PlantUML

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PlantUML
開発元 Arnaud Roques[1]
初版 2009年4月17日 (2009-04-17)[2]
最新版
V1.2019.12 / 2019年11月3日 (17か月前) (2019-11-03)[3]
リポジトリ ウィキデータを編集
プログラミング
言語
Java
対応OS Linux, OS X, Windows
種別 UML Modeling
ライセンス GNU General Public License
公式サイト plantuml.com
テンプレートを表示

PlantUMLはオープンソースのUMLダイアグラム作成用のテキストベースの言語である。PlantUMLの言語はドメイン固有言語の一例である[4]。ダイアグラムの表示にはGraphvizを使用している。

PlantUMLを使用するアプリケーション[編集]

PlantUML.com はクラウド上でダイアグラムを生成する。PlantUMLには、ほかにも様々な拡張機能がある。

テキストとUMLの対応[編集]

PlantUMLは整形され、人間に読むことのできるコードをダイアグラムの描画に用いている。

PlantUMLは様々な形式のダイアグラムをサポートし、レイアウトを明確にする必要がない。もし必要があればダイアグラムの修正を行うことも可能である。

[編集]

Facade パターンのUMLクラス図の例を以下に示す。

skinparam style strictuml
class Façade {
 doSomething()
}
Façade .> package1.Class1
Façade .> package2.Class2
Façade .> package3.Class3
Client1 .> Façade : doSomething()
Client2 .> Façade : doSomething()
note as N2
doSomething() {
  Class1 c1 = newClass1();
  Class2 c2 = newClass2();
  Class3 c3 = newClass3();
  c1.doStuff(c2)
  c3.setX(c1.getX());
  return c3.getY();
}
end note
Façade .. N2

Draw Facade pattern in PlantUML.

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ PlantUML overview”. 2014年8月23日閲覧。
  2. ^ http://sourceforge.net/projects/plantuml/
  3. ^ list of evolutions and bug fixes”. 2019年11月15日閲覧。
  4. ^ Campagne, Fabien (June 16, 2014). The MPS Language Workbench, Vol. 1. CreateSpace Independent Publishing Platform. ISBN 9781497378650. http://books.google.ca/books?id=nvcEAwAAQBAJ&lpg=PT18&dq=%22plantuml%22&pg=PT19#v=onepage&q=%22plantuml%22&f=false