Protocol Data Unit

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
媒体アクセス制御(MAC)層のprotocol data unit(PDU)は物理層service data unit英語版(SDU)となる。

電気通信において、protocol data unitPDU、プロトコルデータユニット)とは、コンピュータネットワークのピアエンティティ(両端)の間で送受信される最小の情報の単位である。

PDUは、通信プロトコルで定義された制御情報(ヘッダ)部分と、通信データの中身であるペイロードからなる。 通信プロトコルスタックの階層化アーキテクチャでは、各層は、特定のタイプやモードのデータ交換に合わせて調整されたプロトコルを実装し、それによって、プロトコルで規定されるPDUが異なる。例えば、TCPはコネクション型転送モードを実施し、このプロトコルにおけるPDUはセグメントと呼ばれる。一方、UDPはコネクションレス型転送モードを実施し、PDUとしてデータグラムを使用する。インターネット・プロトコル・スイートの下位層であるインターネット層では、PDUはペイロードタイプに関係なくパケットと呼ばれる。

[編集]

OSI参照モデル[編集]

OSI参照モデルの各層のPDUは次のようになる[1]

階層 PDU
第4層 トランスポート層 パケット・セグメント英語版またはデータグラム
第3層 ネットワーク層 パケット
第2層 データリンク層 フレーム
第1層 物理層 ビット(より一般的にはシンボル

特定のOSI階層に関する文脈においては、PDUはその階層での表現の同義語として使用されることがある。

インターネット・プロトコル・スイート[編集]

インターネット・プロトコル・スイートの各層のPDUは次のようになる。

階層 PDU
トランスポート層 TCPではTCPセグメント。UDPではデータグラム
インターネット層 パケット
リンク層 フレーム

イーサネット上のTCP/IPでは、物理層のデータはイーサネットフレームによって転送される。

ATM[編集]

ATMのデータリンク層のPDUはセルと呼ばれる。

media access control protocol data unit[編集]

media access control protocol data unit (MPDU) は、OSI参照モデルに基づいて通信システム内の媒体アクセス制御(MAC)エンティティ間で交換されるメッセージである。

MPDUがMAC service data unit英語版(MSDU)よりも大きくなることのあるシステムでは、MPDUはパケット・アグリゲーション英語版によって複数のMSDUに分割される場合がある。MPDUがMSDUよりも小さいシステムでは、パケット・セグメンテーション英語版によって、1つのMSDUが複数のMPDUを生成することがある。

transport protocol data unit[編集]

transport protocol data unit (TPDU) は、ペイロードメッセージの先頭に数バイトのルーティングヘッダを追加したメッセージカプセル化フォーマットである。

TPDUには、オーバーヘッドTPDUとバイトあたりのオーバーヘッドの2つの処理オーバーヘッド英語版がある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Data Encapsulation, Protocol Data Units (PDUs) and Service Data Units (SDUs)”. The TCP/IP Guide. 2012年4月5日閲覧。

外部リンク[編集]