カプセル化 (通信)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーザーデータをTCP/IPプロトコルスタックでカプセル化する順序

コンピュータネットワークにおけるカプセル化: encapsulation)は、モジュラーな通信プロトコルの設計技法であり、上位のオブジェクトを下位の構造から隠蔽または内包させることで、ネットワークでの論理的に独立した機能を抽象化すること。

物理層はデータの物理的転送を受け持つ。リンクをカプセル化することにより、LANIPで個々のコンピュータにグローバルアドレスを設定可能となっている。UDPなどは、ポート番号WebサーバTFTPサーバなどのサービスを指定でき、それによってアプリケーションやプロセスを選択できるようになっている。

カプセル化を論じるとき、より抽象化された層を上位層プロトコル、より具体的な層を下位層プロトコルと呼ぶ。ただし、単にIPの上と下の層をそれぞれ上位層プロトコル下位層プロトコルと呼ぶこともある。

カプセル化はほとんどのネットワーキングモデルに共通する特徴であり、OSI参照モデルTCP/IPも例外ではない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]