Ntrip

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Ntripはインターネットを介してディファレンシャルGPS(DGPS)データを配信するためのプロトコルであり、「The Networked Transport of RTCM via Internet Protocol」の頭文字をとったものである。仕様は、RTCM英語版によって公表されている[1]。Ntripは、 Hypertext Transfer Protocol HTTP / 1.1に基づく一般的なステートレス・プロトコルで、 GNSSデータストリーム用に拡張がされている[2]

Ntripは、ドイツ地図測地測地局(BKG)およびドルトムント大学コンピュータサイエンス学科によって開発された。 Ntripは2004年9月に「インターネットプロトコル(Ntrip)によるRTCMのネットワーク化転送のためのRTCM推奨規格、バージョン1.0」としてリリースされた。 このプロトコルの最新のバージョンは、2011年6月28日改訂1のバージョン2.0である。

Ntripはオープンスタンダードのプロトコルで、 プロトコルはBKGから自由にダウンロードすることができ、 software.rtcm-ntrip.orgに、入手可能なオープンソース実装がある 。

電子基準点から得られた補正データをリアルタイムに配信する際にもNtripが利用されている。

参考文献[編集]