Mr.ノーバディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mr.ノーバディ
Nobody
監督 イリヤ・ナイシュラー英語版
脚本 デレク・コルスタット
製作
出演者
音楽 デヴィッド・バックリー
撮影 パヴェウ・ポゴジェルスキ
編集
  • ウィリアム・イェー
  • エヴァン・シフ
製作会社 87ノース・プロダクションズ
エイティー・トゥー・フィルムズ
オデンカーク・プロヴィシエロ・エンターテイメント
パーフェクト・ワールド・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2021年3月26日
日本の旗 2021年6月11日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $2.7 million[1]
テンプレートを表示

Mr.ノーバディ』は、イリヤ・ナイシュラーが監督し、デレク・コルスタットが書いた2021年アメリカ合衆国アクションスリラー映画。この映画には、ボブ・オデンカークコニー・ニールセンRZA 、アレックセイ・セレブリャコブ、クリストファー・ロイドが出演する。チンピラから嫌がらせを受けていた赤の他人を助けた男が、復讐に燃える麻薬密売組織の標的になってしまう。オデンカークとデヴィッド・リーチは映画のプロデューサーの一人でもある。

2021年3月26日に、ユニバーサル・ピクチャーズによって米国で劇場公開された。この映画は、批評家たちから総じて肯定的なレビューを受けた。

あらすじ[編集]

ハッチ・マンセルボブ・オデンカーク)は、過小評価されているが、温厚な家族ひとすじの男であり、自らの人生に立ちはだかる荒波に抗うことはしないだろうと周りから言われていた。

ある夜、2人の泥棒がハッチの郊外の家に侵入するも、彼は深刻な問題へと発展することを危惧して、自身や家族を守ることをしなかった。この件により、彼の息子のブレイク(ゲージ・マンロー)と妻のベッカコニー・ニールセン)はハッチに失望し、彼から離れ始めてしまう。この事件は、ハッチに実体のない父親と夫であることに対して憤慨させ、抑圧されたスキルを目覚めさせることで、彼の暗い秘密を明らかにしてしまう [2]

キャスト[編集]

製作[編集]

2018年1月、ボブ・オデンカークが映画のキャストに加わったことが発表された。イリヤ・ナイシュラーがデレク・コルスタットの脚本でもって、監督を務めた。オデンカークは映画のプロデューサーも務め、デヴィッド・リーチもプロデューサーに名を連ねた。コルスタットは、Marc S. Fischerとともにエグゼクティブプロデューサーも務めてた [3] 。STXエンターテインメントが本作を配給することになっていたが [4] 、2019年4月、ユニバーサル・ピクチャーズが、STXから映画の配給権を取得した [5]

2019年10月、コニー・ニールセンクリストファー・ロイドが映画のキャストに加わった [6]

主要撮影は2019年9月にロサンゼルスで始まり[7] 、2019年10月にカナダのウィニペグで製作が再開された[8]

公開[編集]

当初、ユニバーサル・ピクチャーズによって2020年8月14日に米国で劇場公開される予定だったが[9]4月7日、COVID-19のパンデミックにより、映画は6か月後の2021年2月26日に延期された [10]

7月9日、公開日が1週間繰り上がり2021年2月19日に再設定さされた [11]。しかし、2020年12月10日、ユニバーサル・ピクチャーズは当初の計画を採用することを決定し、2月26日の公開に向けてスケジュールを再び変更した 。

2021年1月21日になって、公開日は2021年4月2日に延期されたが[12] 、翌月、映画は1週間繰り上がって2021年3月26日に公開された [13]

批評[編集]

Box office[編集]

米国での公開1週間前に、Varietyは、COVID以前の市場でなら約1500万ドルもの興収デビューであっただろうと推測したのに対し、コロナ禍では最初の週末で約500万ドルの総収入になるのではないかと見積もった [14]

批評家の反応[編集]

レビューアグリゲーターのRotten Tomatoesでは、109人の評論家の83%がこの映画に肯定的なレビューを与え、平均評価は7/10であると報告している。ウェブサイトの批評家のコンセンサスは次のように述べている。「『Mr. ノーバディ』はこのジャンルでの新境地を開拓することはないが、この本能的で暴力的なスリラーは他の多くのものを打ち砕き、粉砕し、破壊している。そして、一方でボブ・オデンカークがアクションスターになるために必要なものを持っていることを証明している。」

Metacriticでは、この映画の加重平均スコアは31人の評論家に基づいて100点満点中63点であり、「一般的に好意的なレビュー」を示している 。

脚注[編集]

  1. ^ Nobody (2021)”. Box Office Mojo. 2021年3月24日閲覧。
  2. ^ Naishuller, Ilya (April 1, 2021), Nobody (Action, Crime, Drama), Bob Odenkirk, Connie Nielsen, Christopher Lloyd, J. P. Manoux, 87North, Eighty Two Films, Odenkirk Provissiero Entertainment, https://www.imdb.com/title/tt7888964/ 2021年1月27日閲覧。 
  3. ^ Nobody: February 19, 2021”. Universal Pictures. 2020年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  4. ^ N'Duka (2018年1月11日). “Bob Odenkirk To Produce & Star In STX Action Thriller 'Nobody' From 'Atomic Blonde', 'John Wick' Producers”. Deadline Hollywood. 2019年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月10日閲覧。
  5. ^ Kroll (2019年4月22日). “'Hobbs & Shaw' Director David Leitch, Kelly McCormick Sign First-Look Deal With Universal (EXCLUSIVE)”. Variety. 2019年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月10日閲覧。
  6. ^ Sneider (2019年10月14日). “Exclusive: Christopher Lloyd, Connie Nielsen Join Bob Odenkirk in Action-Thriller 'Nobody'”. Collider. 2019年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月10日閲覧。
  7. ^ Nobody”. Production List. 2019年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月10日閲覧。
  8. ^ Charron (2019年10月6日). “Film starring Bob Odenkirk and Christopher Lloyd to shoot in Winnipeg in October”. CTV News. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  9. ^ Couch (2019年9月19日). “Universal Sets Bob Odenkirk Action Thriller 'Nobody' for August 2020”. The Hollywood Reporter. 2019年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月10日閲覧。
  10. ^ McClintock (2020年4月7日). “Universal Bumps 'Nobody' to Winter, Delays M. Night Shyamalan's Untitled Film” (英語). The Hollywood Reporter. 2020年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月7日閲覧。
  11. ^ D'Alessandro (2020年12月10日). “Universal's Bob Odenkirk Action Thriller 'Nobody' Now Going A Week Later” (英語). Deadline. 2020年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月10日閲覧。
  12. ^ Jackson (2021年1月22日). “Universal Sets New Release Dates for Bob Odenkirk's 'Nobody,' Edgar Wright's 'Last Night in Soho'” (英語). Variety. 2021年1月24日閲覧。
  13. ^ D'Alessandro (2021年2月22日). “Bob Odenkirk Action Movie 'Nobody' Opening Earlier”. Deadline Hollywood. 2021年2月23日閲覧。
  14. ^ Kaare Eriksen (2021年3月19日). “‘Godzilla vs. Kong’ Poised to Be Pandemic’s Best Performer Yet at U.S. Box Office, With Projected $23.7M Opening Weekend”. Variety. 2021年3月20日閲覧。

 

外部リンク[編集]