PowerDNS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PowerDNS Server
作者 PowerDNS.COM BV
開発元 PowerDNS Community, Bert Hubert
最新版 4.3.0 / 2020年4月7日(2か月前) (2020-04-07[1]
リポジトリ github.com/PowerDNS/pdns
プログラミング言語 C++
対応OS Unix系
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 DNS server
ライセンス GNU General Public License v2
公式サイト https://www.powerdns.com/
テンプレートを表示
PowerDNS Recursor
作者 PowerDNS.COM BV
開発元 PowerDNS Community, Bert Hubert
最新版 4.3.1 / 2020年5月19日(43日前) (2020-05-19[2]
リポジトリ github.com/PowerDNS/pdns
プログラミング言語 C++
対応OS Unix系
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 DNS server
ライセンス GNU General Public License v2
公式サイト https://www.powerdns.com/recursor.html
テンプレートを表示

PowerDNSDNSサーバで、 C++で記述され、 GPLの下でライセンスされている。 ほとんどのUnix系OSで実行される。 PowerDNSは、単純なBINDスタイルのゾーンファイルからリレーショナルデータベース [3]負荷分散 / フェイルオーバー アルゴリズムに至るまで、さまざまなバックエンドを備えている。DNS リゾルバは別のプログラムとして提供される。

歴史[編集]

PowerDNS の開発は1999年に始まり、当初は商用のプロプライエタリ製品だった。 2002年11月、ソースコードはオープンソースGPL v2ライセンスの下で公開された。 [4] [5]

特徴[編集]

PowerDNS Authoritative Server(pdns_server)は、単一のコアと、 マルチスレッドを実行する複数の動的にロード可能な バックエンドで構成される。コアはすべてのパケット処理とDNSインテリジェンスを処理し、1つ以上のバックエンドは任意のストレージ方法を使用してDNSレコードを配信する。

ゾーン転送と更新通知がサポートされており、プロセスは非特権およびchrootedで実行できる。 クエリ処理を高速化するために、さまざまなキャッシュが維持される。 実行時制御pdns_controlコマンドを介して利用する。これにより、個別のゾーンのリロード、キャッシュパージ、ゾーン通知、およびマルチルータートラフィックグラファー / rrdtool 形式の統計のダンプが可能になる。 オプションのビルトインWebサーバからリアルタイム情報を取得することもできる 。

PowerDNS の管理インターフェイスを作成する独立したプロジェクトが多数ある。

DNSSEC[編集]

PowerDNS Authoritative Serverは、バージョン3.0の時点でDNSSECをサポートしている。 事前に署名されたゾーンを提供できるが、オンライン署名とキー管理を実行することもできる。これには比較的簡単であるという利点があるが、サーバー自体に暗号化キー情報が存在するという欠点がある(例えば、 HSM で使用されない場合のHTTPSサーバにも当てはまります)。

リゾルバ[編集]

PowerDNS Recursor (pdns_recursor [6])は、個別のプロセスとして実行される解決DNSサーバである。

PowerDNS のこの部分はシングルスレッドだが、 BoostとMTaskerライブラリ[7]を使用して、マルチスレッドであるかのように記述される[8]これは単純な協調マルチタスクライブラリです。 スタンドアロンパッケージとしても利用できる。

pdns_recursor を単独で実行することは権限のあるコンポーネントよりも効率的であるため、単にキャッシング/再帰/ネームサービスを提供することが目的であれば、pdns_recursorのゲートキーパーとしてpdns_serverプロセスを実行する必要ない。

2007年現在、Recursor は、AOLShaw Cable、Neuf Cegetel 等、世界最大のインターネットサービスプロバイダのいくつかで使用されている。

DNSSEC 検証のサポートは、バージョン4.0のpdns_recursor に追加された。

参照[編集]

  • DNSサーバーソフトウェアの比較

参照資料[編集]

  1. ^ Changelogs for Authoritative Server 4.3.x” (2020年4月7日). 2020年5月20日閲覧。
  2. ^ Changelogs for Recursor 4.3.x” (2020年5月19日). 2020年5月20日閲覧。
  3. ^ Jeannerot (2016年10月21日). “POWERDNS〔ママ〕 (html)” (フランス語). Azylis dot net. 2019年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月27日閲覧。 “Nous allons utiliser POWERDNS avec un stockage des tables DNS dans une base de données MARIADB.”
  4. ^ Mens, Jan-Piet (2008). Alternative DNS Servers: Choice and Deployment, and Optional SQL/LDAP Back-Ends (Paperback). UIT Cambridge Ltd.. pp. 114. ISBN 978-0-9544529-9-5 
  5. ^ About”. PowerDNS. PowerDNS.COM BV (n.d.). 2019年1月24日閲覧。 “"PowerDNS was launched in 1999"; "Originally closed source"; "In 2002, all PowerDNS software was released as open source"”
  6. ^ PowerDNS Recursor”. Doc.powerdns.com. 2014年5月11日閲覧。
  7. ^ MTasker
  8. ^ MTasker

外部リンク[編集]