フレーム (ネットワーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フレーム(frame)とは、コンピュータネットワーク電気通信におけるデジタルデータ転送の構成単位。

概要[編集]

フレームは通常、フレーム同期英語版のための、ビットデータあるいはシンボルで表現された情報が付加されており、それによってシンボルやビットデータのストリームの中に組み込まれた実データの開始と終了を受信者側は判別できる。 フレーム転送の中途から受信者がシステムに接続した場合、受信者はそれを無視し、新しいフレーム同期シーケンス開始の検知を待つ。

コンピュータネットワークにおいて、フレームとはOSI参照モデルデータリンク層 (Layer 2) におけるデータ通信単位である。 [1] フレームとは「データリンク層プロトコルにおける伝送単位であり、リンク層ヘッダ (link layer header) とそれに続くパケット(実データ)からなる。」 [2] 実例には、イーサネット・フレームPoint-to-Point Protocol (PPP) フレーム、V.42 モデム・フレームが挙げられる。

遠隔通信、特に時分割多重化 (TDM) と時分割多元接続 (TDMA) において、フレームは周期的に反復される(チャネル順に回り持ちされる)データブロックであり、それは論理TDMチャネルあるいはTDMAトランスミッタごとに割り当てられた固定長のタイムスロット(時間区間)からなる。 この場合は通常、フレームは物理層におけるものとなる。 TDM の実例としては SONET/SDH と ISDN の回線交換型 B-channel がある。 TDMA の実例としては 2G3G の回線交換型携帯電話サービスがある。 フレームは時分割複信 (time-division duplex) でも使われており、携帯端末はタイムスロットを切り替えることで、送信と受信を(見かけ上)同時に行える。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Data Link Layer (Layer 2)”. The TCP/IP Guide (2005年9月20日). 2010年1月31日閲覧。
  2. ^ RFC 1122: Requirements for Internet Hosts — Communication Layers”. IETF (1989年10月). 2015年3月11日閲覧。