Rioシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Rioシリーズ(リオシリーズ)は、ネットが発売したパチスロ機のうち、リオ(Rio)をメインキャラクターとした一連の機種を指す。

後にパチンコ化・アニメ化も行われるなどメディアミックス展開が進められている。

歴史[編集]

キャラクターとしてのリオが初めて登場したのは2003年の「スーパーブラックジャック」が最初であるが、この時点でリオは大当たり中やAT・リオチャンス中の演出にしか登場しないキャラクターであった。

パチスロ機が5号機に移行してネットが最初に発売した「リオパラダイス」からはリオがメインキャラクターとなり、演出もよりキャラクター重視の、いわゆる「萌えスロ」となった。

なおRioシリーズの液晶演出は一貫してテクモ2010年4月1日以降はコーエーテクモウェーブ)が製作している。

パチスロ機一覧[編集]

直系機種
関連機種

主要キャラクター[編集]

スーパーブラックジャックから登場[編集]

リオ・ロリンズ・タチバナ(Rio)
10月11日生まれ。自称21歳だが、実年齢は19歳。身長164cmで、血液型はB型。
カジノの女性ディーラー。当初は大型ホテル「ハワードリゾート」内のカジノに勤めていたが、『Rio2』では豪華客船「ヴァナディース号」に移籍した。
ミント・クラーク(Mint)
大富豪・Mr.クラークの孫娘。『ドリスタ』では主人公に抜擢された。
ティファニー
「ハワードリゾート」の一番人気のバニーガール。
ローザ・キャニオン
ハリウッド女優で、リオが幼い頃面倒を見ていたことがある。

リオパラダイスから登場[編集]

リナ(Rina)
リオの異母妹で、年齢はリオと同じ19歳。
出自を隠してリオの母親・リサの弟子となり、トップディーラーの座を賭けリオのライバルとして登場する。出自が明らかとなってからはお互い和解している。
リンダ
「ハワードリゾート」の経営者、トム・ハワードが作ったアンドロイド。ディーラー用として作られたが、内部メモリの出費をケチったためにドジっ子になってしまう。

関連商品[編集]

ドラマCD[編集]

いずれもコーエーテクモウェーブから発売。

Rio Sound Hustle! -Rio盛-
2009年12月23日発売、KECH-1517
Rio Sound Hustle! -Mint盛-
2009年12月23日発売、KECH-1518
Rio Sound Hustle! -Rina盛-
2009年12月23日発売、KECH-1519
Rio Sound Hustle! -MEGA盛-
2010年2月1日発売、KECH-9005
CD2枚+CD-ROM1枚(デスクトップキャラクター集収録)

声の出演(ドラマCD版)

テレビアニメ[編集]

2011年1月から3月まで、『Rio RainbowGate!』(リオ レインボーゲート!)のタイトルで放送された。

パチンコ[編集]

2011年8月に平和から「CRぱちんこRio」が発売。キャラクター設定はパチスロ版をベースにしつつも、声優は『Rio RainbowGate!』の出演者を起用している。

2014年1月に平和から「CRぱちんこRio -Rainbow Road-」が発売。第一弾と同じく、声優は『Rio RainbowGate!』の出演者を起用している。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]