグビーチャンピオンシップ開始[編集]

2012年、トライネイションズはアルゼンチンが加わり、4か国による「ザ・ラグビーチャンピオンシップ」(The Rugby Championship)に改称した。

2016年、アルゼンチン加入 と 日本サンウルブズの参加[編集]

2016年からSANZARにアルゼンチンラグビー協会が参加し、SANZAARに改称した[1]

スーパーラグビー2016年シーズンから、アルゼンチンハグアレス、南アフリカのキングス、日本のサンウルブズが参加[7]。サンウルブズは、日本がスーパーラグビーに参加するために作ったチームである。

2019年3月22日、サンウルブズは2020年シーズン限りでスーパーラグビーへの参加を終えることが発表された[8]

2020年に新型コロナウイルス感染症の世界的流行による渡航制限・試合中止が続いた中、サンウルブズの活動が終了した[9][10][11]。同年、アルゼンチンのハグアレスもチームを解散し、南アフリカの4チームは北半球の大会ユナイテッド・ラグビー・チャンピオンシップに移った[12]。結局、2020年のスーパーラグビーは途中中断となり、不成立となった。

2020年・2021年は、各国に分かれてローカルなリーグ戦を行った。オーストラリアでは「スーパーラグビーAU」に5チーム、ニュージーランドでは「スーパーラグビー・アオテアロア」に5チームで、それぞれ開催。2021年には、2つのリーグの交流戦として「スーパーラグビー・トランスタスマン」を開催した(相手リーグとの総当たり戦を1回行った後、上位2チームによる決勝戦を実施)[13]

2022年、スーパーラグビー・パシフィック誕生[編集]

2022年から、スーパーラグビーの大会を一新。オーストラリアとニュージーランドの10チームに、フィジーのチームで過去にオーストラリア選手権(National Rugby Championship)を制したことがある「フィジアン・ドゥルア」と、トンガサモアなどの太平洋諸島出身者・国籍所有者で構成する「モアナ・パシフィカ」の2チームが加わり、12チーム参加の「スーパーラグビー・パシフィック」となった[14]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c About SANZAAR” (英語). Super Rugby. 2023年7月3日閲覧。
  2. ^ トラベルドンキー (2022年3月28日). “【2022年更新】オーストラリアのラグビー、その種類と見どころを完全解説!”. トラベルドンキー. 2023年7月3日閲覧。
  3. ^ a b 2つのラグビー~ラグビー・ユニオンとラグビー・リーグ~”. ニッセイ基礎研究所. 2023年7月3日閲覧。
  4. ^ スーパーリーグ”. jp.bsportsfan.com. 2023年7月3日閲覧。
  5. ^ to 2019, Go (2016年2月18日). “スーパーラグビーとは?~歴史と全15チーム・日程・見どころ紹介~”. Go to 2019. 2023年7月3日閲覧。
  6. ^ Our History” (英語). NZ Rugby. 2023年7月4日閲覧。
  7. ^ スーパーラグビーは来季から15チーム体制へ、SANZARがフォーマット変更を発表”. www.afpbb.com (2017年4月9日). 2023年7月3日閲覧。
  8. ^ 2020年最後にサンウルブズはスーパーラグビーから除外 SANZAARが公式発表 - ラグビーリパブリック” (2019年3月22日). 2023年7月3日閲覧。
  9. ^ スーパーラグビー中断でサンウルブズ一時解散、帰国へ。 - ラグビーリパブリック” (2020年3月16日). 2023年7月3日閲覧。
  10. ^ サンウルブズ、豪州版スーパーラグビーへの参戦ならず。全活動終える - ラグビーリパブリック” (2020年6月1日). 2023年7月3日閲覧。
  11. ^ サンウルブズよ、ありがとう。サンウルブズよ、永遠に。 - ラグビーリパブリック” (2020年8月9日). 2023年7月3日閲覧。
  12. ^ 南アフリカは北へ行く! プロ14勢との新リーグ参戦正式決定。欧州クラブ最高峰大会への道も - ラグビーリパブリック” (2021年6月16日). 2023年7月4日閲覧。
  13. ^ 来季スーパーラグビーは楽しみ2倍 NZと豪州のチーム対戦するトランス-タスマン大会も開催(ラグビーリパブリック)
  14. ^ WOWOW・スーパーラグビー パシフィック

外部リンク[編集]